FANDOM


須藤 元気
本名 須藤 元気
通称 変幻自在のトリックスター
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1978年3月8日(39歳)
出身地 東京都江東区
身長 175cm
体重 70kg
リーチ
階級 ミドル級
スタイル レスリング
ブラジリアン柔術
所属 ビバリーヒルズ柔術クラブ

須藤 元気(すどう げんき、1978年3月8日 - )は、日本総合格闘家東京都江東区出身。。拓殖大学レスリング部監督。

ニックネームは「変幻自在のトリックスター」。対戦相手を撹乱する変幻自在のファイトスタイルと、柔術レスリングをベースとしたグラウンドテクニックを持つ。本職は総合格闘技だが、2002年から参戦したK-1 WORLD MAXにてトリッキーなファイトを見せ、人気を得た。

リングネームは本名であり、父親がファンであった小山ゆうのボクシング漫画『がんばれ元気』が由来。

現在はタレント業にシフトしつつも作家としても精力的に活動しており、2006年に発表した『風の谷のあの人と結婚する方法』は19万部以上のベストセラーを記録している。また総合格闘技大会DREAMではテレビ解説者を務めている。

来歴 編集

関東第一高校時代に始めたレスリング(グレコローマンスタイル)が現在の格闘スタイルの基礎であり、全国高校大会3位に入賞を果たした。1996年に拓殖短期大学に進学すると、全日本ジュニアオリンピック優勝を果たし、世界ジュニア選手権に出場した。

拓殖短期大学を卒業した1998年4月に渡米して、ロサンゼルスのビバリーヒルズ柔術クラブに所属。アメリカの格闘技大会に出場して経験を積む。1999年8月の帰国後はパンクラスを主戦場として、この頃より凝った入場と格闘技の試合にプロレス技を繰り出すことで格闘技ファンの注目を集めた。パンクラスでは菊田早苗らともに格闘家チームGRABAKAの立ち上げメンバーとなるが、活動の範囲をさらに広げるべく、2000年12月に再渡米。

2001年に帰国してもパンクラスへ復帰することはなく、リングスUFCで試合を行った。UFCでは試合後に「We Are All One」と書かれた旗(各国の国旗が小さくプリントされているもの)を掲げる・または纏っていた。毎回衣装やダンスに凝り、時にはカンフー着のままで試合をする等、入場から試合後まで、全時間をパフォーマンスとして捉えている(後述)。

K-1 WORLD MAXでのデビュー戦は、2002年2月11日の日本代表決定トーナメント。第1戦は、日本キックボクシング界のエース的存在であった小比類巻貴之であったが、バックブローで1Rに小比類巻からダウンを奪うものの、逆転負け。ちなみにこの試合で決定打を放ったバックブローを使った動きは、マンソン・ギブソンナジーム・ハメドを参考にしたと本人が後日語っている。その後、バックハンドブローのフェイントを多用するため、試合中何度も相手に背中を向ける展開が多かった。

以後はHERO'Sにも出場。試合中に相手選手にお尻を向け、怪しげな手と足の動きで歩み寄ったりすることが多いため、前田日明HERO'Sスーパーバイザーから、「トリッキーすぎる」と批判をされたこともあったが、須藤は「これが自分のスタイルです」とかわすなど、入場パフォーマンスを含めた自身のスタイルにこだわりを見せた。2005年以降は総合格闘技イベントHERO'S、Dynamite!!などK-1系の興行を主戦場に、CMや映画出演、雑誌への露出など芸能活動に活動の幅を広げた。

2002年10月19日、『凶気の桜』で映画俳優デビュー。

2003年7月24日、渋谷連続通り魔事件の被害に遭った。原付バイクで走っていた際、背後から右脇腹を刺されたが、かすり傷だったため、本人は刺されたことに気付いていなかった。次の日から新極真空手の合宿に参加している。

2003年12月31日、K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!にて、体重差110kgのバタービーンに2Rヒールホールドで一本勝ち。観戦していたヒクソン・グレイシーから小よく大を制す理想的な戦いでありサムライでもあると評される。

2004年5月22日、K-1 MMA Championship ROMANEXにて、ホイラー・グレイシーに1RKO勝ち。KO後、ホイラーに対し手を合わせ「グレイシー柔術」に対する敬意を露にした。

2005年10月25日、『幸福論』で作家デビュー。

2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!にて、山本"KID"徳郁と対戦し、TKO負けを喫した。

2006年9月4日、K-1 WORLD MAX 2006 ~世界王者対抗戦~でイアン・シャファーに右上段後ろ回し蹴りでダウン後レフェリーストップで2R0分59秒TKO負けを喫した。

2006年9月6日、「Love&Everything」でCDデビュー。プロデュースはACIDMAN。

2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!にて、ジャクソン・ページと対戦し、1R 3分5秒三角絞めで一本勝ちを収めた。試合後にはリング上で突然の引退宣言を行った。欠場を続けざるをえなかったほどの深刻な首の怪我が引退の原因と言われている。高校時代にこのビジョンを描いていたという。

2007年11月22日に一般女性との結婚を発表した。

2008年8月23日公開の日本映画『R246 STORY』(6編の短編から成るオムニバス映画)の中の「ありふれた帰省」で映画初監督(自身も主演)を務めた。

2008年11月1日、拓殖大学レスリング部監督に就任した。

2009年1月29日、拓殖大学大学院に新設された地方政治行政研究科に合格。同年4月に入学した。

2009年3月22日、東京マラソン2009に出場し、5時間46分19秒で完走した[1]

2009年5月22日、拓大レスリング部監督として東日本学生リーグ戦で就任以来初となる優勝を決め、最優秀監督賞を受賞した。

2009年、北海道網走市に夢だったログハウスを建て、1か月のうち1~2週間ほど生活している[2]

2009年、パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」を結成し[3]、同年12月16日にデビュー曲『WORLD ORDER』をiTunes先行配信で発売[4]

2010年8月7日公開の映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に泉京水(ルナドーパント)役で出演。

2010年9月18日、拓大レスリング部監督として全日本学生レスリング王座決定戦で優勝を決め、4度目の最優秀監督賞を受賞。監督就任後2年で4冠を達成する。

2010年10月、世界大学レスリング選手権大会に参加する日本代表チームのグレコローマンスタイル監督に就任。イタリアでの大会に同行。

人物・嗜好・親交 編集

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズを好み、背中にメンバーのアンソニー・キーディスのものと酷似したタトゥー(ナスカの地上絵「コンドル」)が彫られている。
  • 格闘業の傍ら、俳優・モデル・歌手業もこなしていた。歌手活動のプロデュースは親交の深いACIDMANのメンバーが行なった。もともと学生時代にバンド活動やソロでライブを行っており、本人曰く格闘家にならなかったら歌手を目指したという(フジテレビ「魁!音楽番付」での発言)。
  • 入場時、エキストラを用いた本格的なパフォーマンスを披露、様々な演出表現を伴ってリングに上がることで知られていた。このパフォーマンスの練習には18時間も費やし、ダンサーの人件費・衣装代等はすべて自費で、主催者側からは受け取っていない。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 2 11 3 0 1 0
5 1 0 3 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ジャクソン・ページ 1R 3:05 三角絞め K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! 2006年12月31日
オーレ・ローセン 5分2R+延長1R終了 判定3-0 HERO'S 2006 2006年3月15日
× 山本"KID"徳郁 1R 4:39 KO(右フック→パウンド) K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!
【ミドル級 決勝】
2005年12月31日
高谷裕之 2R 3:47 三角絞め HERO'S 2005
ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級 準決勝】
2005年9月7日
宮田和幸 2R 4:45 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2005
ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級 準々決勝】
2005年9月7日
ラモン・デッカー 1R 2:54 ヒールホールド HERO'S 2005年3月26日
ホイラー・グレイシー 1R 3:40 KO(右膝蹴り) K-1 ROMANEX 2004年5月22日
マイク・トーマス・ブラウン 1R 3:31 腕ひしぎ三角固め UFC 47: It's On! 2004年4月2日
バタービーン 2R 0:41 ヒールホールド K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!! 2003年12月31日
× ドゥエイン・ラドウィック 5分3R終了 判定0-3 UFC 42: Sudden Impact 2003年4月25日
レイ・レメディオス 2R 1:38 チョークスリーパー UFC 38: Brawl at the Hall 2002年7月13日
山本喧一 2R 1:46 チョークスリーパー リングス WORLD TITLE SERIES 2001年12月21日
ブライアン・ローアンユー 1R 2:17 三角絞め リングス Battle Genesis Vol.8 2001年9月21日
クレイグ・オックスレー 1R 3:14 アキレス腱固め PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年10月31日
アンドレ・ペデネイラス 15分終了 ドロー コロシアム2000 2000年5月26日
× 國奥麒樹真 10分+延長3分終了 判定0-3 PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年2月27日
ネイサン・マーコート 13:31 腕ひしぎ十字固め PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年12月18日
ヴィクター・ハンセイカー 1:43 ギブアップ(肘打ち) PANCRASE 1999 BREAKTHROUTH TOUR 1999年10月25日
× 渡辺大介 不戦敗 PANCRASE 1999 BREAKTHROUTH TOUR
【ネオブラッドトーナメント 3位決定戦】
1999年8月1日
× 豊永稔 10分+延長3分終了 判定0-3 PANCRASE 1999 BREAKTHROUTH TOUR
【ネオブラッドトーナメント 準決勝】
1999年8月1日
窪田幸生 10分+延長3分終了 判定3-0 PANCRASE 1999 BREAKTHROUTH TOUR
【ネオブラッドトーナメント 1回戦】
1999年8月1日
ティキ・ゴースン 判定3-0 Extreme Shoot 2 1998年6月6日

K-1 編集

キックボクシング 戦績
6試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
22 0 0 0 0
42 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× イアン・シャファー 2R 0:59 TKO(パンチ連打) K-1 WORLD MAX 2006 ~世界王者対抗戦~ 2006年9月4日
マイケル・ラーマ 2R 2:09 TKO(右眉上のカット) K-1 WORLD MAX 2004 ~世界王者対抗戦~ 2004年10月13日
× アルバート・クラウス 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2003 ~世界王者対抗戦~ 2003年11月18日
× 魔裟斗 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2003 ~日本代表決定トーナメント~
【1回戦】
2003年3月1日
金珍優(キム・ジンウ) 2R 0:16 KO(バックハンドブロー) K-1 WORLD MAX 2002 ~世界王者対抗戦~ 2002年10月11日
× 小比類巻貴之 3R 1:27 KO(右ローキック) K-1 WORLD MAX ~日本代表決定トーナメント~
【1回戦】
2002年2月11日

グラップリング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
宇野薫 5分2R終了 判定60-54 CONTENDERS 2000 2000年7月1日

タイトル 編集

  • UFC-JAPAN王者
    このタイトルはUFCに正式に認められたものではなく、活動を停止しているUFC-JAPANのリングで制定されたベルトである。前王者の山本喧一が個人的に保持していたものを、2001年12月21日にリングスでタイトルマッチを行ない奪取した。
  • HERO'S ミドル級世界最強王者決定トーナメント 準優勝(2005年)

テレビドラマ 編集

  • 金曜ナイトドラマ(テレビ朝日)
    • スカイハイ2(2004年)
    • メイド刑事(2009年)

映画 編集

  • 凶気の桜(2002年)
  • フライ,ダディ,フライ(2005年)
  • 鳶がクルリと(2005年)
  • R246 STORY「ありふれた帰省」(2008年) - オムニバス作品のうちの1編で監督・主演
  • 仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ(2010年)泉京水 / ルナ・ドーパント(声) 役

オリジナルビデオ 編集

  • 仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーエターナル(2011年)泉京水 役

CM 編集

  • 「ラミシールプラス」(ノバルティスファーマ)
  • 「ユニクロ」
  • 「ジョージア」(日本コカ・コーラ)
  • 「ウォータリングキスミント」(江崎グリコ)
  • 「EDWIN」
  • 「M.C.D」(モア・コア・ディビジョン)

書籍 編集

  • 幸福論(2005年10月、ネコ・パブリッシング / 文庫:2007年10月、ランダムハウス講談社)
  • 風の谷のあの人と結婚する方法(2006年7月、ベースボール・マガジン社)
  • 神はテーブルクロス(2007年4月、幻冬舎)
  • レボリューション(2007年9月、講談社)
  • バシャール スドウゲンキ(2007年11月、ヴォイス)
  • 無意識はいつも君に語りかける(2008年4月、マガジンハウス)
  • キャッチャー・イン・ザ・オクタゴン(2008年11月、幻冬舎)
  • 愛と革命のルネサンス(2009年5月、講談社)
  • Let's猫(2010年1月、朝日新聞出版)

音楽作品 編集

  • Love&Everything(2006年9月6日、東芝EMI)

WORLD ORDER 編集

ダンスパフォーマンスユニットWORLD ORDERの作品

  • WORLD ORDER(2009年12月16日、Groovin'High Records) - iTunes配信
  • WORLD ORDER(2010年7月7日、P-VINE RECORDS)

DVD 編集

  1. 「GENKI SUDO」(2007年7月4日、TCエンタテインメント)
    • 格闘を引退した須藤元気本人による責任編集で作られた映像作品。これまでの試合や入場シーンをダイジェストで収録のほか、インタビュー、このDVDのために撮影された「SPECIAL EXHIBITION」も収録。特典映像として未公開の「WESTSIDE SUBMISSION TOURNAMENT 2001」の映像も収録。

その他参加作品 編集

  • Cymbals「Love Thing」(2002年) - ミュージックビデオ出演
  • レスリー・キー写真集「Super Stars」(2006年)

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は須藤元気にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki