FANDOM


泉 浩
本名 泉 浩
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1982年6月22日(35歳)
出身地 青森県下北郡大間町
身長 173cm
体重 93kg
リーチ
階級 ライトヘビー級SRC
スタイル 柔道
所属 プレシオス

泉 浩(いずみ ひろし、1982年6月22日 - )は、日本柔道家総合格闘家青森県下北郡大間町出身。柔道四段。プレシオス所属。

実父はマグロ漁師。

来歴 編集

小学校までを地元大間町で過ごしたのち、中学校より柔道私塾講道学舎に入門するため、単身上京し、世田谷区立弦巻中学校に入学、3年の全国中学校柔道大会ではベスト8で敗れたが世田谷学園高校3年の時にインターハイで優勝した。明治大学に入学後、2004年のアテネオリンピックでは決勝でズラブ・ズビャダウリ(グルジア)に敗れたものの銀メダルを獲得した。

2005年、旭化成へ入社。9月にはエジプトのカイロで開催された世界柔道選手権大会の男子90kg級で優勝を果たした(この際、韓国の黄禧太から、反則技となる体重掛け脇固めの反則技を受けていた)。

2008年、北京オリンピックでは減量に失敗し2回戦で敗退した。同年10月30日、一部マスコミによって泉が柔道界を引退して総合格闘技へ転向する可能性が報じられたが、11月16日には「そういうこと(プロ転向)は考えてません」と報道を否定したものの、「(オファーが)ないと言えばウソになります」と含みを持たせた。

2009年6月、全日本実業柔道団体対抗大会後、旭化成の退社を表明。6月末をもって退社した[1]

2009年7月7日、記者会見で戦極参戦を表明[1]ヴァンダレイ・シウバのような打撃中心のスタイルを目指すと語った[2]

2009年9月23日、総合格闘技デビューとなった戦極 ~第十陣~のメインイベントでアンズ・"ノトリアス"・ナンセンと対戦し、打撃で真向勝負を挑み最後は右ストレートでKO負けを喫した。ベストバウト賞を受賞[3]

2009年12月31日、Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~のDREAM vs SRC 対抗戦で柴田勝頼と対戦し、3-0の判定勝ち。総合格闘家としての初勝利となった。

2010年6月20日、SRC13イ・チャンソブと対戦し、TKO勝ち[4]

2010年8月25日に東京都内で行なわれたレスリング日本代表の合宿に特別参加、フリースタイル96kg級でのロンドンオリンピック代表を目指すことを表明した。

2010年10月30日、SRC15のメインイベントでジェームス・ジキックと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。試合後のリング上で石井慧との対戦をアピールした[5]

2010年12月31日、Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~ミノワマンと対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた[6]

2011年7月2日、レスリング全日本社会人選手権のフリースタイル96kg級に出場したが、初戦の2回戦で敗退した[7]

2011年7月16日、DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-で行なわれたDREAMライトヘビー級タイトルマッチでゲガール・ムサシと対戦し、タオル投入によるTKO負けを喫した[8]

戦績 編集

柔道 編集

  • 2000年:全国高等学校総合体育大会 90kg級 優勝
  • 2000年:全日本ジュニア体重別選手権大会 90kg級 優勝
  • 2001年:全日本学生体重別選手権 90kg級 優勝
  • 2002年:全日本学生体重別選手権 90kg級 優勝
  • 2002年:ベルギー国際柔道大会 90kg級 優勝
  • 2003年:全日本選抜柔道体重別選手権大会 90kg級 優勝
  • 2003年:講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 90kg級 優勝
  • 2003年:大邱ユニバーシアード 90kg級 優勝
  • 2004年:フランス国際柔道大会 90kg級 優勝
  • 2004年:アテネオリンピック 90kg級 銀メダル
  • 2005年:カイロ世界柔道選手権大会 90kg級 優勝
  • 2007年:リオデジャネイロ世界柔道選手権大会 90kg級 3回戦敗退
  • 2007年:嘉納治五郎杯東京国際柔道大会 90kg 2位
  • 2008年:フランス国際柔道大会 90kg級 2回戦敗退
  • 2008年:ドイツ国際柔道大会 90kg級 優勝
  • 2008年:北京オリンピック 90kg級 2回戦敗退

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
6 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
4 2 0 2 0 0 0
2 2 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ゲガール・ムサシ 1R 3:29 TKO(タオル投入) DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-
【DREAMライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年7月16日
ミノワマン 3R 2:50 TKO(パウンド) Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~ 2010年12月31日
ジェームス・ジキック 5分3R終了 判定2-1 SRC15 2010年10月30日
イ・チャンソブ 1R 4:37 TKO(パウンド) SRC13 2010年6月20日
柴田勝頼 5分3R終了 判定3-0 Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~
【DREAM vs SRC 対抗戦】
2009年12月31日
× アンズ・"ノトリアス"・ナンセン 1R 2:56 KO(右ストレート) 戦極 ~第十陣~ 2009年9月23日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は泉浩にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki