FANDOM


桜井"マッハ"速人
本名 桜井 速人
通称 野生のカリスマ
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1975年8月24日(41歳)
出身地 茨城県龍ケ崎市
身長 171cm
体重 76kg
リーチ
階級 ウェルター級DREAM
ライト級PRIDE
スタイル 柔道、修斗
所属 総合格闘技木口道場
GUTSMAN・修斗道場
マッハ道場
テーマ曲 「不死身のエレキマン」
(THE HIGH-LOWS)

桜井"マッハ"速人(さくらい"マッハ"はやと、1975年8月24日 - )は、日本の総合格闘家。茨城県龍ケ崎市出身。マッハ道場主宰。修斗四天王の1人。

PRIDE武士道では「野生のカリスマ」というキャッチフレーズで呼ばれていた。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

中学・高校を通じて柔道を学び、土浦日大高校柔道部に所属。高校時代は小見川道大宮田和幸と同級生であった。

高校卒業後はアルバイトをしながら空手の修行をしていたが修斗に興味を覚え、修斗を学ぶために上京した。しかし間違ってシュートボクシングの道場であるシーザージムに入門。緒形健一土井広之村浜武洋らと練習を行ない、アマチュアのシュートボクシングの選手として活躍。1995年6月に第11回アマチュアシュートボクシング選手権関東大会で優勝、同年12月に第6回全日本アマチュアシュートボクシング選手権全国大会で優勝を果たした。プロ昇格の権利を得るがプロにはならず、その後修斗に転向、木口レスリング道場に入門した。

1996年10月4日、修斗プロデビュー戦(ウェルター級)で宇野薫と対戦し、腕ひしぎ十字固めによる一本勝ちを収めた。

1997年、ミドル級(-76kg)に階級を上げた。

1998年5月13日、修斗世界ミドル級チャンピオン決定戦で中尾受太郎と対戦し、3-0の判定勝ち。第4代修斗世界ミドル級王座を獲得した。

1999年、アラブ首長国連邦で開催されたアブダビコンバットに出場。-77kg級では3位入賞を果たし、無差別級準決勝では自身より40kgも重いリコ・ロドリゲスと対戦し、ヒールホールドによる一本勝ち。決勝でホベルト・トラヴェンに敗れたが、軽量級でありながら無差別級での準優勝を果たした。

2001年8月26日、修斗世界ミドル級チャンピオンシップでアンデウソン・シウバと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座から陥落した。

2001年10月、地元・茨城県龍ケ崎市に「マッハ道場」(現・マッハ道場 茨城)を設立[1]

2002年1月12日の修斗大会において、UFCに参戦しウェルター級王者マット・ヒューズとタイトルマッチで対戦することが発表された。3月22日の「UFC 36」でのヒューズとの対戦は、テイクダウンを繰り返されトップポジションを取ることができない展開が続き、最後はパウンド連打でTKO負けを喫し、王座獲得ならず。

2003年12月31日、PRIDE初参戦および大晦日興行初参戦となった「PRIDE 男祭り 2003」で高瀬大樹と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2004年2月15日、「PRIDE 武士道 -其の弐-」でホドリゴ・グレイシーと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

参戦した当初はリミット83kgのウェルター級を主戦場にしていた。体重増加と対戦相手の体重に対応できなかったためか、当初は勝利から遠ざかっていた。

2005年5月22日、「PRIDE 武士道 -其の七-」でミルトン・ヴィエイラと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2005年8月20日、2年8か月ぶりの修斗復帰戦となった青木真也と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

青木との試合後、アメリカのAMCパンクレイション(マット・ヒュームのジム)にて2週間のトレーニングを行ない[2]、80kg台からライト級リミットである73kg近くまで大幅に減量した。

2005年9月25日、「PRIDE 武士道 -其の九-」で行なわれたライト級GPに参戦。1回戦ではジェンス・パルヴァーにKO勝ち。準決勝ではヨアキム・ハンセンに3-0で判定勝ちし、決勝進出を決めた。

2005年12月31日、2年ぶり2度目の大晦日興行参戦となった「PRIDE 男祭り 2005」で行なわれたライト級GP決勝で五味隆典にKO負け。準優勝となった。

2007年2月25日、「PRIDE.33」でマック・ダンジグにKO勝ちを収めた。

2007年9月30日、東京都豊島区巣鴨に「マッハ道場 巣鴨支部」をオープンさせた[1]

2007年10月28日、「SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT GROUND ZERO TOKYO 2007」でヤニ・ラックスと対戦。2Rにはダウンを奪い、3-0の判定勝ち。当初はアリ・イブラヒムと対戦予定であったが、ビザのトラブルで対戦相手が変更となった[3]

2007年12月31日、2年ぶり3度目の大晦日興行参戦となった「やれんのか! 大晦日! 2007」で長谷川秀彦と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年3月15日、「DREAM.1」で門馬秀貴と対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた。

2008年4月6日、地元茨城の牛久運動公園体育館メインアリーナでアマチュア大会「WORLD&WILD-1 第1回チャリティー マッハ祭り」を開催。階級別トーナメント(総合格闘技ルール)やグローブ空手のワンマッチなど全26試合が行なわれた。マッハ自身も佐藤ルミナと3分間のエキシビションマッチを行なった[4]

2008年5月3日、2年8か月ぶりの修斗復帰戦でデビッド・バロンと対戦し、フロントスリーパーホールドによる一本負けを喫した。

2008年9月23日、「DREAM.6」で弘中邦佳と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年12月31日、2年連続4度目の大晦日興行参戦となった「Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~」で柴田勝頼と対戦し、マウントパンチによるTKO勝ちを収めた。

2009年4月5日、「DREAM.8」のウェルター級グランプリ1回戦で青木真也と対戦し、開始27秒、パウンドでKO勝ちを収めた。

2009年7月20日、「DREAM.10」のウェルター級グランプリ準決勝でマリウス・ザロムスキーと対戦し、左ハイキックでダウンしたところにパウンドで追撃されTKO負けを喫した。

2009年11月28日、柔術デビューとなった日本ブラジリアン柔術連盟「東京国際オープントーナメント2009」アダルト黒帯メイオペサード級に出場。1回戦で上村彰と対戦し、外掛けの足関節技を仕掛けてしまい反則負けとなった[5]

2009年12月31日、3年連続5度目の大晦日興行参戦となった「Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~」の「DREAM vs SRC 対抗戦」で郷野聡寛と対戦し、腕ひしぎ逆十字固めで一本負けを喫した。

2010年5月29日、ケージ開催となった「DREAM.14」のメインイベントでStrikeforceウェルター級王者ニック・ディアスと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。

2010年12月31日、4年連続6度目の大晦日興行参戦となった「Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~」でジェイソン・ハイと対戦し、1-2の判定負けを喫した[6]

2011年7月16日、「DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-」でマリウス・ザロムスキーと2年ぶりに再戦予定であったが、右脛腓靭帯断裂および右後脛骨筋損傷により欠場となった[7]

2011年12月31日、1年ぶりの復帰戦および5年連続7度目の大晦日興行参戦となった「元気ですか!! 大晦日!! 2011」で長南亮と8年3か月ぶりに対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[8]

人物、エピソード 編集

  • リングネームはプロレスラーのマッハ隼人をもじって「桜井"マッハ"速人」としている。
  • 道場仲間から「ガッツさん」と呼ばれていたことがある。理由は「ガッツ石松なみに天然だから」。
  • 2006年4月9日、土浦市の路上を歩いていたところ、車で接触してきた男に因縁をつけられたうえ顔を殴られて左目の下の骨を折り、全治1か月の負傷[9]。桜井は一切手を出さなかったという。桜井は「格闘家なので素人には手を出せないし、よけたりしても逆上されるので殴らせるしかなかった」とコメントし、容疑者の男は「(桜井が)格闘技選手とは知らなかった。知っていたら殴らなかったのに」と供述した。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
50 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
36 11 10 15 0 2 0
12 4 4 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
長南亮 5分3R終了 判定3-0 元気ですか!! 大晦日!! 2011 2011年12月31日
× ジェイソン・ハイ 5分3R終了 判定1-2 Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~ 2010年12月31日
× ニック・ディアス 1R 3:54 腕ひしぎ十字固め DREAM.14 2010年5月29日
× 郷野聡寛 2R 3:56 腕ひしぎ逆十字固め Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~
【DREAM vs SRC 対抗戦】
2009年12月31日
× マリウス・ザロムスキー 1R 4:03 TKO(左ハイキック→パウンド) DREAM.10 ウェルター級グランプリ2009 決勝戦
【ウェルター級グランプリ 準決勝】
2009年7月20日
青木真也 1R 0:27 KO(パウンド) DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦
【ウェルター級グランプリ 1回戦】
2009年4月5日
柴田勝頼 1R 7:01 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ) Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~ 2008年12月31日
弘中邦佳 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 2008年9月23日
× デビッド・バロン 1R 4:50 フロントスリーパーホールド 修斗 修斗伝承 01 -ROAD TO 20th ANNIVERSARY- 2008年5月3日
門馬秀貴 1R 4:12 TKO(レフェリーストップ:パウンド) DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦 2008年3月15日
長谷川秀彦 2R(10分/5分)終了 判定3-0 やれんのか! 大晦日! 2007 2007年12月31日
マック・ダンジグ 2R 4:01 TKO(レフェリーストップ:右フック) PRIDE.33 "THE SECOND COMING" 2007年2月24日
ルシアノ・アゼベド 1R 6:35 TKO(ドクターストップ:左頬カット) PRIDE 武士道 -其の十二- 2006年8月26日
オラフ・アルフォンソ 1R 1:04 KO(右フック) PRIDE 武士道 -其の十一- 2006年6月4日
× 五味隆典 1R 3:56 KO(右フック) PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-
【ライト級トーナメント 決勝戦】
2005年12月31日
ヨアキム・ハンセン 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級トーナメント 準決勝】
2005年9月25日
ジェンス・パルヴァー 1R 8:56 TKO(レフェリーストップ:パウンド) PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級トーナメント 1回戦】
2005年9月25日
青木真也 5分3R終了 判定3-0 修斗 ALIVE ROAD 2005年8月20日
ミルトン・ヴィエイラ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の七- 2005年5月22日
× クラウスレイ・グレイシー 2R 1:02 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の伍- 2004年10月14日
ファンキー・ブラディ・フィンク 1R 4:08 フロントチョーク PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
× ホドリゴ・グレイシー 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の弐- 2004年2月15日
高瀬大樹 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 男祭り 2003 2003年12月31日
× 長南亮 3R 2:10 TKO(ドクターストップ:左目負傷) DEEP 12th IMPACT in OHTAKU 2003年9月15日
デイブ・メネー 2R 2:02 TKO(ドクターストップ:左頬カット) DEEP 10th IMPACT in KORAKUEN HALL 2003年6月25日
上山龍紀 5分3R終了 判定3-0 DEEP 8th IMPACT in KORAKUEN HALL 2003年3月4日
× ジェイク・シールズ 5分3R終了 判定0-3 修斗 2002年12月14日
× マット・ヒューズ 4R 3:01 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ) UFC 36: Worlds Collide
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2002年3月22日
ダン・ギルバート 1R 1:51 ヒールホールド 修斗 SHOOTO TO THE TOP -THE FINAL ACT- 2001年12月16日
× アンデウソン・シウバ 5分3R終了 判定0-3 修斗 SHOOTO TO THE TOP in OSAKA
【修斗世界ミドル級チャンピオンシップ】
2001年8月26日
ジーン・ルイス・アルバーチ 延長R終了 判定 ゴールデン・トロフィー 2001 2001年3月1日
フランク・トリッグ 2R 2:25 TKO(レフェリーストップ:膝蹴り) 修斗 R.E.A.D. 2000年12月17日
ルイス・アゼレード 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 2000年8月4日
加藤鉄史 5分3R終了 判定2-1 修斗 R.E.A.D.
【修斗世界ミドル級チャンピオンシップ】
2000年3月17日
アロウド・ビクトリアーノ 3R 1:31 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ) VALE TUDE JAPAN '99 1999年12月11日
ブレッド・エアズ 1R 0:37 腕ひしぎ十字固め III 修斗 the Renaxis 1999 1999年7月16日
マセロ・アグア 5分3R終了 判定3-0 修斗 the Renaxis 1999 "10 Years Anniversary" 1999年5月29日
ジーン・ルイス・アルバーチ 1R 0:33 腕ひしぎ十字固め ゴールデン・トロフィー1999
【決勝】
1999年3月20日
ダミアン・リシオ 5分1R終了 判定 ゴールデン・トロフィー1999
【準決勝】
1999年3月20日
ジェームス・スチアボ 1R 0:26 トウホールド ゴールデン・トロフィー1999
【1回戦】
1999年3月20日
アデミール・オリヴェイラ 1R 0:34 KO(跳び膝蹴り) 修斗 the Renaxis 1999 "Devilock Fighters" 1999年1月15日
セルゲイ・ヴィチコフ 1R 4:59 腕ひしぎ十字固め VALE TUDE JAPAN '98 1998年10月25日
ロニー・リヴァノ 1R 1:10 スリーパーホールド 修斗 Las Grandes Viajes 4 1998年7月29日
中尾受太郎 5分3R終了 判定3-0 修斗 Las Grandes Viajes 3
【修斗世界ミドル級チャンピオン決定戦】
1998年5月13日
マセロ・アグア 8分3R終了 時間切れ VALE TUDE JAPAN '97 1997年11月29日
アレックス・クック 1R 1:09 スリーパーホールド 修斗 IV Reconquista 1997年10月12日
アリ・エリアス 1R 1:23 腕ひしぎ十字固め 修斗 III Reconquista 1997年8月27日
小島弘之 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG 1997年6月25日
桑原卓也 3分3R終了 判定1-0 修斗 I Reconquista ~聖地奪還~ 1997年1月18日
宇野薫 1R 2:52 腕ひしぎ十字固め 修斗 LET'S GET LOST ~失地回復~ 1996年10月4日

キックボクシング 編集

キックボクシング 戦績
1試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
10 1 0 0 0
00 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ヤニ・ラックス 3R終了 判定3-0 SHOOTBOXING BATTLE SUMMIT GROUND ZERO TOKYO 2007 2007年10月28日

エキシビション 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
中村トッシー GLADIATOR シリーズ19「KOK 武士 II」 2011年6月5日
原田ヨシキ 5分2R 激突III 2010年11月3日
近藤秀人 1R KO(グラウンドでの膝蹴り) 激突II 2009年11月3日
佐藤ルミナ 3分1R WORLD&WILD-1 第1回チャリティー マッハ祭り 2008年4月6日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

空位
前タイトル獲得者
桜田直樹
第4代修斗世界ミドル級王者

1998年5月13日 - 2001年8月26日

次王者
アンデウソン・シウバ

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は桜井速人にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki