FANDOM


AZUMA
本名 永島 梢
通称 アズマっち
性別 女性
国籍 日本
誕生日 1987年10月29日(29歳)
出身地 東京都
身長 167cm
体重 60kg
リーチ
階級 フェザー級
スタイル オーソドックス
所属 極真会館千葉県北支部
→y-park
テーマ曲 You're the Best(Bill Conti)

AZUMA(あずま、1987年10月29日 - )は、日本の女子キックボクサー。本名は永島 梢(ながしま こずえ)。東京都出身。y-park所属。

女子選手としては破格のパワーを持っており、ほとんどの試合でダウンを量産。2007年12月22日には当時、1階級上のチャンピオン佐々木仁子からもダウンを奪っている(この試合は判定負け)。

獲得タイトル 編集

  • KAMINARIMON CLIMAX '06 女子52kg超級 優勝
  • W.M.F. World Championship '07 女子バンタム級 銅メダル
  • ニュージャパンキックボクシング連盟BONITA・BOXEO初代フェザー級王座
  • ニュージャパンキックボクシング連盟 2010年度 努力賞

来歴 編集

2005年11月18日、極真会館千葉県北支部所属として「天空」第2回大会で18歳でデビュー。この時のリングネームは本名の永島梢であった。

2006年3月4日、「天空」第3回大会でせりと対戦し、0-2の判定負けを喫した。

2006年9月3日、y-park所属としてアマチュア大会KAMINARIMON CLIMAX '06・52kg超級でバンタムの体格ながら3戦全勝で優勝を果たした。

2006年10月29日、J-NETWORK「女祭り」で正木純子と対戦し、判定負け。この試合からリングネームを本名からAZUMAに改名した。

2007年3月7日、「W.M.F. World Championship 2007」に日本代表として出場しインドネシア代表に勝ち、銅メダルを獲得した[1][2]

2007年12月22日、チームドラゴン主催興行「燃えろドラゴン! その壱」で1階級上のJ-GIRLSフェザー級王者佐々木仁子と対戦。1Rに右ストレートで先制のダウンを奪ったものの、ダウンを奪い返され、0-2の判定負けを喫した[3]

2008年4月25日、スマックガール最終興行で総合格闘技に初挑戦したが、WINDY智美の猛攻の前にKO負けを喫し、試合後ダメージの大きさからリング上で嘔吐した[4]

2008年6月1日付けで所属先であるy-parkがニュージャパンキックボクシング連盟(以下NJKF)に加入した[5]

2009年3月8日、NAGOYAKICKで現J-GIRLSフェザー級王者大石綾乃と対戦し、1ラウンドにダウンを奪い3-0の判定勝ちを収めた[6]

2009年5月16日、「JEWELS 3rd RING」で富田美里とシュートボクシングルールで対戦し、2-1の判定勝ちを収めた[7]

2009年9月27日、J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone~4」で階級をフェザー級に上げ、WAKO・PROムエタイ世界バンタム級王者のヌシアン・ポー・プラムックと対戦し、1-1の判定ドローとなった[8][9]

2010年1月24日、初代NJKF女子フェザー級王座決定戦で成沢紀予と対戦し、二段蹴りからの左フックでKO勝ちを収め王座を獲得した。同王座はNJKF初の女子王座となった[10]

2010年8月29日、Girls S-cup 2010超弁慶とワンマッチで対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[11]

2010年11月7日、NJKF興行でメリッサ・ノートンWBCムエタイ豪州王者)とWBCムエタイルールで対戦し、3-0の判定勝ち[12]。試合後、リング上でDynamite!!出場と佐々木仁子との再戦をアピールした。

2011年1月23日、NJKF興行で行なわれたWBCムエタイ日本女子フェザー級王座決定戦で大石綾乃と対戦し、1-2の判定負けで王座獲得はならなかった[13]

2011年5月14日、「JEWELS 13th RING」のメインイベントで神風萸暉美と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[14]

2011年7月17日、ニュージャパンキックボクシング連盟で大石綾乃と再戦し、3-0の判定勝ちでリベンジに成功した[15]

2011年9月11日、「JEWELS 16th RING」のセミファイナルでキム・ソンウンと対戦し、KO勝ちを収めた[16]

戦績 編集

プロキックボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
キム・ソンウン 2R 0:34 KO JEWELS 16th RING 2011年9月11日
大石綾乃 3分3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 7」 2011年7月17日
神風萸暉美 3分3R終了 判定3-0 JEWELS 13th RING 2011年5月14日
× 大石綾乃 2分5R終了 判定1-2 ニュージャパンキックボクシング連盟「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 1」
【WBCムエタイ日本女子フェザー級王座決定戦】
2011年1月23日
メリッサ・ノートン 2分5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 拾」 2010年11月7日
藪下めぐみ 3分3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 零参」 2010年3月28日
成沢紀予 2R 0:30 KO(左フック) ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 零壱」
【初代NJKF女子フェザー級王座決定戦】
2010年1月24日
ヌシアン・ポー・プラムック 2分3R終了 判定1-1 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone~4」 2009年9月27日
× 水野志保 2分3R+延長R終了 判定0-3 J-NETWORK「J-GIRLS Champion Festival 2009」
【J-GIRLSバンタム級王座決定1DAYトーナメント 準決勝】
2009年7月26日
大石綾乃 3分3R終了 判定3-0 NAGOYAKICK ~BoogieFight07 Black Sunday~ 2009年3月8日
× 柏晶 2分3R終了 判定3-0 武林風 中国対世界選抜
【K-1ルール】
2009年1月17日
佐竹のぞみ 2分3R終了 判定3-0「仙台青葉ジム創設40周年記念興行」 2008年11月24日
MANA 2分3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「BRAVE HEART ~START OF NEW LEGEND VIII 新しい伝説の始まり~」 2008年7月13日
佐竹のぞみ 2分3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS 白雪祭り」 2008年1月12日
× 佐々木仁子 2分3R終了 判定0-2 燃えろドラゴン! その壱 2007年12月22日
成沢紀予 1R 1:10 TKO(タオル投入) J-NETWORK「J-GIRLS 風花祭り」 2007年11月4日
三上麗子 2分3R終了 判定1-1 J-NETWORK「J-GIRLS 七夕祭り ~NEW HEROINE COMING!!~」 2007年7月1日
HARUMI 3R 0:52 KO(ローキック) ニュージャパンキックボクシング連盟「戦勇士」 2007年6月3日
× せり 2分3R終了 判定0-2 J-NETWORK「J-GIRLS 女祭り 2nd round」
【J-GIRLS認定初代バンタム級王座決定トーナメント 準決勝】
2007年3月31日
石井美希子 1R 0:22 KO(左フック) J-NETWORK「J-GIRLS 女祭り 開幕戦」
【J-GIRLS認定初代バンタム級王座決定トーナメント 1回戦】
2007年2月4日
× 杉貴美子 3分3R終了 判定0-3 R.I.S.E. XXXI 2006年11月26日
× 正木純子 2分3R終了 判定1-2 J-NETWORK&日本女子ボクシング協会合同興行「女祭り」 2006年10月29日
× せり 2分3R終了 判定0-2 女子キックボクシング「天空」 New Beginning ~女の夢 全て託して舞い上がれ~ 2006年3月4日
REIKO 2分3R終了 判定3-0 天空・大和撫子の闘い 女子キックボクシング第2回大会 2005年11月18日

アマチュアキックボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
青木真由美 判定2-0 KAMINARIMON CLIMAX '06【女子52kg超級】 2006年9月3日
小澤聡子 判定3-0 KAMINARIMON CLIMAX '06【女子52kg超級】 2006年9月3日
犬山智香子 判定3-0 KAMINARIMON CLIMAX '06【女子52kg超級】 2006年9月3日

シュートボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
超弁慶 3分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2010
【SBレディースマッチ】
2010年8月29日
富田美里 2分3R終了 判定2-1 JEWELS 3rd RING 2009年5月16日

散打 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 毛寧 2分3R終了 判定 武林風 第3回中日対抗戦 2009年6月27日

総合格闘技 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× WINDY智美 2R 2:08 KO(スタンドパンチ) SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝 2008年4月25日

エピソード 編集

  • 中学生(白帯)で出場した新極真会主催KARATE JAPAN CUP 2回戦で、西山道場小林由佳と対戦。下腹部への攻撃による減点もあり、判定負けを喫した。
  • ジムであるy-parkが距離的に通えないこともあり高校卒業後、住み込みの内弟子となる。

脚注 編集

  1. W.M.F. World Championship 2007の結果 日本ムエタイ協会(WMF-J)公式サイト 2007年5月8日
  2. メダルの歴史 日本ムエタイ協会(WMF-J)公式サイト 2007年4月25日
  3. 【チームドラゴン】強太郎レンジャーがK-1JAPANベテランの中迫にKO勝ち!佐々木も逆転勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年12月22日
  4. [スマック] 4.25 後楽園:藤井・赤野、揃って決勝へ BoutReview 2008年4月25日
  5. 三好純ら所属のy-parkが6月1日付けでNJKF加入 BoutReview 2008年6月2日
  6. K-1甲子園3位の日下部がKO勝利!メインの大石VSDAIはドロー 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年3月8日
  7. 石岡沙織、SBルールで勝利。藤井惠と夏に対戦へ BoutReview 2009年5月20日
  8. 9・27ブアカーオ妹分とAZUMAが決戦を前に意気込み 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月25日
  9. AZUMAが女ムエタイ戦士とドロー、アトム級決勝はリトルタイガーVS山田純琴 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月27日
  10. 【NJKF】羅紗陀が終了間際の逆転劇で前田に激勝!“俺だけの長渕剛”対決は心が勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年1月24日
  11. 【シュートボクシング】5Rの死闘の末、RENAが高橋藍を破りGirls S-cup二連覇を達成! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月29日
  12. 活性化する女子格闘技、AZUMAも「Dynamite!!出たい!」=NJKF スポーツナビ 2010年11月7日
  13. 【NJKF】ムエタイの壁は高し!羅紗陀がカノンスックに3度のダウンを奪われて判定負け 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年1月23日
  14. 【ジュエルス】大善戦の熊本・神風塾勢をAZUMAと林美久が退ける!岡田円はドロー 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年5月14日
  15. 【NJKF】大流血戦の激闘!石川直生敗れる…中須賀初防衛、大和侑也が二冠王に 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年7月17日
  16. 【ジュエルス】女王・浜崎、魅津希から勝利!AZUMAは韓国王者を一蹴 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年9月11日

関連項目 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はAZUMAにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki