FANDOM


石井 慧
本名 石井 慧
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1986年12月19日(30歳)
出身地 大阪府茨木市
身長 181cm
体重 107kg
リーチ
階級 ヘビー級
スタイル 柔道
所属 アイダッシュ
テーマ曲 Amazing
(カニエ・ウェスト feat. ヤング・ジージー)

石井 慧(いしい さとし、1986年12月19日 - )は、日本の総合格闘家、元柔道家(五段)、北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト。大阪府茨木市出身。ケイダッシュ系列の個人事務所アイダッシュ所属。

来歴 編集

柔道家 編集

小学校5年生の頃、父親の指導で柔道を始め、本格的に取り組むべく清風中学に入学。高校1年生の時に、より柔道の強い環境を求め国士舘高校へ志願編入。その後、国士舘大学体育学部武道学科に入学。

2004年に講道館杯全日本柔道体重別選手権大会100kg級で優勝した。高校生の優勝は史上3人目で、翌年には連覇を果たした。2006年、全日本柔道選手権大会に初出場ながら鈴木桂治を破り、19歳4か月の史上最年少で優勝した(それまでの最年少優勝記録は山下泰裕の19歳10か月)。同年アジア競技大会(ドーハ)では100kg級で準優勝。

2007年全日本では準決勝では井上康生に勝利したが、決勝で鈴木桂治に敗れた。同年嘉納治五郎杯東京国際柔道大会より100kg超級に転向し、優勝。以後無敗で引退。

2008年2月のオーストリア国際で優勝を果たした。4月29日、全日本選手権決勝で三度鈴木桂治と対戦し、優勢勝ちで2年ぶり2度目の優勝をすると共に、北京オリンピック柔道男子100kg超級日本代表選手に選出された。決勝戦の対戦姿勢(ポイントリードを守る)には、観客からのブーイングがあったほか、柔道家・世論の一部から批判があり、柔道の国際化とスタイルの変容・日本柔道界のあり方についての議論があった。

2008年8月15日、北京オリンピック柔道男子100kg超級に出場、準決勝までの4試合はすべて一本勝ち、決勝ではアブドゥロ・タングリエフ(ウズベキスタン)と対戦し、指導2つの優勢勝ちで金メダルを獲得した。優勝直後のインタビューで「オリンピックのプレッシャーなんて斉藤先生のプレッシャーに比べたら、屁の突っ張りにもなりません」と発言し、新語・流行語大賞の候補60語にノミネートされた。

総合格闘家への転向 編集

2008年10月6日、プロ総合格闘技への転向がスポーツ報知の一面で報じられ、明らかになった。また、出場予定だった当日の世界選手権団体も調整不足を理由に辞退した。翌10月7日の会見では、「卒業のことで頭がいっぱい。焦らずゆっくり考えたい」と進退の明言を避けた。10月31日、全日本柔道連盟に対して強化指定選手辞退届を提出[1]。11月3日に記者会見で「11月3日をもって柔道家をやめ、プロ転向を決めました。総合格闘技のチャンピオンになれるようにがんばります」 と、正式にプロ転向を表明した。

2008年11月13日、本人監修協力のもとで、語録本『石井訓(いしいくん)』(光文社)が発行された。

2008年11月17日に個人事務所「Twill33」(ミーサン)を設立し、取締役である(マネジメントはケイダッシュ)。

2008年12月16日に世界最大の総合格闘技団体UFCへの参戦意志を明言。同年12月27日にアメリカ合衆国で開催された「UFC 92」を観戦し、同日深夜にUFCを主催するズッファ社と独占交渉契約を交わした(2009年1月末で独占交渉期限切れとなった)。渡米中にはランディ・クートゥアらの指導を受けた。その後はアメリカン・トップチームで練習を積んだ。

2009年1月4日、「戦極の乱2009」のリングにUFCのTシャツ姿で上がり「これからアメリカで試合をすることになりましたが、いつか大きなお土産を持ってこのリングに立ちたい」と発言した[2]

2009年6月1日、記者会見で戦極(現SRC)と同日に仮契約したことを発表。戦極と契約した理由については「日本で育ち、日本で生まれた柔道に生かされてきた。その結果、オリンピック金メダルを手にしました。まずは、日本の格闘技界を盛り上げ、恩返しすることが私の宿命だと思った」「日本にある団体の中で、『戦極』では、自分が最も尊敬する、世界のヘビー級で一番強い選手・エメリヤーエンコ・ヒョードルと(当時)対戦予定のジョシュ・バーネット選手がいます。もし、ジョシュ・バーネット選手が勝てば、最強はジョシュ・バーネット選手になるので、そういう選手がいるのが『戦極』なので、そういう面でも『戦極』に惹かれました。」と語った[3]。「本契約はファンの前でしたい」とし、6月4日に新宿ステーションスクエアにて本契約の公開調印式が行なわれた[4]

2009年3月から2か月半の間、ブラジルのパラー州ベレンにある、リョート・マチダの道場で武者修行を敢行した。

2009年9月、同年大晦日に行なわれるSRC(戦極)にて吉田秀彦との対戦が正式決定した[5]

2009年9月、国士舘大学を卒業(単位が足らず、同年3月での卒業はできなかった)[6]

2009年11月25日、K-1DREAMを主催するFEGとSRC(戦極)を主催するワールドビクトリーロードが大晦日の格闘技大会を合同開催することを発表し、SRCの大晦日大会は中止となり、同大会で予定されていた石井慧vs吉田秀彦戦はFEG主催の「Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~」で行なわれたが、0-3の判定負けを喫した[7]

2010年3月20日、練習先であるハワイの興行「X-1 Champions 2」でササエ・パオゴフィーとエキシビションマッチ[8]で対戦し、1R2分50秒アームロックによる一本勝ちを収めた[9]

2010年4月8日、4歳年下の女子大学生と入籍。同年1月にハワイで初めて知り合ってから3か月での結婚となった[10]。2011年1月、入籍から9か月で離婚した。

2010年5月15日、ニュージーランド・オークランドで開催されたXplosionでタファ"タンパー"ミシパティと対戦し、腕ひしぎ十字固めによる一本勝ちを収めた[11]

2010年6月4日、ハワイ・ホノルルで行なわれた「X-1: Nations Collide」でマイルス・ティナネスと対戦。1R終了間際に左フックでダウンを奪い追撃のパウンドを繰り出すも、1R終了後の攻撃だったとして反則負けと裁定されるも[12]、その後ノーコンテストと裁定が変更された。

2010年9月25日、DREAM初参戦となった「DREAM.16」でミノワマンと対戦し、3-0の判定勝ちで格闘家としての日本初勝利を収めた[13]。大会3日前の9月22日に参戦が発表されるほどの緊急参戦となった[14]

2010年11月8日、「K-1 WORLD MAX 2010 FINAL」に参戦。当初はアンズ"ノトリアス"ナンセンとDREAMルールで対戦予定だったが、試合2日前のドクターチェックでナンセンの古傷が治っていないことが発覚し、ドクターストップになったため、試合前日に相手が柴田勝頼に変更された[15]。試合ではアームロックによる一本勝ちを収めた。

2010年12月31日、2年連続の大晦日興行参戦となった「Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~」にてK-1ファイターのジェロム・レ・バンナと総合格闘技ルールで対戦。バンナ相手に寝技で関節技を極めきれず、スタンドでパンチと膝蹴りを浴びるなど苦戦。最終的には3-0の判定勝ちを収めたものの、会場ではブーイングも起こった[16]

2011年4月1日にカリフォルニアで開催された「Strikeforce Challengers 15」でスコット・ライティと対戦予定だったが、東日本大震災の影響でビザの取得が遅れるなど試合に必要な手続きが出来ず、欠場となった[17]

2011年4月30日、アメリカフロリダ州オーランドで行なわれた柔道・全米体重別選手権のオープン参加クラスに参加し、全試合一本勝ちで優勝を果たした。試合後のインタビューで「全日本王者の鈴木桂治選手と闘いたい。彼にその度胸があればの話ですけど」と話した。アメリカ柔道連盟のナディング会長は石井について「将来的に米国代表になる気持ちがあるなら、可能な範囲でサポートしていきたい」と話した[18]

2011年9月14日、ブラジルで開催された「Amazon Forest Combat 1」でパウロ・フィリォと対戦し、ドローとなった[19]

2011年12月31日、3年連続の大晦日興行参戦となった「元気ですか!! 大晦日!! 2011」のメインイベントでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、右フックによるKO負け。この試合で鼻骨を骨折した[20]

戦績 編集

プロ総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
4 0 2 2 0 1 1
2 1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 2:29 KO(右フック) 元気ですか!! 大晦日!! 2011 2011年12月31日
パウロ・フィリォ 5分3R終了 ドロー Amazon Forest Combat 1 2011年9月14日
ジェロム・レ・バンナ 5分3R終了 判定3-0 Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~ 2010年12月31日
柴田勝頼 1R 3:30 アームロック K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL 2010年11月8日
ミノワマン 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.16 2010年9月25日
マイルス・ティナネス ノーコンテスト X-1: Nations Collide 2010年6月4日
タファ"タンパー"ミシパティ 1R 2:42 腕ひしぎ十字固め Xplosion: New Zealand vs. Japan 2010年5月15日
× 吉田秀彦 5分3R終了 判定0-3 Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~ 2009年12月31日

アマチュア・エキシビション 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ササエ・パオゴフィー 1R 2:50 アームロック X-1 WORLD EVENTS 2010年3月20日

獲得タイトル 編集

  • 2004年:全国高等学校総合体育大会(100kg級) 優勝
  • 2004年:全日本ジュニア体重別選手権大会(100kg級) 優勝
  • 2004年:アジアジュニア柔道選手権(100kg級) 優勝
  • 2004年:世界ジュニア柔道選手権大会(100kg級) 優勝
  • 2004年:講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(100kg級) 優勝(史上3人目の高校生王者)
  • 2004年:韓国国際柔道大会(100kg級) 優勝
  • 2005年:嘉納治五郎杯国際柔道大会(無差別級) 3位
  • 2005年:フランス国際柔道大会(100kg級) 3位
  • 2005年:ハンガリー国際柔道大会(100kg級) 準優勝
  • 2005年:全日本選抜柔道体重別選手権大会(100kg級) 3位
  • 2005年:全日本学生柔道優勝大会(国士舘大学) 準優勝
  • 2005年:講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(100kg級) 優勝(連覇)
  • 2005年:韓国国際柔道大会(100kg級) 優勝(連覇)
  • 2006年:嘉納治五郎杯国際柔道大会(100kg級) 準優勝
  • 2006年:オーストリア国際柔道大会(100kg級) 優勝
  • 2006年:全日本選抜柔道体重別選手権大会(100kg級) 3位
  • 2006年:全日本柔道選手権大会 優勝 (初出場・史上最年少での優勝)
  • 2006年:全日本学生柔道優勝大会(国士舘大学) 優勝
  • 2006年:ワールドカップ柔道国別団体選手権出場
  • 2006年:ドーハアジア競技大会(100kg級) 準優勝
  • 2007年:全日本柔道選手権大会 準優勝
  • 2007年:嘉納治五郎杯東京国際柔道大会(100kg超級)優勝
  • 2008年:オーストリア国際柔道大会(100kg超級) 優勝
  • 2008年:カザフスタン国際柔道(100kg超級) 優勝
  • 2008年:全日本柔道選手権大会 優勝
  • 2008年:北京オリンピック柔道競技(100kg超級) 金メダル(最重量級最年少王者)

脚注 編集

  1. 石井、やっぱり総合格闘技転向 サンケイスポーツ 2008年11月1日
  2. 【戦極】石井慧がリング上から朝青龍に対戦表明!?「いつかこのリングに立ちたいです」 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年1月4日
  3. 【戦極】石井慧がUFC参戦を撤回!プロデビューは『戦極』に決定!! 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年6月1日
  4. 【戦極】8・2中村和裕、三崎和雄を「殺してやるぐらいの気持ちで倒しに行く」 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年6月4日
  5. 吉田秀彦×石井慧、ニューイヤーイベント実施で正式決定 BoutReview 2009年9月14日
  6. 石井慧が無事に国士舘大学を卒業!「斉藤先生には感謝しています」 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年10月5日
  7. [SRC] Dynamite!! 吉田秀彦、デビュー戦の石井慧にMMAの洗礼 BoutReview 2009年12月31日
  8. 石井慧、プロ第2戦はハワイの『X1 World Events』でエキシビション・マッチ ミルホンネット 2010年3月18日
  9. SRC 石井慧、修行先のハワイでひっそりと総合初白星 BoutReview 2010年3月23日
  10. 石井慧結婚していた!先月19歳女子大生と SANSPO.COM 2010年5月17日
  11. [SRC] 電撃結婚の石井慧、ニュージーランドでプロ2勝目 BoutReview 2010年5月17日
  12. 石井慧:やりすぎた… KOと思いきや反則負け 毎日jp 2010年6月6日
  13. 【DREAM】石井慧が国内初勝利、桜庭和志は生涯初の一本負け! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月25日
  14. 【DREAM】9・25石井慧が緊急参戦!国内2戦目の相手はミノワマン 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月22日
  15. 【K-1MAX】11・8石井慧の相手が急遽変更!プロレスラー柴田勝頼との対戦に 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月7日
  16. 【Dynamite!!】 高谷が王座奪取!長島☆自演乙が青木をKO!石井はバンナに辛勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月31日
  17. Satoshi Ishii Out of Strikeforce Debut Due To Disasters in Japan MMA Weekly 2011年3月28日
  18. 柔道:格闘家の石井慧が優勝 全米体重別選手権『毎日新聞』2011年5月1日
  19. 上田がホイラーに判定勝ち、石井慧はフィリョと引き分け MMAPLANET 2011年9月15日
  20. 【元気ですか!!】第4部:ヒョードルが年越し寸前に石井をKO!青木、高谷は防衛 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年12月31日

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は石井慧にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki