FANDOM


市井 舞
本名 市井 舞
通称 舞コロ
トラブルメーカー
爆弾プロレスラー
性別 女性
国籍 日本
誕生日 1980年3月21日(37歳)
出身地 埼玉県上尾市
身長 158cm
体重 52kg
リーチ
階級
スタイル プロレス
所属 フリー

市井 舞(いちい まい、1980年3月21日 - )は、日本プロレスラー総合格闘家埼玉県上尾市出身。

獲得タイトル 編集

  • 初代UKF女子総合格闘技インターコンチネンタル王座
  • 第12代インターナショナル・リボンタッグ王座

来歴 編集

2004年4月10日、NEO女子プロレスさくらえみ戦でデビュー。2005年春日萌花と『舞組』なるユニットを結成し世界征服を目指す。ユニットはその後早乙女未来も加わり3人となった。2006年4月22日に市井がサイン会をドタキャンする事件が発生。これをきっかけに1週間後に『舞組』の活動停止が発表され、のちに市井の移籍および早乙女の引退とともに舞組は事実上の解散となった。4月から6月まで格闘美の「LEAGUE PRINCESS」に参戦、2勝3敗の成績でAブロック3位となった。

我闘姑娘を率いるさくらえみとの不仲が伝えられ、2006年7月30日の新木場1stRING大会を最後に遂に我闘姑娘を退団、伊藤薫プロレス教室(伊藤道場)に移籍。「追い出されるようにして我闘姑娘を出たが伊藤さんに拾ってもらった」とは本人の談。9月23日に移籍第1戦を行なった。2008年2月にはさくらえみが主催するアイスリボンに参戦したが、引退した石井美紀との同期という間柄からである。常々、伊藤道場を世界一にすると公言していたが、2008年9月4日、伊藤道場リレーブログなどで伊藤道場退団が伝えられた。

格闘技志向が強く、2006年11月29日のスマックガール総合格闘技に初挑戦するも、2年半ぶりの試合となった藤野恵実に0-3の判定負け。2008年1月19日、初代UKF女子総合格闘技インターコンチネンタル王者決定戦では関友紀子にTKO勝ちを収め初代王者となった。同年3月9日、沖縄で開催された「かきだみし8」でさくら子(真樹ジムオキナワ)と対戦し、0-2の判定負け。5月19日、DEEP初参戦となった「DEEP 35 IMPACT」でDEEP女子フライ級王者しなしさとこと対戦し、2-0の判定勝ち。試合決定の発表が直前の5月9日で、しかも試合数日前に点滴を打つほどの体調不良に陥ったにもかかわらず、大金星を挙げた。

2009年8月21日、アイスリボン預かりとなることが発表され、8月23日後楽園大会より、伊藤道場退団以降中断していたプロレス活動を再開。

2010年3月19日、JEWELS初参戦となった「JEWELS 7th RING」で長野美香と対戦し、0-3の判定負けを喫した[1]

2010年5月23日、「JEWELS 8th RING」のメインイベントで石岡沙織と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した[2]

2010年7月31日、「JEWELS 9th RING」のJEWELS初代ライト級女王決定トーナメント1回戦でハム・ソヒと対戦し、0-3の判定負けを喫した[3]

2010年8月29日、「Girls S-cup 2010」のリザーブマッチで山田純琴と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[4]

2010年9月23日、アイスリボン後楽園大会でGENTAROと組み、都宮ちい木高イサミの持つインターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦し、勝利。王座を獲得するが、2日後の9月25日、アイスリボン道場大会でさくらえみ高橋奈苗組との初防衛戦に敗れ王座から陥落した。

2010年10月10日、「JEWELS 10th RING」のROUGH STONE GP 2010 -52kg級 準決勝で吉田実代と対戦し、3-0の判定勝ち。JEWELS4戦目での初勝利となった[5]

2010年12月17日、「JEWELS 11th RING」のROUGH STONE GP 2010 -52kg級 決勝で北村ヒロコと対戦し、0-3の判定負けを喫した[6]

2010年12月29日の道場大会を最後にアイスリボンを退団。フリーとなる。

2011年4月28日、「Beginning」での華名戦を最後に引退。同時に結婚を発表した。

得意技 編集

  • 彗星キック
ムーンサルトプレスのように相手に背を向けてコーナーに立ち、振り向きつつダイブして相手に延髄斬り。
  • 二段蹴り
  • 三角跳びプランチャ
  • (≧∇≦)/

所属 編集

入場テーマ曲 編集

  • 『FLY HIGH』(THE MAD CAPSULE MARKETS)

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
9 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
4 1 1 2 0 0 0
5 0 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 北村ヒロコ 5分2R終了 判定0-3 JEWELS 11th RING
【ROUGH STONE GP 2010 -52kg級 決勝】
2010年12月17日
吉田実代 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 10th RING
【ROUGH STONE GP 2010 -52kg級 準決勝】
2010年10月10日
× ハム・ソヒ 5分2R終了 判定0-3 JEWELS 9th RING
【JEWELS初代ライト級女王決定トーナメント 1回戦】
2010年7月31日
× 石岡沙織 2R 2:41 腕ひしぎ十字固め JEWELS 8th RING 2010年5月23日
× 長野美香 5分2R終了 判定0-3 JEWELS 7th RING 2010年3月19日
渡辺愛望 1R 0:25 フロントチョークスリーパー 激闘! 平成の四角いジャングル
【UKF女子総合格闘技インターコンチネンタルタイトルマッチ】
2008年11月2日
しなしさとこ 5分2R終了 判定2-0 DEEP 35 IMPACT 2008年5月19日
関友紀子 2R 3:14 TKO(レフェリーストップ) 四角い戦場 ~強兵(つわもの)達の主張~
【UKF女子総合格闘技インターコンチネンタルタイトルマッチ】
2008年1月19日
× 藤野恵実 5分2R終了 判定0-3 SMACKGIRL 2006 ~極女伝説~ 2006年11月29日

キックボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
山田純琴 3R終了 判定2-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2010
【Girls S-cup 2010 リザーブマッチ】
2010年8月29日
トモコSP 3分3R終了 判定3-0 M-1フレッシュマンズ 2009年3月1日
☆MIKA☆ 2分3R終了 判定0-1 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「BREAK THROUGH-8 ~突破口~」
2008年12月21日
× 風香 2分3R+延長R終了 判定0-3 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2008 2008年11月24日
× さくら子 2分3R終了 判定0-2 かきだみし8 ~琉球ムエタイ王国、発進!~ 2007年3月9日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は市井舞にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki