FANDOM


菊田 早苗
本名 菊田 早苗
通称 GRABAKAの総帥
寝技バカ一代
寝技キング
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1971年9月10日(45歳)
出身地 東京都練馬区
身長 176cm
体重 89kg
リーチ
階級 ライトヘビー級ミドル級
スタイル 柔道
所属 GRABAKA
テーマ曲 Hearts on Fire
(ジョン・キャファティ)

菊田 早苗(きくた さなえ、1971年9月10日 - )は、日本総合格闘家東京都練馬区出身。GRABAKA主宰。

父親は、明治大学名誉教授・弁護士の菊田幸一。

菊田の寝技は「キク術」とも呼ばれている。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

小学校6年の時に、佐山聡のスーパータイガージムに入門。

学生時代には柔道を経験し、中学校時代に中学柔道関東大会で優勝、明大中野高校在学中に高校柔道総体86kg級で優勝を果たした。

日本体育大学柔道部では古賀稔彦の指導を受けるが、体育教師(スクールカラーが体育教員養成系)志望でなかったため中退。その後、UWFインターナショナルに入門するも、1週間も経たずに退団した(入団テストとして山本喧一とスパーリングを行なった際に腕を骨折させられた)。その後オーストラリアに渡り、スタン・ザ・マンも通っていたジムでキックボクシングを習う。

帰国後、アマチュアシュートボクシング全国大会重量級を制し、総合格闘技大会「トーナメント・オブ・J」も連覇。

修斗リングスPRIDE参戦を経て、1999年6月、パンクラスに参戦。2000年にはパンクラスの中で外部勢力を集めた新勢力「GRABAKA(グラバカ)」を立ち上げた。

2001年4月、アブダビコンバット・88kg未満級に出場し、日本人初の優勝を果たした。同年9月には美濃輪育久とのライトヘビー級王者決定戦を制し、第2代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシストとなった。

2001年8月18日、「DEEP2001 in YOKOHAMA」でシェマック・ウォレスと対戦し、マウントパンチによるTKO勝ちを収めた。試合後のリング上で9月30日のパンクラス興行での美濃輪育久とのライトヘビー級タイトルマッチをアピールした[1]

2001年9月30日、ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチで美濃輪育久と対戦し、ドクターストップによるTKO勝ちを収めた[2]

2002年8月8日、UFO LEGENDアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、右ストレートでKO負けを喫した。

同年12月、GRABAKAジムを東京都中野区にオープンした。

2003年11月30日、タイトルマッチで近藤有己と対戦し、ブルート(左フック)によるKO負けで王座から陥落した。

2005年8月、練習中に右足内腿靭帯を部分断裂し、10月2日に予定されていた近藤との3度目のタイトルマッチは中止となった。

2005年12月31日、「PRIDE 男祭り 2005」で瀧本誠と対戦し、3-0の判定勝ちを収めたが、試合後にDSEの榊原社長から、試合内容について苦言を呈された。

2007年12月31日、やれんのか! 大晦日! 2007において、同じGRABAKAに所属する三崎vs秋山戦にセコンドとして付き、その後の再戦騒動に巻き込まれた。菊田のブログでは、初めから複数戦の契約は無かったと主張している。

2008年3月5日、戦極旗揚げ戦「戦極 ~第一陣~」でフィル・バローニと対戦予定であったが、バローニが右肩負傷で欠場となり、菊田も欠場となった。

2008年6月8日、「戦極 ~第三陣~」で約1年半振りに試合を行ない、クリス・ライスと対戦。腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。

2009年1月4日、「戦極の乱2009」で吉田秀彦と対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

2010年6月20日、「SRC13」でYasubei榎本と対戦し、右アッパーでダウンしたところにパウンドで追撃されTKO負けを喫した[3]

2010年10月24日、9年2か月ぶりのDEEP参戦となった「DEEP 50 IMPACT」でキム・イサクと対戦し、タオル投入によるTKO勝ちを収めた[4]

2011年10月15日、約1年ぶりの復帰戦となったGRABAKA自主興行「GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK」のメインイベントで因縁の相手でもある山本喧一と対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた[5]

人物 編集

  • 一時期、雑誌「紙のプロレス」インタビューで、「天山広吉・小島聡はロクな死に方をしない、人間的にバカにした商売、騙して連れてきて金を取る」などプロレスラーやプロレスを貶める発言を繰り返し、高田道場やプロレスファンの怒りを買った。後に、「PRIDE.20」で前述の経緯などから菊田に嫌悪感を持つアレクサンダー大塚との試合に勝利した後のリング上で「かつて批判したことはあるが、プロレスも格闘技も素晴らしいものだと思っている」と観客に訴えた。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
44 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 4 18 10 0 3 1
8 3 3 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
山本喧一 1R 2:18 TKO(パウンド) GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK 2011年10月15日
キム・イサク 1R 1:21 TKO(タオル投入:グラウンドパンチ) DEEP 50 IMPACT ~10年目の奇跡~ 2010年10月24日
× Yasubei榎本 1R 3:57 TKO(右アッパー→パウンド) SRC13 2010年6月20日
吉田秀彦 5分3R終了 判定2-1 戦極の乱2009 2009年1月4日
クリス・ライス 1R 3:54 腕ひしぎ十字固め 戦極 ~第三陣~ 2008年6月8日
ジョン・フランソワ・レノグ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の十三- 2006年11月5日
瀧本誠 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI- 2005年12月31日
アイスマン 1R 2:14 アキレス腱固め パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年11月7日
キース・ロッケル 5分3R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年4月23日
× 近藤有己 3R 0:08 KO(左フック) パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR
【ライトヘビー級 キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2003年11月30日
エルヴィス・シノシック 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年8月31日
近藤有己 5分3R終了 判定1-1 パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR
【ライトヘビー級 キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2003年5月18日
エデュアルド・パンプロナ 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年11月30日
× アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 2R 0:29 KO(右ストレート) UFO LEGEND 2002年8月8日
アレクサンダー大塚 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.20 2002年4月28日
渡辺大介 1R 2:14 肩固め パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年12月1日
美濃輪育久 2R 4:30 TKO(顔面からの出血) パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR
【ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
2001年9月30日
シェマック・ウォレス 1R 1:52 TKO(マウントパンチ) DEEP2001 in YOKOHAMA 2001年8月18日
マット・トライヘイ 1R 1:11 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年6月26日
トゥ・レン 1R 2:02 肩固め Kasshin 2 2001年3月11日
アレックス・スティーブリング 1R 3:11 無効試合(バッティング) パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年2月4日
高橋義生 1R 7:22 肩固め パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年12月4日
× ムリーロ・ブスタマンチ 15分1R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年10月31日
マッシブ・イチ 1R 2:13 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年6月26日
ユージーン・ジャクソン 1R 4:38 腕ひしぎ十字固め UFC 25: Ultimate Japan 3 2000年4月14日
柳澤龍志 15分1R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年2月27日
鈴木みのる 1R 2:39 肩固め パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年12月18日
トラヴィス・フルトン 15分終了 時間切れ パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年10月25日
エディ・ミリス 1R 1:57 ギブアップ(パウンド) パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年9月18日
伊藤崇文 10分1R+延長R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年7月6日
エリック・ゲデック 1R 1:20 チョークスリーパー パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年6月11日
× ポール・ジョーンズ 5分3R終了 判定0-3 修斗 Las Grandes Viajes 6 1998年11月27日
松井大二郎 10分3R終了 ドロー PRIDE.4 1998年10月11日
× ヘンゾ・グレイシー 6R 0:43 フロントチョーク PRIDE.2 1998年3月15日
田中稔 2R 3:08 ネックロック リングス Battle Genesis Vol.2 1997年10月14日
辻嘉一 8:33 腕ひしぎ十字固め リングス Battle Genesis Vol.1 1997年4月4日
須田匡昇 3:59 腕ひしぎ十字固め トーナメント・オブ・J '97【ヘビー級トーナメント 決勝】 1997年7月27日
米谷利展 1:00 アキレス腱固め トーナメント・オブ・J '97【ヘビー級トーナメント 準決勝】 1997年7月27日
北川純 3:15 アキレス腱固め トーナメント・オブ・J '97【ヘビー級トーナメント 1回戦】 1997年7月27日
× ムスタク・アブドゥーラ 1R 6:27 前腕チョーク VALE TUDO JAPAN '96 1996年7月7日
須田匡昇 1R 1:15 ヒールホールド トーナメント・オブ・J '96【決勝】 1996年3月30日
芳岡博之 3:05 ヒールホールド トーナメント・オブ・J '96【準決勝】 1996年3月30日
イーゲン井上 5分終了 判定 トーナメント・オブ・J '96【2回戦】 1996年3月30日
川勝三朗 2:04 V1アームロック トーナメント・オブ・J '96【1回戦】 1996年3月30日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前優勝者
サウロ・ヒベイロ
第4回アブダビコンバット88kg未満級優勝

2001年4月12日

次優勝者
サウロ・ヒベイロ
前王者
山宮恵一郎
第2代パンクラスライトヘビー級王者

2001年9月30日 - 2003年11月30日

次王者
近藤有己

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は菊田早苗にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki