FANDOM


弘中 邦佳
本名 弘中 邦佳
通称 逆輸入メジャーリーガー
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1976年6月17日(41歳)
出身地 山口県
身長 176cm
体重 76kg
リーチ
階級 ウェルター級ライト級
スタイル 柔道ブラジリアン柔術
所属 SSSアカデミー
アカデミア・アーザ
マスタージャパン
テーマ曲 Perere (Ivete Sangalo)

弘中 邦佳(ひろなか くによし、1976年6月17日 - )は、日本総合格闘家山口県出身。柔道二段、ブラジリアン柔術黒帯。マスタージャパン代表。

自衛隊仕込みの足腰の強さと、柔道、柔術仕込みの極めの強さを持つ。UFCにレギュラー参戦したことから、DREAMでは「逆輸入メジャーリーガー」、「逆輸入グラップリングマスター」等というキャッチフレーズが付けられている。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

10歳で柔道を始め、鹿屋体育大学卒業後、社会人柔道を経験した。

2001年7月29日、第1回東日本アマチュア修斗選手権のミドル級トーナメントに出場。決勝で菊地昭に判定負けし、準優勝となった。同年9月24日、第8回全日本アマチュア修斗選手権のミドル級トーナメントに出場。またもや決勝で菊地に敗退し、準優勝となった[1]

2001年10月23日、修斗でプロデビュー。

2002年11月15日、修斗で徳岡靖之に判定勝ちし、ミドル級新人王を獲得した。

2003年2月6日、修斗のメインイベントでジョン・レンケンと対戦予定であったが、レンケンが前日計量で76kg契約を4kgオーバーし、当日体調不良を原因に試合がキャンセルされた[2]

2004年11月28日、COPA reversal 2004で青木真也と柔術マッチで対戦し、跳びつき腕ひしぎ十字固めで一本負け。フィニッシュの腕ひしぎ十字固めで肘を脱臼した。

2005年11月6日、因縁の青木と修斗で再戦するも、青木に下からの三角絞めで固められ、青木の鉄槌で左眉付近をカットし、TKO負けを喫した。

2006年4月21日、Rumble on the RockBJペンの柔術の師匠ヘナート・ヴェリッシモと対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた。

2006年5月26日、グラップリング大会「LA SUB X」でジャン・ジャック・マチャドと対戦し、ポイント判定勝ち。日本人として初めてジャン・ジャック・マチャドから勝利を挙げた。

2006年10月14日、UFC初参戦となったUFC 64ジョン・フィッチと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2007年4月5日、UFC Fight Night 9フォレスト・ペッツと対戦し、3-0の判定勝ち。UFC2戦目での初勝利となった。

2007年9月19日、UFC Fight Night 11チアゴ・アウベスと対戦し、TKO負けを喫した。

2008年4月19日、UFC 83ジョナサン・グレと対戦し、TKO負け。この試合はファイト・オブ・ザ・ナイトに選ばれたが、この敗戦によりUFC2連敗となり、UFCからリリースされた(UFC通算戦績1勝3敗)。

2008年7月21日、DREAM初参戦となったDREAM.5宮澤元樹と対戦し、左瞼カットによるTKO勝ちを収めた。

2008年8月3日、和術慧舟會山口支部主催「グラップリングトーナメント2008 強者III」85kg以下級および無差別級に出場し、どちらも優勝を果たした。

2008年9月23日、DREAM.6に連続参戦し、憧れの選手であったという桜井"マッハ"速人と対戦するも、0-3の判定負けを喫した。

2009年4月25日、CAGE FORCE 10のメインイベントでマーカス・ドナヒューとの対戦が決まっていたが、ドナヒューが規定体重をクリアできなかったため試合は中止となり、失格勝ちとなった[3]。ライト級への階級変更のため、17kgの減量を行っていた。

2009年5月24日、ZST初参戦となったZST.20で小谷直之と対戦し、変形ネックロックによる一本勝ちを収めた。

2009年9月、自らが代表を務めるジム「MMAスタジオ MASTER JAPAN」がオープン。

2009年9月12日、CAGE FORCEのライト級王座決定戦で児山佳宏と対戦し、左フックでKO勝ちし王座を獲得した。この試合より所属先がマスタージャパンとなった。

2009年10月25日、1年1か月ぶりのDREAM参戦となったDREAM.12パーキーと対戦。1R終了時にパーキーが左目の視界不良を訴えタオルを投入し、TKO勝ちとなった。

2010年2月13日、初参戦となったシュートボクシング黒木信一郎と対戦し、KO勝ちを収めた。

2010年3月22日、DREAM.13菊野克紀と対戦し、右フックによるKO負けを喫した。

2010年10月3日、初参戦となったパンクラスのメインイベントで北岡悟と対戦し、フロントチョークによる一本負けを喫した[4]

2010年11月21日、地元・山口県で開催されたDEMOLITION WEST II in YAMAGUCHIのメインイベントで西方清信と対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収めた[5]

2011年2月19日、2度目の参戦となったシュートボクシング「SHOOT BOXING 2011 act.1 -SB166-」で元プロボクシング日本ミドル級王者鈴木悟と対戦し、1Rに右フックで2度目のダウンを奪われたところでレフェリーストップによるTKO負けを喫した[6]

2011年4月29日、5年5か月ぶりの参戦となった修斗で中蔵隆志と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[7]

2011年7月18日、修斗世界ウェルター級チャンピオン決定戦で朴光哲と対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座を獲得した[8]

戦績 編集

プロ総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
28 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 6 6 7 1 0 0
8 5 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
朴光哲 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTOR'S LEGACY 03
【修斗世界ウェルター級チャンピオン決定戦】
2011年7月18日
中蔵隆志 5分3R終了 判定3-0 修斗 修斗伝承 2011 2011年4月29日
西方清信 1R 1:52 チョークスリーパー DEMOLITION WEST II in YAMAGUCHI 2010年11月21日
× 北岡悟 2R 4:22 フロントチョーク パンクラス PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年10月3日
× 菊野克紀 1R 1:26 KO(右フック) DREAM.13 2010年3月22日
パーキー 1R終了時 TKO(タオル投入:左目負傷) DREAM.12 2009年10月25日
児山佳宏 1R 4:27 KO(左フック) CAGE FORCE
【CAGE FORCEライト級王座決定戦】
2009年9月12日
永田克彦 1R 3:41 TKO(パウンド) CAGE FORCE 2009年6月27日
小谷直之 2R 1:43 変形ネックロック ZST.20 2009年5月24日
マーカス・ドナヒュー 失格(計量オーバー) CAGE FORCE 10 2009年4月25日
× 桜井"マッハ"速人 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 2008年9月23日
宮澤元樹 1R 8:57 TKO(左瞼カット) DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 2008年7月21日
× ジョナサン・グレ 2R 2:07 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 83: Serra vs. St-Pierre 2 2008年4月19日
× チアゴ・アウベス 2R 4:04 TKO(膝蹴り) UFC Fight Night 11 2007年9月19日
フォレスト・ペッツ 3R終了 判定3-0 UFC Fight Night 9 2007年4月5日
× ジョン・フィッチ 3R終了 判定0-3 UFC 64: Unstoppable 2006年10月14日
ヘナート・ヴェリッシモ 2R 3:03 TKO(パウンド) Rumble on the Rock 9 2006年4月21日
ライアン・シュルツ 2R 1:40 腕ひしぎ十字固め MARS in 有明 2006年2月4日
和田拓也 1R 4:29 三角絞め D.O.G IV 2005年12月11日
× 青木真也 1R 2:10 TKO(左眉カット) 修斗 2005年11月6日
ラミュナス・コマス 5分2R終了 判定 修斗リトアニア 2004年11月20日
マーク・モレノ 1R 2:50 ネッククランク SuperBrawl 29 2003年5月9日
ニック・ディアス 5分3R終了 判定2-1 修斗 2002年12月4日
徳岡靖之 5分2R終了 判定3-0 修斗
【新人王トーナメント ミドル級 決勝】
2002年11月15日
楠勇次 2R 3:47 TKO(左眼負傷) 修斗 SHOOTO GIG EAST 10
【新人王トーナメント ミドル級 準決勝】
2002年8月27日
× 原弘文 1R 4:34 TKO(パンチ) 修斗 SHOOTO GIG EAST 09 2002年5月28日
中山徹 1R 3:10 三角絞め 修斗 TREASURE HUNT 02 2002年3月13日
大河内貴之 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG EAST 2001-06 2001年10月23日

グラップリング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× マルコス・ソウザ ポイント4-10 大阪夏の陣 '06 2006年6月4日
ジャン・ジャック・マチャド ポイント3-0 LA SUB X 2006年5月26日
時任拓磨 8分終了 ポイント Ground Impact 05 2004年9月19日
杉江"アマゾン"大輔 8分終了 ポイント5-0 Ground Impact 03 2004年3月7日
和田拓也 5分2R終了 判定40-40 The CONTENDERS 8 INFINITY 2003年5月25日

柔術 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 青木真也 3:17 跳びつき腕ひしぎ十字固め COPA reversal 2004 ~FESTA DO JIU-JITSU~ 2004年11月28日

シュートボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 鈴木悟 1R 1:55 TKO(右フック) SHOOT BOXING 2011 act.1 -SB166- 2011年2月19日
黒木信一郎 2R 2:24 KO(3ダウン:パンチ連打) SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 開幕戦 維新-ISHIN- 其の壱 2010年2月13日

アマチュア総合格闘技 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 菊地昭 3分2R終了 判定41-44 第8回全日本アマチュア修斗選手権【ミドル級 決勝】 2001年9月24日
岡田廣明 4分1R終了 判定22-19 第8回全日本アマチュア修斗選手権【ミドル級 準決勝】 2001年9月24日
カール・タイラー 4分1R終了 判定27-13 第8回全日本アマチュア修斗選手権【ミドル級 2回戦】 2001年9月24日
ティモシー・ジャマティー 3:48 ヒールホールド 第8回全日本アマチュア修斗選手権【ミドル級 1回戦】 2001年9月24日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

空位
前タイトル獲得者
廣田瑞人
第3代CAGE FORCEライト級王者

2009年9月12日 - 現在

次王者
 
空位
前タイトル獲得者
ヴィラミー・シケリム
第11代修斗世界ウェルター級王者

2011年7月18日 - 現在

次王者
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は弘中邦佳にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki