FANDOM


神村 エリカ
本名 神村 江里加
通称 天才キック少女
地上最強の女子高生
性別 女性
国籍 日本
誕生日 1992年12月30日(24歳)
出身地 東京都
身長 158cm
体重 47kg
リーチ
階級 ミニフライ級
スタイル 空手ムエタイ
所属 山木ジム
→侍塾
→チームPETER☆RABBIT
TARGET

神村 エリカ(かみむら えりか、1992年12月30日 - )は、日本キックボクサー東京都出身。本名は神村 江里加(読み同じ)。TARGET所属。

獲得タイトル 編集

表彰 編集

  • J-GIRLS 2009年 MVP[1]

来歴 編集

小学生から空手を始めた[2]2006年4月、父親の勧めで山木ジムに入門[3]

2007年2月4日、14歳1か月でのセミプロルールデビュー戦となったJ-GIRLS「女祭り 開幕戦」で岡本樹にKO勝ちを収めた。

2007年3月31日、J-GIRLSで日本最強女子中学生決定戦と銘打ち、1歳年下の陣内まどかと対戦し、判定勝ちを収めた。

2007年11月4日、J-GIRLS「風花祭り」で行なわれた女子中学生最強決定トーナメントに出場。決勝で陣内まどかに判定負けを喫し、準優勝となった。この日から所属を侍塾にした。

2008年2月11日、15歳1か月でのプロデビュー戦となったMARS☆MIKA☆に判定勝ちを収めた。

2008年3月に中学を卒業。キックボクシングに専念するために高校に進学しなかったが、その後通信制の高校へ入学した[2]

2008年4月13日、J-GROW 20 アマチュア大会でMVPを獲得した[4]

2008年11月9日、J-GIRLSミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント1回戦でMaiと対戦し、KO勝ち。この日はチームPETER☆RABBIT所属として出場したが、その後TARGETに移籍した。

2009年4月5日、J-GIRLSミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント決勝でLittle Tigerに判定勝ちし、王座挑戦権を獲得した。

2009年7月26日、J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチで田嶋はるに挑戦し、判定勝ち。16歳・8戦8勝で王座を獲得した。

2009年9月13日、M-1ムエタイチャレンジ「Yod Nak Suu vol.3」で行なわれたWPMF世界女子ミニフライ級タイトルマッチで同じく16歳の王者パヤックイン・シットニワットと対戦し、判定勝ちでムエタイ世界王座を獲得した。

2009年12月20日、J-GIRLS World Queen Tournament 2009に出場。1回戦でヌシアン・ポー・プラムックに判定勝ちするも、準決勝で安倍基江に1Rにダウンを奪われた上で判定負け。プロ11戦目にして初黒星となった。

2010年5月16日、RISE 65でホ・ソンボクと対戦し、左ストレートでKO勝ち。この試合からリングネームを神村エリカに変更した[5]

2010年7月25日、J-GIRLSミニフライ級王座防衛戦で安倍基江と7か月ぶりに再戦し、3-0の判定勝ちで王座初防衛に成功した[6]

2010年9月12日、WPMF世界女子ミニフライ級王座防衛戦でノングネーン・ソーシリワンと対戦し、3-0の判定勝ちで初防衛に成功した[7]

2010年11月14日、WMC世界女子ミニフライ級王座決定戦でナムワン・シッヂャンチャイと対戦し、左フックからの右ボディブローでKO勝ちを収め王座を獲得した[8]

2010年12月30日、戦極 Soul of Fightちはると戦極ムエタイルールで対戦し、左肘打ちで額をカットさせTKO勝ちを収めた[9]

2011年1月30日、J-GIRLS興行でリングに上がり、J-GIRLSミニフライ級王座を当日付けで返上することを発表した[10]

2011年4月17日、RISE 76でタワン・ポー.プラムックと対戦し、開始21秒左フックによるKO勝ち。試合後、シルビア・ラノッテとの対戦をアピールした[11]

2011年4月23日、シュートボクシングRENAと3分1Rのエキシビションマッチで対戦。エキシビションではあったが、左フックでダウンを奪った[12]

2011年6月4日、RISE 78のメインイベントでシルビア・ラノッテと対戦し、鼻骨骨折によるドクターストップで勝利。この試合はRISE初の女子によるメインイベントとなった[13]

2011年7月23日、RISE 80でティティアナ・ヴァン・ポラーナと対戦し、1ラウンドに3度のダウンを奪ってKO勝ち。契約体重49kgとして行なわれたが、ポラーナは前日計量で6.5kgオーバー、当日の再計量でも1.8kgオーバーとなり、レッドカード2枚(減点2)が課せられた状態での試合開始となった[14]

2011年8月19日、Girls S-cup 2011に出場。1回戦で岡加奈子にTKO勝ち、準決勝で吉田実代にTKO勝ち、決勝でハム・ソヒに3-0の判定勝ちを収め優勝を果たした[15][16]。当初はSB日本女子フライ級王者・高橋藍と対戦予定であったが、高橋の負傷欠場によりトーナメント出場が決まった[17][18]

戦績 編集

プロキックボクシング 編集

キックボクシング 戦績
20試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
199 10 0 0 0
10 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ティティアナ・ヴァン・ポラーナ 1R 2:01 KO(左フック) RISE 80 2011年7月23日
シルビア・ラノッテ 3R 1:20 TKO(ドクターストップ:鼻骨骨折) RISE 78 2011年6月4日
タワン・ポー.プラムック 1R 0:21 KO(左フック) RISE 76 2011年4月17日
ちはる 2R 0:38 TKO(額カット) 戦極 Soul of Fight 2010年12月30日
ナムワン・シッヂャンチャイ 1R 1:48 KO(右ボディブロー) M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ「NAI KANOMTOM vol.4」
【WMC世界女子ミニフライ級王座決定戦】
2010年11月14日
ノングネーン・ソーシリワン 2分5R終了 判定3-0 M-1 RAJA BOXING SINGHA BEER ムエタイチャレンジ「NAI KANOMTOM vol.3」
【WPMF世界女子ミニフライ級タイトルマッチ】
2010年9月12日
安倍基江 2分5R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone~9」
【J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ】
2010年7月25日
ホ・ソンボク 1R 0:58 KO(左ストレート) RISE 65 2010年5月16日
トーンター・シットソーコーカムロン 3分3R終了 判定3-0 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ「NAI KANOMTOM vol.1」 2010年3月21日
× 安倍基江 2分2R終了 判定0-3 J-NETWORK「J-GIRLS Final Stage 2009」
【J-GIRLS World Queen Tournament 2009 準決勝】
2009年12月20日
ヌシアン・ポー・プラムック 2分2R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS Final Stage 2009」
【J-GIRLS World Queen Tournament 2009 1回戦】
2009年12月20日
パヤックイン・シットニワット 2分3R終了 判定3-0 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ2009 Yod Nak Suu vol.3
【WPMF世界女子ミニフライ級タイトルマッチ】
2009年9月13日
田嶋はる 2分5R終了 判定2-0 J-NETWORK「J-GIRLS Champion Festival 2009」
【J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ】
2009年7月26日
Little Tiger 2分3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone~2」
【J-GIRLSミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント 決勝】
2009年4月5日
林田昌子 2分3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone~1」
【J-GIRLS認定ミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント 準決勝】
2009年1月18日
Mai 2R 1:40 KO J-NETWORK「J-GIRLS Final Stage 2008」
【J-GIRLSミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント 1回戦】
2008年11月9日
美保 2R 1:41 KO(3ダウン:右ミドルキック) J-NETWORK「J-GIRLS Hurricane Battle」 2008年9月7日
倉光智子 2分3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS Summer Kick Carnival」 2008年7月21日
関友紀子 2R 1:38 TKO(3ダウン:右ミドルキック) J-NETWORK「J-GIRLS 菖蒲祭り」
【J-GIRLSミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント リザーブファイト】
2008年5月25日
☆MIKA☆ 2分3R終了 判定3-0 MARS 11 "2nd ANNIVERSARY"【キックルール】 2008年2月11日

シュートボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ハム・ソヒ 2分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING GIRLS TOURNAMENT Girls S-cup 2011 ~日本予選~
【決勝】
2011年8月19日
吉田実代 1R 0:50 TKO(2ダウン:左フック) SHOOT BOXING GIRLS TOURNAMENT Girls S-cup 2011 ~日本予選~
【準決勝】
2011年8月19日
岡加奈子 2R 0:31 TKO(2ダウン:パンチ連打) SHOOT BOXING GIRLS TOURNAMENT Girls S-cup 2011 ~日本予選~
【1回戦】
2011年8月19日

アマチュアキックボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 陣内まどか 90秒2R+延長R終了 判定0-3 J-NETWORK「J-GIRLS 風花祭り」
【女子中学生最強決定トーナメント 決勝】
2007年11月4日
中村すずな 2R 0:21 KO J-NETWORK「J-GIRLS 風花祭り」
【女子中学生最強決定トーナメント 準決勝】
2007年11月4日
山田紗暉 90秒2R終了 判定0-0 J-NETWORK「J-GIRLS 女祭り Final round」
【セミプロファイト】
2007年5月20日
陣内まどか 2R 0:54 KO 天空キックボクシング協会
「キックボクシング『天空』~東西南北~」
2007年4月15日
陣内まどか 90秒2R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS 女祭り 2nd round」
【セミプロルール】
2007年3月31日
岡本樹 1R 0:25 KO(左ミドルキック) J-NETWORK「J-GIRLS 女祭り 開幕戦」
【セミプロルール】
2007年2月4日

エキシビション 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
RENA 3分1R SHOOT BOXING 2011 act.2 -SB168- 2011年4月23日

脚注 編集

  1. 【J-GIRLS】1・31年間表彰式を開催、MVPは神村江里加 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年1月18日
  2. 2.0 2.1 Special Interview 神村えりか J-GIRLS 公式サイト 2009年7月24日
  3. スカパー!松本幸代の格闘徒然草 女子中学生キックボクサーの逆襲!! スポーツナビ 2007年5月12日
  4. [J-NET] 4.13 大森:湘南格闘の田島、左禅丸を16秒KO BoutReview 2008年4月16日
  5. 【ライズ】K-1ファイター対決はイ・スファンに軍配、巨輝と神村エリカが鮮烈KO 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年5月16日
  6. 【J-GIRLS】神村エリカが激戦を制して安倍基江にリベンジ成功!新王者も誕生 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月25日
  7. 【M-1】カノンスックが戦慄のヒジ打ちで二冠王に!神村エリカが世界タイトル防衛 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月12日
  8. 【M-1】名勝負続出!梅野源治、神村エリカ、闘魔が新チャンピオンに 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月14日
  9. 【SRC戦極】第1部:中井りんが一本勝ち、神村エリカはヒジで衝撃のTKO勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月30日
  10. 【J-GIRLS】3・6紅絹VS安倍基江で王座決定戦、陣内まどかと魅津希が宿命の対決! 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年1月31日
  11. 【ライズ】左右田、喜入を下し無敗をキープ!神村エリカは秒殺KO勝利「次はシルビア」 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年4月17日
  12. 【シュートボクシング】アンディ・サワーが佐藤嘉洋を撃破!「地力に差があった」(魔裟斗) 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年4月23日
  13. 【ライズ】神村エリカ、鼻骨粉砕で世界6冠王シルビア撃破!「RENAと白黒つけたい」 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年6月4日
  14. 【ライズ】ヘビー級新チャンピオンになった上原誠「K-1の京太郎をぶっ飛ばしたい」 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年7月23日
  15. 【シュートボクシング】女子立ち技最強は神村エリカ!ハム・ソヒに逆転勝利(1) 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年8月19日
  16. 【シュートボクシング】女子立ち技最強は神村エリカ!ハム・ソヒに逆転勝利(2) 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年8月19日
  17. 【シュートボクシング】8・19女子立ち技頂上決戦、高橋藍vs神村エリカの2連戦決定! 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年7月19日
  18. 【シュートボクシング】8・19神村エリカ、トーナメント急遽参戦「優勝して当たり前」 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年8月8日

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
田嶋はる
第3代J-GIRLSミニフライ級王者

2009年7月26日 - 2011年1月30日(返上)

空位
次タイトル獲得者
安倍基江

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は神村エリカにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki