FANDOM


石毛 大蔵
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1980年11月11日(36歳)
出身地 千葉県銚子市
身長 176cm
体重 77kg
リーチ
階級 ウェルター級
スタイル 柔道サンボ
所属 SKアブソリュート
→フリー

石毛 大蔵(いしげ だいぞう、1980年11月11日 - )は、日本の元総合格闘家千葉県銚子市出身。フリー。

獲得タイトル 編集

経歴 編集

横芝敬愛高校を経て、大東文化大学を卒業後、アメリカ合衆国へ留学。柔道三段の腕前を持つ。2003年2004年の全日本サンボ選手権74kg級で優勝。その後、SKアブソリュートに在籍。

2004年9月24日、パンクラスでのデビュー戦を迎え、関直喜と対戦したが、0-1の判定負け。しかしその後、8戦6勝の成績を収めた。

2006年8月26日、第2代ウェルター級王者決定戦で井上克也と対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2007年5月27日、ディファ有明で開催されたCAGE FORCE EX -eastern bound-のCAGE FORCEウェルター級王座決定トーナメント準々決勝において、ダン・ハーディーに0-3の判定負けを喫したことで、競輪選手への転身を志すようになる[1]。7月27日にパンクラスウェルター級王座防衛戦で井上克也と対戦予定であったが、ハーディー戦でのダメージにより欠場[2]。同年12月に、パンクラスウェルター級王座を返上した[3]

日本競輪学校へは3度目の受験となる第98期に合格[4]し、2009年5月に同校へ入学。しかし卒業への基準となる走行タイムを出すことができなかったため、98期を途中退学。その後99期、100期にそれぞれ編入されたが、2010年11月7日に自身のブログで競輪学校を卒業できなかったことを明かした[5]

2011年2月27日、ADCC ASIA TRIAL 2011・アダルトエキスパート77kg未満級(16名参加)に出場。1回戦を勝ち抜くも、準々決勝で敗退した[6]

2011年7月3日、第37回全日本サンボ選手権大会74kg級に出場し、準優勝となった[7]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
11 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
8 2 0 6 0 1 0
2 0 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ダン・ハーディー 5分3R終了 判定0-3 CAGE FORCE EX -eastern bound-
【CFウェルター級トーナメント 準々決勝】
2007年5月27日
アライケンジ 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年12月10日
井上克也 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
2006年8月27日
北岡悟 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ウェルター級タイトルマッチ次期挑戦者決定戦】
2006年5月2日
大石幸史 5分3R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年1月26日
小路伸亮 5分2R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年11月4日
× 田中達憲 1R 2:07 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年9月4日
長岡弘樹 5分2R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年5月1日
外山慎平 1R 0:35 KO(パウンド) パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年2月4日
小池秀信 1R 4:22 TKO(パウンド) パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年11月26日
関直喜 5分2R終了 判定0-1 パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年9月24日

グラップリング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 松本光史 2:39 腕ひしぎ十字固め ADCC ASIA TRIAL 2011【アダルトエキスパート77kg未満級 準々決勝】 2011年2月27日
大高優希 2:33 裸絞め ADCC ASIA TRIAL 2011【アダルトエキスパート77kg未満級 1回戦】 2011年2月27日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

空位
前タイトル獲得者
國奥麒樹真
第2代パンクラスウェルター級王者

2006年8月27日 - 2007年12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
井上克也
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は石毛大蔵にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki