FANDOM


小路 晃
本名 小路 晃
通称 最後の日本男児
ミスターPRIDE
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1974年1月31日(43歳)
出身地 富山県魚津市
身長 172cm
体重 90kg
リーチ
階級
スタイル 柔道
所属 和術慧舟會
→フリー
SMASH

小路 晃(しょうじ あきら、1974年1月31日 - )は、日本の総合格闘家、プロレスラー。富山県魚津市出身。

ニックネームは、「最後の日本男児」。PRIDEには23回出場し、最初の大会PRIDE.1と最後の大会PRIDE.34にも出場するなど、「ミスターPRIDE」とも呼ばれた。

来歴 編集

小学生から柔道を始め、富山第一高校時代は村上一成と同級生となり同じ柔道部に所属。高校卒業後はプロレスラーになることを夢見ていたが、柔道推薦で中京大学に入学。全日本学生体重別選手権でベスト8に進出。

大学時代に知り合った青柳政司に薦められ、1995年に新東京プロレス青森大会で覆面レスラー「誠軍団1号」としてプロレスデビュー。

その後、村上の勧誘で和術慧舟會へ入門。1996年11月、骨法 vs 和術慧舟會の対抗戦で骨法のエース大原学と対戦。ペドロ・オタービオとの対戦経験もある大原有利と思われたが、予想を覆し一方的に攻め込んでのドロー(判定なし)。

1997年7月27日に開催された「トーナメント・オブ・J」では、リングス参戦経験のある辻嘉一に判定負けを喫した。

1997年10月11日、「PRIDE.1」に参戦、圧倒的不利と予想されていたヘンゾ・グレイシーを相手にドローに持ち込み、試合後のリング上で「何がグレイシーじゃあ!何が日本最弱じゃあ!」と絶叫した。1998年10月11日、「PRIDE.4」ではヴァリッジ・イズマイウにTKO勝ち。1999年7月4日、「PRIDE.6」ではガイ・メッツァーに2-1の判定勝ちを収めた。

2000年のPRIDEグランプリでは開幕戦でエベンゼール・フォンテス・ブラガに2-0の判定勝ち、2回戦では優勝したマーク・コールマンに0-3の判定負けを喫したものの、体格差に気後れすることもなく果敢に戦い、「ミスターPRIDE」と称えられた。

2000年12月のヒカルド・アルメイダ戦から黒星が続くようになる。

2001年4月18日、和術慧舟會を離脱し、代表を務めていた「和術慧舟會A-3ジム」も後輩に譲った。フリーとなり一時はプロレス参戦が実現寸前まで至った。

2002年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに拠点を移し、マット・ヒュームの主宰するAMCパンクレイションで練習を行なうようになった。

2003年12月31日の「PRIDE 男祭り 2003」でのムリーロ・ニンジャ戦を最後にナンバーシリーズで試合は組まれず、階級を落として臨んだPRIDE武士道でも連敗が続いた。2005年4月3日の「PRIDE 武士道 -其の六-」では、ディーン・リスターに一本負けを喫した。

2005年12月3日、イギリスで開催された「Cage Rage 14」に参戦。マーク・ウィアーと対戦し、開始17秒、KO負けを喫した。

2006年2月5日、DEEP初参戦となった「DEEP 23 IMPACT」で三崎和雄と対戦し、フロントチョークによる失神一本負けを喫した。

2006年8月4日、アメリカ合衆国カリフォルニア州で開催された「King of the Cage」でトッド・メディーナと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2006年10月28日、「King of the Cage: All Stars」でケイシー・ウスコーラに2R左フックでKO負けを喫した。

2007年4月8日、「PRIDE.34」でギルバート・アイブルと対戦。およそ2年ぶりのPRIDE参戦であったが、パウンドによりTKO負けを喫した。この試合は、内臓疾患のため欠場となったヴォルク・アターエフの代理出場となった。

2007年11月9日にオープンしたジム「A・E FACTORY」の組み技担当コーチに就任。

2009年5月26日、「DREAM.9」でジャッジを務めた。

2008年7月27日よりハッスル参戦。高田延彦推薦枠として「ハッスルGP2008」に出場した。「ハッスルGP2008」1回戦で小倉優子が招聘した「こ・り・た・ん」(・はハートマーク)と戦う予定だったが突如、乱入したゼウスにフライパンで殴られて失神した。そのため、次の8月21日に2回戦進出決定戦でゼウスと戦うが敗れた。その後、高田モンスター軍に加入し、昇格した特命係長 島田工作員(旧・二等兵)から新人ということもあり、『小路二等兵』と命名された。9月17日の3対1のハンデ戦(相手・天龍源一郎)でハッスル初勝利を飾った。

2009年4月、パンチザドCのと自分との扱いに憤りを感じ、坂田亘と試合で負けた後、特命係長 島田工作員の制裁に怒り、払い腰で高田モンスター軍を脱退宣言し、高田総統が最後のチャンスの意味で、6月25日の試合で坂田亘、アンジョー司令長官と3WAYマッチの試合を組んだが、試合中の島田工作員の制裁に怒り、坂田亘と一緒にアンジョー司令長官を攻撃し、決別逆十字で勝利。

6月27日の桐生大会で、坂田亘とタッグを組み、レイ大原、アンジョー司令長官と対戦し、レイ大原に払い腰の大技(黒部の太陽)で勝利し、元の小路晃の名で初勝利を飾った。

2010年、プロレス団体「SMASH」に入団。

2011年1月、同月限りでプロレスラーとしての活動を停止し、総合格闘技に復帰することを宣言した[1]

2011年2月25日、「DEEP 52 IMPACT」のリング上で4月22日の「DEEP 53 IMPACT」において三崎和雄と引退試合を行なうことを発表した[2]

2011年4月22日、「DEEP 53 IMPACT ~小路晃引退興行~」のメインイベントで三崎和雄と5年2か月ぶりに対戦し、パウンドによるTKO負け。試合後には引退セレモニーが行なわれた[3]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 2 5 7 0 5 0
17 8 3 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 三崎和雄 2R 1:13 TKO(パウンド) DEEP 53 IMPACT ~小路晃引退興行~ 2011年4月22日
× ギルバート・アイブル 1R 3:46 TKO(パウンド) PRIDE.34 2007年4月8日
カルロス・トヨタ 5分2R終了 判定2-0 club DEEP 富山 -野蛮人祭り5- 2006年11月19日
× ケイシー・ウスコーラ 2R 2:23 KO(左フック) King of the Cage: All Stars 2006年10月28日
トッド・メディーナ 5分3R終了 判定3-0 King of the Cage: Rapid Fire 2006年8月4日
× 三崎和雄 1R 2:32 フロントチョーク DEEP 23 IMPACT 2006年2月5日
× マーク・ウィアー 1R 0:17 KO(ハイキック) Cage Rage 14: Punishment 2005年12月3日
× ディーン・リスター 1R 3:13 三角絞め PRIDE 武士道 -其の六- 2005年4月3日
× パウロ・フィリォ 2R(10分/5分)終了 判定1-2 PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
玉海力 1R 0:18 KO(パウンド) PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日
× ムリーロ・ニンジャ 1R 2:41 KO(膝蹴り) PRIDE 男祭り 2003 2003年12月31日
× マウリシオ・ショーグン 1R 3:47 KO(左ストレート→踏みつけ) PRIDE 武士道 2003年10月5日
ダスティン・デニス 5分3R終了 判定3-0 Absolute Fighting Championships 4 2003年7月19日
アレックス・スティーブリング 3R(10分/5分/5分)終了 判定2-1 PRIDE.25 2003年3月16日
× パウロ・フィリォ 1R 2:48 腕ひしぎ十字固め PRIDE.22 2002年9月29日
デイブ・ロバーツ 2R 4:46 腕ひしぎ十字固め King of the Cage 13: Revolution 2002年5月17日
× ジェレミー・ホーン 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.18 2001年12月23日
× セーム・シュルト 1R 8:19 TKO(打撃連打) PRIDE.16 2001年9月24日
× ダン・ヘンダーソン 3R 3:18 TKO(膝蹴り) PRIDE.14 2001年5月27日
× ヒカルド・アルメイダ 10分2R終了 判定0-4 PRIDE.12 2000年12月23日
ヘルマン・レンティング 1R 3:48 腕ひしぎ十字固め PRIDE.11 2000年10月31日
ジョン・レンケン 1R 6:44 腕ひしぎ十字固め PRIDE.9 2000年6月4日
× マーク・コールマン 15分1R終了 判定0-3 PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦
【2回戦】
2000年5月21日
エベンゼール・フォンテス・ブラガ 15分1R終了 判定2-0 PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦
【1回戦】
2000年1月30日
柳澤龍志 15分1R終了 時間切れ パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【パンクラチオンマッチ】
1999年9月18日
ラリー・パーカー 10分2R+延長5分1R終了 判定3-0 PRIDE.7 1999年9月12日
ガイ・メッツァー 10分2R+延長5分1R終了 判定2-1 PRIDE.6 1999年7月4日
× イゴール・ボブチャンチン 10分2R終了 判定0-5 PRIDE.5 1999年4月29日
ヴァリッジ・イズマイウ 2R 1:26 TKO(スタンドでのパンチ) PRIDE.4 1998年10月11日
アドリアーノ・デ・スーザ 5分3R終了 ドロー G.C.M. 出島バーリトゥード 1998年8月29日
松井大二郎 10分3R終了 ドロー PRIDE.3 1998年6月24日
ジュアン・モット 1R 3:47 チョークスリーパー PRIDE.2 1998年3月15日
ヘンゾ・グレイシー 10分3R終了 ドロー PRIDE.1 1997年10月11日
× 辻嘉一 5分+延長3分終了 判定0-3 ザ・トーナメント・オブ・J '97【ヘビー級トーナメント 1回戦】 1997年7月27日
フィダル・セラディラ 1R 2:16 TKO(パウンド) エクストリームチャレンジ 1997年5月28日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は小路晃にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki