FANDOM


高木 健太
本名 高木 健太
通称 ハングリー・スナイパー
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1986年5月11日(31歳)
出身地 埼玉県大宮市
身長 181cm
体重 78kg
リーチ
階級 ウェルター級
スタイル レスリング、サンボ
所属 PUREBRED大宮
→フリー
PUREBRED川口REDIPS

高木 健太(たかぎ けんた、1986年5月11日 - )は、日本の総合格闘家。埼玉県大宮市出身。PUREBRED川口REDIPS所属。

来歴 編集

2004年レスリング国体フリースタイル66kg級準優勝、2006年全日本サンボ選手権エスポワール74kg級優勝などの成績を持つ。

2006年12月23日、「大宮フリーファイト54」で近藤定男と対戦し、腕ひしぎ十字固めによる一本勝ちを収めた[1]

2007年9月23日、第14回全日本アマチュア修斗選手権大会・ミドル級に出場。1・2回戦を勝ち抜き準決勝で佐藤洋一郎と対戦予定であったが、会場外でのアップを行なったため大会規定違反による失格となった。3位となったが、プロ昇格を決めた[2]

2007年12月2日、「DEEP X 02」で開催されたDEEP X リアルキングトーナメント76kg以下級に出場。準決勝で山田崇太郎と対戦し、アームロックによる一本負けを喫した[3]

2008年8月17日、「DEEP 37 IMPACT」のフューチャーファイトでマコ・ドラゴンと対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた。

2008年10月3日、キックボクシング初挑戦となったJ-NETWORKで元プロボクシング日本ミドル級王者鈴木悟と対戦し、右フックによるKO勝ちを収めた[4]

2008年12月6日、CAGE FORCE初参戦となった「CAGE FORCE 09」で圭太郎と対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた。

2009年6月6日、プロ修斗デビューとなった「SHOOTING DISCO 9」で高橋圭典と対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた[5]

2009年9月20日、修斗で杉浦"C坊主"博純と対戦し、スタンドパンチ連打によるTKO勝ちを収めた[6]

2009年10月25日、修斗のメインイベントで久米鷹介と対戦し、0-3の判定負け。当初久米と対戦予定であった杉本敏彦の欠場により試合3日前のオファーでの緊急出場となりミドル級契約ではなく78kg契約となった[7]

2009年12月19日、DEEP初のケージ大会となった「DEEP CAGE IMPACT 2009」で久保輝彦と対戦し、鉄槌&顔面踏みつけで顔面から出血させ、その後もサッカーボールキックなどで追撃し出血によるドクターストップ勝ちを収めた[8]

2010年4月11日、「CAGE FORCE」で村山暁洋と対戦し、開始48秒、右肘打ちによる失神KO勝ちを収めた。村山は試合後に病院に搬送された[9]

2010年5月21日、CAGE FORCEなどからの推薦選手としてSRCウェルター級グランプリへ参戦することが発表された[10]

2010年8月22日、SRC初参戦となった「SRC14」のSRCウェルター級グランプリ1回戦でYasubei榎本と対戦し、チョークスリーパーによる一本負けを喫した[11]

2010年11月28日、「CAGE FORCE」のメインイベントで佐藤洋一郎と対戦し、開始42秒、スタンドでの右肘打ちで左目尻をカットさせ、ドクターストップによるTKO勝ちを収めた[12]

2011年4月24日、「REBELS.7」のオープニングマッチとして行なわれたM-1ライトヘビー級王座次期挑戦者決定戦で小澤和樹と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2011年7月10日、J-NETWORK「J-FIGHT in SHINJUKU ~vol.22~」のメインイベントで藤田智也と対戦。1Rにスタンディングダウンを奪うも、2Rにローキック連打によるKO負けを喫した[13]

2011年10月2日、初参戦となったパンクラス大類宗次朗と対戦し、0-3の判定負けを喫した[14]

2012年3月11日、パンクラスで鈴木槙吾と対戦し、開始20秒、スタンドパンチ連打によるKO負けを喫しパンクラス2連敗となった[15]

戦績 編集

プロ総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
12 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
7 7 0 0 0 0 0
5 1 1 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 鈴木槙吾 1R 0:20 KO(スタンドパンチ連打) パンクラス PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年3月11日
× 大類宗次朗 5分2R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年10月2日
佐藤洋一郎 1R 0:42 TKO(ドクターストップ:左目尻カット) CAGE FORCE 2010年11月28日
× Yasubei榎本 2R 0:53 チョークスリーパー SRC14
【SRCウェルター級グランプリシリーズ2010 1回戦】
2010年8月22日
村山暁洋 1R 0:48 KO(右肘打ち) CAGE FORCE 2010年4月11日
久保輝彦 1R 3:57 TKO(ドクターストップ:顔面からの出血) DEEP CAGE IMPACT 2009 2009年12月19日
× 久米鷹介 5分2R終了 判定0-3 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.19 2009年10月25日
杉浦"C坊主"博純 1R 3:30 TKO(スタンドパンチ連打) 修斗 SHOOTING DISCO 10 ~TWIST & SHOOTO~ 2009年9月20日
高橋圭典 1R 1:56 TKO(パウンド) 修斗 SHOOTING DISCO 9 ~スーパーマン~ 2009年6月6日
× 九十九優作 3分3R終了 判定0-3 CAGE FORCE EX -eastern bound- 2009年2月28日
圭太郎 1R 1:30 TKO(パウンド) CAGE FORCE 09 2008年12月6日
マコ・ドラゴン 1R 1:22 TKO(パウンド) DEEP 37 IMPACT【フューチャーファイト】 2008年8月17日

キックボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 藤田智也 2R 1:28 KO(ローキック) J-NETWORK「J-FIGHT in SHINJUKU ~vol.22~」 2011年7月10日
× 小澤和樹 3R終了 判定0-3 REBELS.7
【オープニングマッチ / M-1ライトヘビー級王座次期挑戦者決定戦】
2011年4月24日
鈴木悟 2R 0:16 KO(右フック) J-NETWORK「Let's Kick with J the 4th」 2008年10月3日

アマチュア総合格闘技 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 佐藤洋一郎 失格(大会規定違反) 第14回全日本アマチュア修斗選手権大会【ミドル級 準決勝】 2007年9月23日
冨田昌信 3:15 TKO(レフェリーストップ) 第14回全日本アマチュア修斗選手権大会【ミドル級 2回戦】 2007年9月23日
相良正幸 4分1R終了 判定25-20 第14回全日本アマチュア修斗選手権大会【ミドル級 1回戦】 2007年9月23日
近藤定男 1R 1:01 腕ひしぎ十字固め 大宮フリーファイト54 2006年12月23日

グラップリング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 山田崇太郎 2:33 アームロック DEEP X 02
【DEEP X リアルキングトーナメント 76kg以下級 準決勝】
2007年12月2日
イ・スンジェ ポイント2-0 DEEP X 02
【DEEP X リアルキングトーナメント 76kg以下級 1回戦】
2007年12月2日

脚注 編集

  1. 大宮フリーファイト54 修斗公式サイト
  2. 第14回全日本アマチュア修斗選手権大会 修斗公式サイト
  3. 【DEEP X】69Kg以下で優勝の八隅孝平「70Kg前後で最強のグラップラーは俺ちゃうか」 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年12月2日
  4. 【J-NETWORK】西山誠人、元ラジャ王者に敗北!ウエンツが暫定王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年10月3日
  5. [修斗] ルミナの弟子・土屋、戦極出場の石渡を秒殺KO BoutReview 2009年6月6日
  6. [修斗] 佐藤洋一郎がKO勝ち。菅原、勝ってコミッションに要求 BoutReview 2009年9月20日
  7. [修斗] 久米、緊急出場の高木に判定勝ち。赤木敏倫KO勝ち BoutReview 2009年10月25日
  8. 【DEEP】今成正和が珍しい複合関節技で一本勝ち!川口はグアムからの刺客を降す 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年12月19日
  9. 【ケージフォース】石川英司、初参戦で宮澤から勝利!高木健太はヒジで病院送り 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月11日
  10. 【SRC戦極】6・20ウェルター級GPが開幕!「最高のメンバーでGPを開催できる」(向井代表) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年5月21日
  11. 【SRC戦極】三崎和雄、激闘の末に王者サンチアゴに敗れる…郷野もまさかの敗北 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月22日
  12. 【ケージフォース】高木がヒジ打ちで佐藤を秒殺!アウトサイダー出身の渋谷莉孔がプロデビュー戦で勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月28日
  13. 【J-NETWORK】大逆転KO!藤田智也、2年10カ月ぶりの復帰戦で高木健太を撃破 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年7月10日
  14. 【パンクラス】ドロー防衛の佐藤豪則、大みそかに桜庭和志のリベンジをアピール! 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年10月2日
  15. [パンクラス] 佐藤豪則&石渡伸太郎防衛。WINDY智美引退:3.11 有明 BoutReview 2012年3月11日

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は高木健太にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki