FANDOM


福田 力
通称 GRABAKAのパワーホール
WJの申し子
長州の遺伝子
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1981年1月6日(36歳)
出身地 岐阜県岐阜市
身長 183cm
体重 84kg
リーチ
階級 ミドル級
スタイル レスリング
所属 WJプロレス
→PUREBRED東京
KILLER BEE
GRABAKA
テーマ曲 パワーホール

福田 力(ふくだ りき、1981年1月6日 - )は、日本の総合格闘家。岐阜県岐阜市出身。GRABAKA所属。レスリング三段。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

山梨学院大学のレスリング部に所属。2003年の卒業に合わせWJプロレスへ練習生として入団。同年6月にデビューが発表されるも、デビュー予定が2回延期されたのちに退団した。

退団後、大学時代の仲間山本"KID"徳郁山本篤らの在籍するPUREBRED東京(KILLER BEE)で練習を行なうようになり、2004年4月16日、ハワイで開催された「SuperBrawl 35」でプロデビュー。ジョー・ドークセンと対戦し、判定負けを喫した。

2004年9月20日、第11回全日本アマチュア修斗選手権大会に出場。クルーザー級トーナメントで優勝を果たした[1]

2005年1月29日、プロ修斗デビュー戦で井上正也と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2005年7月29日、「K-1 WORLD GP 2005 in HAWAII」のオープニングファイトに出場。ブランドン・ウルフと総合格闘技ルールで対戦し、バックマウントパンチ連打によるTKO勝ちを収めた。

2005年11月4日、初参戦となったパンクラス中村勇太と対戦し、アッパーによるKO勝ちを収めた。

2006年1月26日、パンクラスで瓜田幸造と対戦し、開始40秒、左フックでKO負け[2]。7月28日、パンクラスで瓜田の同門である桜木裕司と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[3]

2007年2月10日、初参戦となったEliteXCクリス・ゲイツと対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた。

2007年10月25日付けでGRABAKAへ移籍[4]

2008年2月22日、「DEEP 34 IMPACT」で開催された第4代DEEPミドル級王者決定トーナメントに出場。1回戦で桜井隆多に3-0の判定勝ち。同年5月19日、「DEEP 35 IMPACT」の準決勝では白井祐矢に2-1で判定勝ちするも、決勝で中西裕一に0-3の判定負け。準優勝となった。

2009年2月20日、「DEEP 40 IMPACT」のDEEPミドル級王座挑戦者決定戦で2度目となった桜井隆多と対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた[5]

2009年4月5日、DREAM初参戦となった「DREAM.8」でムリーロ・ニンジャと対戦。スタンドパンチで優位に立ち、3-0の判定勝ちを収めた[6]。この試合はドクターストップにより欠場となったユン・ドンシクの代理として試合前日に参戦が発表された[7][8]

2009年4月29日、「DEEP M-1 CHALLENGE 3rd EDITION in JAPAN」の日本VSイギリス・84kg以下級でマット・ソープと対戦予定であったが[9]、DREAMで怪我をしたために欠場となった[10]

2009年6月30日、「DEEP 42 IMPACT」でミドル級王者中西裕一に挑戦し、2-1の判定勝ちで王座を獲得した[11]

2010年8月27日、「DEEP 49 IMPACT」のDEEPミドル級タイトルマッチで3度目となった桜井隆多と対戦。桜井の打撃で左目付近をカットしドクターチェックを受けるも、最後はボディへの膝蹴りで桜井がリングから転落。桜井は立ち上がることができず、協議の結果、TKO勝ちとなり王座の初防衛に成功した[12]

2011年2月27日、UFC初参戦となった「UFC 127」でニック・リングと対戦し、試合を優勢に進めるも0-3の判定負け[13]。試合後、ダナ・ホワイトUFC代表がTwitterで「Judges fucking suck again!! Fukuda got robbed!!」と発言するなど、物議を醸す判定となった[14]。後日、福田にも勝利者ボーナスが支払われることが発表された。

2011年8月6日の「UFC 133」でハファエル・ナタルと対戦予定であったが、6月16日に交通事故で左膝脛骨を骨折し欠場となった。

2012年2月26日、ズッファ体制初の日本開催となった「UFC 144」でスティーヴ・キャントウェルと対戦し、3-0(30-27、30-27、29-28)の判定勝ち。UFC2戦目での初勝利となった[15]

戦績 編集

プロ総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
23 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 7 1 10 0 0 0
5 1 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
スティーヴ・キャントウェル 5分3R終了 判定3-0 UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
× ニック・リング 5分3R終了 判定0-3 UFC 127: Penn vs. Fitch 2011年2月27日
桜井隆多 2R 0:32 TKO(ボディへの膝蹴り) DEEP 49 IMPACT
【DEEPミドル級タイトルマッチ】
2010年8月27日
金原弘光 5分3R終了 判定3-0 DEEP 46 IMPACT 2010年2月28日
中西裕一 5分3R終了 判定2-1 DEEP 42 IMPACT
【DEEPミドル級タイトルマッチ】
2009年6月30日
ムリーロ・ニンジャ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦 2009年4月5日
桜井隆多 1R 0:42 TKO(パウンド) DEEP 40 IMPACT
【DEEPミドル級王座挑戦者決定戦】
2009年2月20日
ジェイソン・ジョーンズ 5分2R終了 判定3-0 DEEP 38 IMPACT 2008年10月23日
尾崎広紀 5分2R終了 判定3-0 DEEP 37 IMPACT 2008年8月17日
× 中西裕一 5分2R終了 判定0-3 DEEP 35 IMPACT
【第4代DEEPミドル級王者決定トーナメント 決勝】
2008年5月19日
白井祐矢 5分2R終了 判定2-1 DEEP 35 IMPACT
【第4代DEEPミドル級王者決定トーナメント 準決勝】
2008年5月19日
桜井隆多 5分3R終了 判定3-0 DEEP 34 IMPACT
【第4代DEEPミドル級王者決定トーナメント 1回戦】
2008年2月22日
× ジョーイ・ヴィラセニョール 5分3R終了 判定1-2 EliteXC: Uprising 2007年9月15日
佐藤光留 1R 1:09 KO(パウンド) パンクラス PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年7月27日
クリス・ゲイツ 1R 1:18 TKO(パウンド) EliteXC: Destiny 2007年2月10日
桜木裕司 5分2R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年7月28日
圭太郎 1R 4:40 TKO(バックマウントパンチ) D.O.G V 2006年4月1日
× 瓜田幸造 1R 0:40 KO(左フック) パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年1月26日
中村勇太 1R 0:57 KO(アッパー) パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年11月4日
ブランドン・ウルフ 2R 2:49 TKO(バックマウントパンチ) K-1 WORLD GP 2005 in HAWAII
【オープニングファイト・総合格闘技ルール】
2005年7月29日
バザエフ・オレグ 1R 0:28 KO(右フック) D.O.G II 2005年6月11日
井上正也 5分2R終了 判定3-0 修斗 2005年1月29日
× ジョー・ドークセン 5分3R終了 判定0-3 SuperBrawl 35 2004年4月16日

アマチュア総合格闘技 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
大番高明 2R 0:14 KO 第11回 全日本アマチュア修斗選手権大会
【クルーザー級 決勝】
2004年9月20日
木下貴博 4分1R終了 ポイント32-20 第11回 全日本アマチュア修斗選手権大会
【クルーザー級 準決勝】
2004年9月20日
クラウジオ・シウバ 4分1R終了 ポイント27-20 第11回 全日本アマチュア修斗選手権大会
【クルーザー級 1回戦】
2004年9月20日

脚注 編集

  1. 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会 修斗公式サイト
  2. [パンクラス] 1.26 後楽園:井上×北岡は引分。大石敗れる BoutReview 2006年1月26日
  3. 【パンクラス】「前田吉朗以来の逸材」(尾崎社長)HG川村亮がライトヘビー級制す 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年7月28日
  4. 【ニュース】KILLBEEの福田力、GRABAKAに円満移籍 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年10月26日
  5. 【DEEP】池本誠知が新必殺技ダブルパンチで門馬をKO、DREAMウェルター級GP出場へ 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年2月20日
  6. 【DREAM】ウェルター級GP開幕!マッハ、ハイ、ザロムスキー、ガウヴァオンが2回戦進出 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月5日
  7. 【DREAM】4・5ドンシクが負傷欠場!ニンジャの対戦相手は福田力 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月4日
  8. [DREAM] マッハ、青木を怒りの27秒殺。DJが所に勝利 BoutReview 2009年4月5日
  9. 【M-1チャレンジ】4.29 6カ国の代表選手が集結!最強チームジャパン結成 格闘王国 2009年3月30日
  10. 【M-1チャレンジ】4・29福田力欠場、夏復帰予定の桜庭にオファーも佐伯監督断念 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月13日
  11. 【DEEP】デッドヒートの接戦相次ぐ!福田力が新王座に就く、宮田和幸は辛勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年6月30日
  12. 【DEEP】今成正和が完封防衛!福田力は死闘の末、桜井隆多にTKO勝ちで初防衛に成功 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月27日
  13. 【UFC127】福田力が理解不能な裁定に泣く MMAPLANET 2011年2月27日
  14. [UFC] ダナも怒る不可解な判定で福田力に黒星:2.27 豪州 BoutReview 2011年2月27日
  15. 【UFC144】福田力が嬉しいUFC初勝利 MMAPLANET 2012年2月26日

関連項目 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

前王者
中西裕一
第5代DEEPミドル級王者

2009年6月30日 - 2011年6月(返上)

次王者
 
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は福田力にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki