FANDOM


KJヌーンズ
本名 カール・ジェームス・ヌーンズ
(Karl James Noons)
通称 KJ
キング・カール(King Karl)
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1982年12月7日(34歳)
出身地 ハワイ州カイルア・コナ
身長 181cm
体重 71kg
リーチ 178cm
階級 ライト級
スタイル ボクシング、ムエタイ、散打
所属 AMCパンクレイション
→シティ・ボクシング

KJヌーンズKJ Noons1982年12月7日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家、プロボクサー。本名はカール・ジェームス・ヌーンズKarl James Noons)。ハワイ州カイルア・コナ出身。シティ・ボクシング所属。KJヌーンとも表記される。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

2004年6月18日、プロボクシングデビュー。

2004年11月、アメリカで開催されたPRIDEオーディションに合格し、マット・ヒュームAMCパンクレイションで練習を始める。PRIDE武士道に出場するためハワイのSuperBrawlでキャリアを積むが、結局条件面で折り合いがつかず、PRIDE武士道に出場することは無かった[1]

2005年から2007年にかけて、プロボクシングで5勝1敗(4KO)の成績を残した。EliteXCとはボクシング出場も可能な契約を結んでいた[1]

2007年2月10日、初参戦のEliteXCチャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネットと対戦し、TKO負けを喫した。

2007年11月10日、EliteXCでライト級王座(-73kg)を賭けニック・ディアスと対戦。下馬評ではディアス有利と言われた[2]が、ボクシングでディアスの左瞼をカットし1R終了時にドクターストップで勝利。ライト級初代王者となった。

2008年6月14日、地元ハワイで開催されたEliteXCでイーブス・エドワーズと対戦し、開始48秒、右ストレートからのパウンドでKO勝ちを収め初防衛に成功した。試合のマイクアピールでは乱入したディアスの挑発によって乱闘騒ぎとなった[3]

2008年9月19日、ニック・ディアスとのタイトルマッチを拒否したため、EliteXCから王座を剥奪された[4]

2010年3月22日、DREAM初参戦となった「DREAM.13」でアンドレ・ジダと対戦し、3-0の判定勝ち。6月16日、Strikeforce初参戦となった「Strikeforce: Los Angeles」でコナー・ヒューンに2-1の判定勝ち[5]。8月21日、「Strikeforce: Houston」でジョルジ・グージェウにKO勝ちを収めた[6]。10月9日、「Strikeforce: Diaz vs. Noons II」においてニック・ディアスとウェルター級タイトルマッチで再戦、0-3の判定負けで王座獲得を逃した[7]

2011年6月18日、「Strikeforce: Overeem vs. Werdum」でホルヘ・マスヴィダルと対戦し、0-3の判定負けを喫した[8]

2011年12月17日、「Strikeforce: Melendez vs. Masvidal」でビリー・エヴァンゲリスタと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[9]

2012年3月3日、「Strikeforce: Tate vs. Rousey」のセミファイナルでジョシュ・トムソンと対戦し、0-3(28-29、28-29、28-29)の判定負けを喫した[10]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
16 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 8 0 3 0 0 0
5 1 1 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ジョシュ・トムソン 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Tate vs. Rousey 2012年3月3日
ビリー・エヴァンゲリスタ 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Melendez vs. Masvidal 2011年12月17日
× ホルヘ・マスヴィダル 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Overeem vs. Werdum 2011年6月18日
× ニック・ディアス 5分5R終了 判定0-3 Strikeforce: Diaz vs. Noons II
【Strikeforce世界ウェルター級タイトルマッチ】
2010年10月9日
ジョルジ・グージェウ 2R 0:19 KO(パウンド) Strikeforce: Houston 2010年8月21日
コナー・ヒューン 5分3R終了 判定2-1 Strikeforce: Los Angeles 2010年6月16日
アンドレ・ジダ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.13 2010年3月22日
イーブス・エドワーズ 1R 0:48 TKO(パウンド) EliteXC: Return of the King
【EliteXC世界ライト級タイトルマッチ】
2008年6月14日
ニック・ディアス 1R終了時 TKO(左瞼カット) EliteXC: Renegade
【EliteXC世界ライト級王者決定戦】
2007年11月10日
エジソン・ベルト 3R 0:45 TKO(膝蹴り) ShoXC 1 2007年7月27日
× チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット 1R 3:43 TKO(右フック) EliteXC: Destiny 2007年2月10日
ハリス・サリエント 3R 4:37 TKO ICON Sport: Opposites Attract 2005年10月28日
ブライソン・カマカ 1R 1:20 KO(キック) SuperBrawl: Icon 2005年7月23日
マリク・ウィリアムズ 1R 2:33 TKO SuperBrawl 39: Destiny 2005年4月9日
× バディ・クリントン 1R 0:25 ヒールホールド Renegades Extreme Fighting 2002年10月12日
ラウル・ゲラ 2R TKO(タオル投入) Renegades Extreme Fighting 2002年10月12日

プロボクシング 編集

プロボクシング 戦績
13 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
11 5 0
2 0

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はKJヌーンズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki