FANDOM


藤原 敬典
本名 藤原 敬典
通称 剛腕牛若丸
ZSTの剛腕
戦う造形家
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1982年9月17日(34歳)
出身地 埼玉県深谷市
身長 166cm
体重 60kg
リーチ
階級 バンタム級ZST
フェザー級DREAM
所属 秋本道場Jungle Junction/チームZST
テーマ曲 Jesus Walks(Kanye West

藤原 敬典(ふじわら けいすけ、1982年9月17日 - )は、日本総合格闘家埼玉県深谷市出身。秋本道場Jungle Junction/チームZST所属。

打撃中心のファイトスタイルながら、日本人離れした筋骨隆々の身体を生かして、パワフルな打撃、フロントチョーク、アームロック、三角絞め等、極めの強さも兼ね備えたハードパンチャー。初代ZSTバンタム級王者であり、「ZSTの剛腕」、「戦う造形家」などの異名を持つ。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

美術学校在学中にOGUNI GYMに入門し、キックボクシングのプロライセンスを取得した。

2004年秋本道場Jungle Junctionに移籍。

2006年11月23日、ZSTに初参戦(GT-Fルール)。

2007年2月4日、総合格闘技デビューとなったZST SWAT! 09で牧野仁史と対戦し、時間切れドロー。

2007年8月26日、ZST SWAT! 13で清水俊裕と対戦し、三角絞めによる一本勝ちを収めた。

2007年11月23日、ZST.15 ~旗揚げ5周年記念大会~で二之宮徳昭と対戦し、フロントチョークによる一本勝ちを収めた。

2008年2月24日、ZST.16でシーザージムの植松辰弥とSB-Xルール(シュートボクシングルールに準ずるが、判定決着なし[1])で対戦し、ドクターストップによるTKO勝ち[2]

2008年5月18日、ZST.17で大桑宏彰とSB-Xルールで対戦し、時間切れドロー。6月28日、SHOOT BOXING ヤングシーザー杯2008で大桑と再戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年9月12日、シュートボクシング興行で島田洸也と対戦し、0-3の判定負け。シュートボクシング4戦目で初黒星となった。

2008年11月23日、ZST.18 ~旗揚げ6周年記念大会~で清水俊一と対戦し、KO勝ちを収めた。

2009年5月24日、ZST.20のZST初代バンタム級王者決定戦で裕希斗と対戦し、スタンドパンチ連打でTKO勝ちを収め王座を獲得した。

2009年9月21日、ZST.21のメインイベントで稲津航と対戦し、時間切れドローとなった[3]

2009年10月25日、DREAM初参戦となったDREAM.12宮下トモヤと対戦し、0-3の判定負けを喫した[4]

2010年2月20日、ZST.23のZSTバンタム級タイトルマッチで清水俊一と再戦し、判定勝ちで初防衛に成功した[5]

2010年4月18日、ZST.24で杉田一朗と対戦し、2R KO勝ちを収めた。

2010年7月3日、ZST BATTLE HAZARD 04で和田竜光と対戦し、ドロー。

2010年9月26日、ZST.25で長谷川直弘と対戦し、2R三角絞めによる一本勝ちを収めた。

2010年11月25日、ポーランドワルシャワで開催されたK-1 WORLD GP 2010 IN WARSAWでK-1初参戦。地元選手でありタイトル保持者のマリウス・シェスリンスキと対戦し、判定負けを喫した。

2011年2月6日、ZST.27のZSTバンタム級タイトルマッチで清水俊裕と再戦し、5R三角絞めによる一本勝ちで2度目の王座防衛に成功した[6]

2011年5月29日、DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント-で開幕したバンタム級日本トーナメント1回戦で今成正和と対戦し、0-3の判定負けを喫した[7]

2011年7月16日、DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-で行なわれた3位決定戦で大沢ケンジと対戦し、0-3の判定負けを喫し3位までが出場できる世界大会への出場権を逃した[8]。3位決定戦に出場予定であった山本篤の負傷欠場を受けての出場となった[9]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 5 4 2 0 4 0
4 1 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 大沢ケンジ 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-
【バンタム級日本トーナメント 3位決定戦】
2011年7月16日
× 今成正和 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント-
【バンタム級日本トーナメント 1回戦】
2011年5月29日
清水俊裕 5R 3:46 三角絞め ~FIGHTING NETWORK ZST~ ZST.27
【ZSTバンタム級タイトルマッチ】
2011年2月6日
長谷川直弘 2R 2:06 三角絞め ZST.25 ~小谷直之デビュー10周年記念大会~ 2010年9月26日
和田竜光 5分2R終了 時間切れ ZST BATTLE HAZARD 04 2010年7月3日
杉田一朗 2R 1:20 KO(左フック) ZST.24 2010年4月18日
清水俊一 5分5R終了 判定 ZST.23
【ZSTバンタム級タイトルマッチ】
2010年2月20日
× 宮下トモヤ 5分3R終了 判定0-3 DREAM.12 2009年10月25日
稲津航 5分2R終了 時間切れ ZST.21 2009年9月21日
裕希斗 2R 4:37 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打) ZST.20
【ZST初代バンタム級王者決定戦】
2009年5月24日
田沼良介 2R 2:33 KO(右フック) ZST.19 2009年1月25日
清水俊一 2R 0:56 KO(左フック) ZST.18 ~旗揚げ6周年記念大会~ 2008年11月23日
二之宮徳昭 1R 1:04 変形フロントチョーク ZST.15 ~旗揚げ5周年記念大会~ 2007年11月23日
× 川名蘭輝 1R 2:59 TKO(ドクターストップ:鼻負傷) ZST.14【VTルール】 2007年10月7日
清水俊裕 2R 1:22 三角絞め ZST SWAT! 13 2007年8月26日
川名蘭輝 5分2R終了 時間切れ ZST.13 2007年6月10日
杉田一朗 1R 0:29 KO(パンチ&キック) ZST SWAT! 11
【ジェネシストーナメント2007 バンタム級 決勝】
2007年5月20日
新堀総司 5分2R終了 判定 ZST SWAT! 10
【ジェネシストーナメント2007 バンタム級 1回戦】
2007年4月1日
牧野仁史 5分2R終了 時間切れ ZST SWAT! 09 2007年2月4日

シュートボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 島田洸也 3分3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2008 火魂(たまし)~Road to S-cup~ 其の伍 2008年9月12日
大桑宏彰 2分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING ヤングシーザー杯2008 2008年6月28日
大桑宏彰 3分2R終了 時間切れ ZST.17【SB-Xルール】 2008年5月18日
植松辰弥 1R 1:58 TKO(ドクターストップ:右目負傷) ZST.16【SB-Xルール】 2008年2月24日
この戦績は未完です。

グラップリング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
荒井真人 5分1R終了 時間切れ ZST.11【ジェネシスバウト / GT-Fルール】 2006年11月23日

キックボクシング 編集

キックボクシング 戦績
1試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
00 0 0 0 0
10 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× マリウス・シェスリンスキ 3分3R終了 判定 K-1 WORLD GP 2010 IN WARSAW 2010年11月25日

脚注 編集

外部リンク 編集

初代
 
初代ZSTバンタム級王者

2009年5月24日 - 現在

次王者
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は藤原敬典にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki