FANDOM


柳澤 龍志
本名 柳澤 敦史
通称 不沈艦
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1972年6月22日(45歳)
出身地 青森県青森市
身長 190cm
体重 100kg
リーチ
階級
所属 藤原組
パンクラス
→パンクラス横浜道場
チームドラゴン
坂口道場
→フリー
テーマ曲 『rollin'』(リンプ・ビズキット)

柳澤 龍志(やなぎさわ りゅうし、1972年6月22日 - )は、日本プロレスラー総合格闘家青森県青森市出身。フリー。

来歴 編集

中学、高校時代をむつ市で過ごす。青森県立田名部高校時代はボート部に所属し、インターハイにも出場している。

1991年藤原組に入団。1992年4月19日、東京体育館での冨宅祐輔戦でデビュー。

1992年12月、船木誠勝鈴木みのるらと共に、藤原組を離脱[1]

1993年5月のパンクラス設立当初からのメンバーであったが、2000年6月にパンクラスを離脱。前田憲作主宰のチームドラゴンへ移籍して、総合格闘技ではリングス、打撃格闘技ではK-1を主戦場に移した。パンクラスではセーム・シュルト、リングスではエメリヤーエンコ・ヒョードル、K-1ではミルコ・クロコップ、キックボクシングではビタリ・クリチコ(後のボクシングWBC世界ヘビー級王者)といった選手との対戦経験を持つ。

しかし、格闘技では目立った結果を出せずに、やがて魔界倶楽部の一員として新日本プロレスに登場。鈴木健想、吉江豊を倒してヤングライオン杯優勝。そして高山善廣が当時保持していたNWF王座に挑戦するも、噛み合わず敗北。それ以降、魔界倶楽部が消滅し、同志の村上和成柴田勝頼が新日本を離脱したことにより孤立。蝶野正洋のBNJ(BLACK NEW JAPAN)に入るも目立った活躍はなし。新日本プロレスのリングで中堅に甘んじていた。

2004年11月7日、古巣パンクラスに4年8か月ぶりに参戦。野地竜太と対戦したが、0-3の判定負けを喫した。

2005年坂口道場にて総合担当コーチに就任。

2006年、それまで続いていた新日本との契約が切れ、完全フリーとなった(それまでも新日本とはワンマッチ単位で契約していたが、事実上新日本の独占契約状態であった。)。

2007年9月26日、K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16のスーパーファイトでキム・ヨンヒョンと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2009年8月23日、約4年8か月ぶりの総合格闘技ルールでの試合となったDEEP 43 IMPACTでベルナール・アッカと対戦し、開始7秒右ハイキックによるKO負けを喫した[2]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
58 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
24 4 15 5 0 9 0
25 6 5 14 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× イ・ドゥルヒ 5分2R終了 判定0-3 DEEP&CMA大感謝祭! 2009年11月10日
× ベルナール・アッカ 1R 0:07 KO(右ハイキック) DEEP 43 IMPACT 2009年8月23日
× 野地竜太 5分3R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年11月7日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 5分3R終了 判定0-3 リングス WORLD TITLE SERIES
【無差別級王座決定トーナメント 1回戦】
2001年10月20日
× ボビー・ホフマン 5分2R終了 判定0-3 リングス WORLD TITLE SERIES 2001年4月20日
坂田亘 2R(10分/5分)終了 判定2-1 リングス KING OF KINGS 2000 GRAND FINAL 2001年2月24日
× イブラヒム・マゴメドフ 3分4R終了 判定2-0 サムライ2000【サムライルール】 2000年10月22日
× ランディ・クートゥア 5分2R終了 判定0-2 リングス KING OF KINGS 2000 Aブロック【2回戦】 2000年10月9日
ボリス・ジュリアスコフ 1R 3:45 アンクルホールド リングス KING OF KINGS 2000 Aブロック【1回戦】 2000年10月9日
× 菊田早苗 15分終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年2月27日
× ボブ・スタインズ 1:53 TKO(グラウンドパンチ) パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【パンクラチオンマッチ】
1999年11月28日
小路晃 15分終了 ドロー パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【パンクラチオンマッチ】
1999年9月18日
× リオン・ダイク 12:48 TKO(左目尻カット) パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年8月1日
伊藤崇文 10分+延長3分終了 判定1-0 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年6月11日
× ジェイソン・デルーシア 15分終了 判定0-2 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年5月23日
山田学 15分終了 判定1-0 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年3月9日
長谷川悟史 10分+延長3分終了 判定1-0 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年2月11日
× エヴァン・タナー 2:24 肩固め パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年12月19日
窪田幸生 2:35 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年11月29日
× ガイ・メッツァー 30分終了 判定(ポイント0-2) パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
1998年9月14日
近藤有己 20分終了 判定0-0 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【タイトルマッチ次期挑戦者決定戦】
1998年7月26日
山宮恵一郎 10分+延長3分終了 判定0-1 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年6月21日
オマー・ブイシェ 2:35 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年5月12日
ジェイソン・デルーシア 12:44 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年4月26日
× ガイ・メッツァー 20分終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年3月18日
山宮恵一郎 10分終了 判定0-0 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年2月6日
ジェイソン・ゴドシー 1R 3:14 KO(膝蹴り) パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年1月16日
ジョン・ローバー 0:55 TKO(ドクターストップ:アンクルホールド) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年12月20日
レス・ジョンストン 8:35 レッグスプリット パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年6月18日
ポール・ヴァレランス 15分終了 判定(ポイント4-1) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年4月27日
山宮恵一郎 10分終了 判定(ポイント1-0) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年3月22日
ポール・レイゼンビー 12:39 TKO(ポイントアウト) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年2月22日
キム・ジョンワン 1:47 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年1月17日
ジャック・マクグローリン 0:51 リバースバイパーホールド パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年12月15日
伊藤崇文 10分終了 判定0-0 パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年10月22日
セーム・シュルト 0:51 アンクルホールド パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年10月8日
× ガイ・メッツァー 20分終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年9月7日
× 高橋義生 15分終了 判定(ポイント0-1) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年7月22日
冨宅飛駈 15分終了 判定(ポイント2-0) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年6月25日
オレッグ・タクタロフ 15分終了 判定(ポイント1-0) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年5月16日
× ガイ・メッツァー 12:21 KO パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH(NIGHT TIME)
【ランキングトーナメント 決勝】
1996年4月7日
ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 12:47 アンクルホールド パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH(DAY TIME)
【ランキングトーナメント 準決勝】
1996年4月7日
ラリー・パパドポロス 3:21 アンクルホールド パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH(DAY TIME)
【ランキングトーナメント 1回戦】
1996年4月7日
× フランク・シャムロック 20分終了 判定(ポイント0-3) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年3月2日
× 船木誠勝 8:42 TKO(レフェリーストップ) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年1月28日
× バス・ルッテン 27:35 チョークスリーパー パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年12月14日
ガイ・メッツァー 10分終了 判定0-0 パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年11月4日
× ジェイソン・デルーシア 2:25 三角絞め パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年9月1日
× 伊藤崇文 30分終了 判定0-2 パンクラス 1995 EYES OF BEAST
【ネオブラッドトーナメント 決勝】
1995年7月23日
グレゴリー・スミット 7:30 チョークスリーパー パンクラス 1995 EYES OF BEAST
【ネオブラッドトーナメント 準決勝】
1995年7月23日
クリストファー・デウィーバー 3:38 アームロック パンクラス 1995 EYES OF BEAST
【ネオブラッドトーナメント 1回戦】
1995年7月22日
× ケン・シャムロック 7:30 ヒールホールド パンクラス 1994 PANCRASH! 1994年4月21日
トッド・ビョーナサン 7:12 ヒールホールド パンクラス 1994 PANCRASH! 1994年3月12日
ジェームス・マシューズ 2:58 腕ひしぎ十字固め パンクラス 1994 PANCRASH! 1994年1月19日
ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 8:55 TKO(ポイントアウト) パンクラス 1993 YES, WE ARE HYBRID WRESTLERS 1993年12月8日
アンドレ・フォン・デ・ウットラー 15:51 ヒールホールド パンクラス 1993 YES, WE ARE HYBRID WRESTLERS 1993年11月8日
× 船木誠勝 1:35 膝十字固め パンクラス 1993 YES, WE ARE HYBRID WRESTLERS 1993年10月14日
× バス・ルッテン 0:43 KO パンクラス 1993 YES, WE ARE HYBRID WRESTLERS 1993年9月21日

キックボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× キム・ヨンヒョン 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16 2007年9月29日
× ハリッド"ディ・ファウスト" 3R終了時 TKO(ドクターストップ、鼻骨骨折) K-1 SURVIVAL 2002 ~富山初上陸~ 2002年6月2日
× ミルコ・クロコップ 1R 2:44 TKO(左目まぶたカット) K-1 RISING 2002 ~静岡初上陸~ 2002年1月27日
× 富平辰文 延長R終了時 TKO(タオル投入) K-1 SURVIVAL 2001 ~JAPAN GP 開幕戦~
【JAPAN GP 1回戦】
2001年6月24日
角田信朗 3R終了 判定0-0 K-1 RISING 2001 ~四国初上陸~ 2001年1月30日
園田隆 4R 3:00 TKO Wolf Revolution Second Wave 2001年1月12日
× 武蔵 3R終了 判定0-3 K-1 SPIRITS 2000
【K-1 JAPAN GP 2000 準々決勝】
2000年7月7日
エドワード・サーストン 1R 2:04 KO 全日本キックボクシング連盟「KICK OVER-VIII」 1997年7月25日
× ビタリ・クリチコ 2分5R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「EVOLUTION STEP-8」 1993年11月27日
この戦績は未完です。

エキシビション 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ミノワマン 2R 1:27 アキレス腱固め マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「J-1 time ~signal of start~」
【総合エキシビションマッチ】
2011年7月24日

脚注 編集

  1. 格闘技通信 1993年2月23日号 4-7頁
  2. 【DEEP】長南が国内復帰戦を勝利で飾る、今成は防衛成功、大塚が新王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年8月23日

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は柳澤龍志にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki