FANDOM


植田 豊
本名 植田 豊
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1986年11月8日(30歳)
出身地 東京都
身長 173cm
体重 70kg
リーチ
階級 ウェルター級
ライト級
スタイル 柔道
所属 GRABAKA

植田 豊(うえだ ゆたか、1986年11月8日 - )は、日本の総合格闘家。東京都出身。GRABAKA所属。

獲得タイトル 編集

  • DEEPフューチャーキングトーナメント2009 ウェルター級 優勝

来歴 編集

2009年12月27日、DEEPフューチャーキングトーナメント2009・ウェルター級に出場。1回戦で土屋彬充をアームバー、準決勝で金森道を三角絞め、決勝で大原樹里をアームバー、と3連続1R一本勝ちで優勝を収めた[1]

2010年5月23日、「CLUB DEEP TOKYO in 新木場1stRING」で山口マイク満と対戦し、アームバーによる一本勝ち。この試合から階級をライト級に落とした[2]

2010年7月3日、「DEEP 48 IMPACT」でアン・ジヨンと対戦し、3-0の判定勝ち。当初はオ・インソクと対戦予定であったが、対戦相手が変更となった。

2011年2月27日、肩を手術後の復帰戦となった「DEEP TOKYO IMPACT」のセミファイナルでイ・ジョンォンと対戦し、フロントチョークによる一本勝ちを収め6連勝となった[3]

2011年4月22日、「DEEP 53 IMPACT ~小路晃引退興行~」でLUIZと対戦し、腕ひしぎ十字固めによる一本負け。キャリア7戦目での初黒星となった。

2011年7月10日、初ケージ試合となった「DEEP CAGE IMPACT 2011 in Nagoya 公武堂ファイト」で松下直揮と対戦し、1-1の判定ドローとなった。

2011年10月15日、GRABAKA自主興行「GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK」で上山龍紀と対戦し、0-3の判定負けを喫した[4]

2012年4月7日、「DEEP SHIZUOKA IMPACT 2012」のメインイベント・静岡選抜 vs GRABAKA対抗戦で花井岳文と対戦し、0-2の判定負けを喫した。

2012年4月7日、「DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO ~OVER AGAIN~」で福本よう一と対戦し、ヒールホールドによる一本負けを喫した。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
11 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 0 5 1 0 1 0
4 0 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 福本よう一 2R 2:40 ヒールホールド DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO ~OVER AGAIN~ 2012年4月7日
× 花井岳文 5分2R終了 判定0-2 DEEP SHIZUOKA IMPACT 2012 2012年2月5日
× 上山龍紀 5分2R終了 判定0-3 GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK 2011年10月15日
松下直揮 5分2R終了 判定1-1 DEEP CAGE IMPACT 2011 in Nagoya 公武堂ファイト 2011年7月10日
× LUIZ 2R 0:52 腕ひしぎ十字固め DEEP 53 IMPACT ~小路晃引退興行~ 2011年4月22日
イ・ジョンォン 1R 1:45 フロントチョーク DEEP TOKYO IMPACT 2011年2月27日
アン・ジヨン 5分2R終了 判定3-0 DEEP 48 IMPACT 2010年7月3日
山口マイク満 1R 0:25 アームバー CLUB DEEP TOKYO in 新木場1stRING 2010年5月23日
大原樹里 1R 2:47 アームバー DEEPフューチャーキングトーナメント2009
【ウェルター級 決勝】
2009年12月27日
金森道 1R 2:09 三角絞め DEEPフューチャーキングトーナメント2009
【ウェルター級 準決勝】
2009年12月27日
土屋彬充 1R 2:18 アームバー DEEPフューチャーキングトーナメント2009
【ウェルター級 1回戦】
2009年12月27日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki