FANDOM


黒田 アキヒロ
本名 黒田 哲広
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1978年4月28日(39歳)
出身地 神奈川県相模原市
身長 172cm
体重 60kg
リーチ
階級 ライト級
スタイル キックボクシング
所属 サバーイ町田
フォルティス渋谷

黒田 アキヒロ(くろだ あきひろ、1978年4月28日 - )は、日本キックボクサー。本名は黒田 哲広神奈川県相模原市出身。フォルティス渋谷所属。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

小学校1年から高校までは野球を経験。専修大学2年時に大学のキックボクシング部に入部し、キックボクシングを始めた。大学では3試合に出場した。大学卒業後の2001年増田博正に憧れてサバーイ町田ジムに入門した[1]

2003年10月19日、黒田哲広としてJ-NETWORKでプロデビュー。

2004年12月5日の7戦目からリングネームを黒田アキヒロに変更した。

2005年3月2日の試合を最後にサバーイ町田ジムからオープンしたばかりのフォルティス渋谷ジムに移籍した[1]

2005年10月16日、初参戦となった全日本キックボクシング連盟で栗原豊と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2006年3月5日、初参戦となったマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟山本佑機と対戦し、0-2の判定負けを喫した[2]

2006年4月30日、R.I.S.E.初参戦となったR.I.S.E. XXVのメインイベントで末廣智明と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた。FLASH to CRUSH TOURNAMENT '06の前哨戦での勝利となった[3][4]

2006年6月25日、R.I.S.E. FLASH to CRUSH TOURNAMENT '06の1回戦でKAWASAKIと対戦し、0-3の判定負けを喫した[5]

2007年9月16日、J-NETWORKライト級王座決定トーナメント1回戦で菅原勇介と対戦し、2-1の判定勝ちを収めた[6]

2007年11月9日、J-NETWORKライト級王座決定トーナメント準決勝で安東辰也に2-0の判定勝ちを収めるも、決勝で細野岳範に0-3の判定負けを喫し、準優勝となった[7]

2008年5月11日、初参戦となったニュージャパンキックボクシング連盟中須賀芳徳と対戦。1Rに右ストレートでダウンを奪うも、2Rに跳び膝蹴りでTKO負けを喫した[8]

2008年8月31日、J-NETWORKライト級王者細野岳範に挑戦し、肘打ちによるKO勝ち。24戦目で初めて王座を獲得した[9]。細野には3戦目での初勝利となった。

2008年12月23日、TOUITSU ライト級(62kg級)初代王者決定トーナメントに出場。1回戦で梶原龍児、準決勝で吉本光志に判定勝ちするも、決勝で石井宏樹にダウンを奪われた上で判定負けを喫し、準優勝となった[10]

2009年3月1日、初参戦となったM-1ムエタイチャレンジでアピサック・KTジムと対戦。3Rにアピサックの縦肘打ちで額をカットしTKO負けとなった[11]

2009年5月6日、J-NETWORKライト級王者青津潤平と対戦。最終5回に青津の左肘打ちで額をカットするも、0-1の判定ドローでかろうじて王座初防衛に成功した[12]

2009年7月17日、J-NETWORKで全日本キックボクシング連盟ライト級王者遠藤智史と対戦し、0-3の判定負けを喫した[13]

2010年3月13日、Krush×Survivorのトリプルメインイベント(最終試合)で大月晴明と対戦し、0-3の判定負けを喫した[14]

2010年5月3日、J-NETWORKライト級タイトルマッチで青津潤平と再戦する予定であったが、大月戦で負傷したため欠場[15]。同大会では青津と塚原光斗による暫定王座決定戦が行なわれ、青津が暫定王座を獲得した[16]

2010年8月22日、J-NETWORKライト級王座統一戦で暫定王者青津潤平と対戦し、2-0の判定勝ちで王座統一および2度目の防衛に成功した[17]

2010年11月7日、NJKFライト級王者一輝と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[18]

2011年1月23日、WBCムエタイ日本スーパーライト級王者高橋誠治と対戦し、右ハイキックでダウンを奪われたところでタオル投入によるTKO負けを喫した[19]

2011年5月15日、「ビッグバン・統一への道 其の五」でHIROYAと対戦し、1Rに右フックでダウンを奪われるなどして0-3の判定負けを喫した[20]

戦績 編集

キックボクシング 戦績
37試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
181 17 0 3 0
165 11 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× HIROYA 3R終了 判定0-3 谷山ジム「ビッグバン・統一への道 其の五」 2011年5月15日
× 高橋誠治 1R 1:27 TKO(タオル投入:右ハイキック) ニュージャパンキックボクシング連盟「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 1」 2011年1月23日
一輝 3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 拾」 2010年11月7日
青津潤平 5R終了 判定2-0 J-NETWORK「FORCE for the TRUTH of J 4th」
【J-NETWORKライト級王座統一戦】
2010年8月22日
白濱卓哉 3R終了 判定3-0 Krush.7 2010年5月27日
× 大月晴明 3R終了 判定0-3 Krush×Survivor 2010年3月13日
× シリチャイ・ポーシリポン 3R 2:37 TKO(ドクターストップ:右目上カット) ニュージャパンキックボクシング連盟「MuayThai OPEN 9」 2009年10月12日
× 遠藤智史 5R終了 判定0-3 J-NETWORK「GET REAL in J-WORLD 3rd」 2009年7月17日
青津潤平 5R終了 判定0-1 J-NETWORK「GET REAL in J-WORLD 2nd」
【J-NETWORKライト級タイトルマッチ】
2009年5月6日
× アピサック・KTジム 3R 1:19 TKO(ドクターストップ:額カット) M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ2009『Yod Nak Suu vol.1』 2009年3月1日
× 石井宏樹 3R終了 判定0-3 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU ライト級初代王者決定トーナメント 決勝】
2008年12月23日
吉本光志 3R+延長終了 判定2-1 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU ライト級初代王者決定トーナメント 準決勝】
2008年12月23日
梶原龍児 3R終了 判定2-0 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU ライト級初代王者決定トーナメント 1回戦】
2008年12月23日
細野岳範 4R 2:46 KO(肘打ち) J-NETWORK「TEAM DRAGON QUEST 2」
【J-NETWORKライト級タイトルマッチ】
2008年8月31日
× 中須賀芳徳 2R 1:50 TKO(跳び膝蹴り) ニュージャパンキックボクシング連盟「STARTOF NEW LEGEND III ~新伝説の始まり~」 2008年5月11日
板橋寛 3R終了 判定0-0 J-NETWORK「Let's Kick with J 1st」 2008年2月29日
× 細野岳範 3R終了 判定0-3 J-NETWORK「Championship Tour of J Final」
【J-NETWORKライト級王座決定ワンデイ・トーナメント 決勝】
2007年11月9日
安東辰也 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「Championship Tour of J Final」
【J-NETWORKライト級王座決定ワンデイ・トーナメント 準決勝】
2007年11月9日
菅原勇介 3R終了 判定2-1 J-NETWORK「Championship Tour of J 2nd」
【J-NETWORKライト級王座決定トーナメント 1回戦】
2007年9月16日
× 安東辰也 3R終了 判定0-3 J-NETWORK「Championship Tour of J 1st」 2007年8月3日
× 細野岳範 1R 1:15 TKO(ドクターストップ:右目尻カット) J-NETWORK「TEAM DRAGON QUEST 1」 2007年6月3日
靖卓 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「The Starting Point of J 2nd」 2007年3月21日
大高一郎 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「The Starting Point of J」 2007年1月8日
× KAWASAKI 3R終了 判定0-3 R.I.S.E. FLASH to CRUSH TOURNAMENT '06
【1回戦】
2006年6月25日
末廣智明 3R終了 判定2-0 R.I.S.E. XXV 2006年4月30日
× 山本佑機 3R終了 判定0-2 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「SUPRISING-2nd」 2006年3月5日
× 梶原龍児 3R+延長R終了 判定0-3 J-NETWORK「GO! GO! J-NET '06 ~Light my fire!~」 2006年1月9日
栗原豊 3R+延長R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「SWORD FIGHT ~日本 VS タイ・5対5マッチ~」 2005年10月16日
梅下湧暉 3R+延長R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-FIGHT 6」 2005年8月21日
夜桜弘治 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「GO! GO! J-NET '05 ~MACH 55~ 開幕戦」 2005年3月2日
× 赤羽秀一 3R終了 判定0-3 J-NETWORK「Kick Squad 6」 2004年12月5日
笠原淳 3R終了 判定0-1 J-NETWORK「J-FIGHT 2」 2004年10月17日
山口裕司 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「Kick Squad 4」 2004年7月25日
× 戦え!ひでりん。 3R終了 判定0-3 J-NETWORK「Kick Squad 2」
【J-NETWORKフェザー級王座決定トーナメント 準決勝】
2004年3月28日
益子智史 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「Kick Squad 1」
【J-NETWORKフェザー級王座決定トーナメント 予選】
2004年2月8日
藤井優 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「Burning Up」 2003年11月30日
楠本紘平 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「Through The Fire」 2003年10月19日

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 黒田アキヒロ|Chap トップアスリートインタビュー
  2. 【MA日本キック】波乱続出!森田、アトム、壮泰が敗れる 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年3月5日
  3. 【ライズ】いざ6月のトーナメントへ!メインで末廣が敗れる波乱、上松&水谷はKO勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年4月30日
  4. [R.I.S.E.] 4.30 大森:上松・水谷・三浦がKO勝ち BoutReview 2006年4月30日
  5. 【ライズ】水谷がトーナメント優勝! 須藤の豪腕が尾崎をKO 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年6月25日
  6. 【J-NETWORK】ファビアーノがヘビー級新王者に!14歳・藤鬥嘩裟は大流血で初敗北…… 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年9月16日
  7. 【J-NETWORK】15歳・藤鬥嘩裟が史上最年少チャンプに!大晦日HIROYAに挑戦状 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年11月9日
  8. 【NJKF】桜井洋平が秒殺勝利で世界タイトル獲得!! 健太が新王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年5月11日
  9. 【J-NETWORK】チームドラゴンが12勝2敗の大勝!AKIRAは初防衛も、細野が王座陥落 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年8月31日
  10. 【TOUITSU】本命・石井宏樹が黒田アキヒロからダウン奪い、トーナメント制覇! 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年12月23日
  11. 【M-1】アヌワットが駿太を圧倒、僅か125秒でKO勝ち!増田博正は世界王座を奪取! 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年3月1日
  12. 【J-NETWORK】黒田、シングが初防衛に成功!スクランブル渋谷が5冠達成 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年5月6日
  13. [J-NETWORK] 遠藤、黒田との王者対決制す。佐藤政人が王者に BoutReview 2009年7月19日
  14. 【Krush×サバイバー】大月晴明、久保優太が勝利!寺戸伸近はKENJIに圧勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年3月13日
  15. 【J-NETWORK】5・3黒田欠場、青津VS塚原で暫定王座決定戦 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月6日
  16. 【J-NETWORK】青津がKO勝利で暫定王者を獲得!NJKF中須賀がJ-NET王者・木村を下す 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年5月3日
  17. 【J-NETWORK】黒田、シング、佐藤が王座防衛!TO-MAがウエンツを下して新王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月22日
  18. 【NJKF】中嶋平八、ムエタイの壁を越えられず……WBCムエタイ王座獲得に失敗 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月7日
  19. 【NJKF】ムエタイの壁は高し!羅紗陀がカノンスックに3度のダウンを奪われて判定負け 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年1月23日
  20. 【ビッグバン】城戸、駿太、俊樹の谷山トリオが揃って勝利!HIROYAも完勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年5月15日

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
細野岳範
第4代J-NETWORKライト級王者

2008年8月31日 - 現在

次王者
 

Wikipedia 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki