FANDOM


山田 よう子
本名 山田 洋子
通称 剛腕
性別 女性
国籍 日本
誕生日 1979年5月25日(38歳)
出身地 東京都
身長 155cm
体重 43kg
リーチ
階級
スタイル アームレスリング
所属 日本アームレスリング連盟
PUREBRED
テーマ曲 「We Will Rock You」(Queen)

山田 よう子(やまだ ようこ、1979年5月25日 - )は、日本のアームレスラー、総合格闘家プロレスラー。本名は山田 洋子(読み同じ)。東京都出身。PUREBREDエスオベーション所属。

南田洋子の従兄弟の娘。

来歴 編集

本業のアームレスリング2002年から2010年まで全日本アームレスリング選手権大会の50kg級でレフトハンド9連覇中、2003年からはライトハンドでも8連覇中。また、2005年12月の第27回WAF世界アームレスリング選手権大会では、45kg級ライトハンドで日本人女性で史上初の世界王者となった。

総合格闘技ではPUREBRED所属の「大和魂」ことエンセン井上に師事。デビューは2003年4月2日のスマックガール・六本木ヴェルファーレ大会での対坂口一美戦だったが、開始ゴング前の坂口の奇襲に怒った山田が、坂口をフロントチョークで絞め落とすと、試合後は坂口のセコンド相手に乱闘寸前になるという試合だった。その後も、持ち前の腕力とパワーで無傷の3連勝を飾ったが、2006年8月19日のレッスルエキスポ2006村浪真穂戦で初黒星。その後、2008年6月15日の対ナナチャンチン戦(開始1分でKO勝利)まで2年近く、総合格闘技から離れていた。

レッスルエキスポの2か月前の7月2日、「レディゴン祭り」で元気美佐恵相手にプロレスデビュー。2008年に入り、1月27日に「息吹」に初参戦し吉田万里子と対戦。その後も息吹に継続参戦し、2月17日付でエスオベーション所属となった。

2009年12月11日、JEWELS初参戦となったJEWELS 6th RINGMIYOKOと対戦し、1年ぶりの総合復帰戦となったが3-0の判定勝ちを収めた[1]

2011年8月19日、シュートボクシング初参戦となったGirls S-cup 2011MIOと対戦。レフェリーのブレイクを無視するなど2枚のレッドカードが提示され、反則負けとなった[2]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
7 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 1 4 1 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
MIYOKO 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 6th RING 2009年12月11日
ナナチャンチン 1R 1:00 KO(右ストレート) DEEP GLOVE 2 2008年6月15日
× 村浪真穂 1R 1:14 腕ひしぎ十字固め レッスルエキスポ2006 夏のお台場・女子格闘技物語
【レッスルエキスポ特別ルール】
2006年8月19日
安才梓 1R 0:10 腕ひしぎ十字固め G-SHOOTO JAPAN 05 2006年5月6日
笠木悠子 1R 4:37 フロントチョーク G-SHOOTO Plus 05 2006年2月24日
大貫はるか 1R 4:12 チョークスリーパー SMACKGIRL 2005 ~Dynamic!!~
【オープニングファイト】
2005年8月17日
坂口一美 1R 1:09 フロントチョーク SMACKGIRL Third Season-II 2003年4月2日

シュートボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× MIO 1R 1:52 反則(レッドカード2枚) SHOOT BOXING GIRLS TOURNAMENT Girls S-cup 2011 ~日本予選~ 2011年8月19日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は山田よう子にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki