FANDOM


小森 亮介
本名 小森 亮介
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1986年1月1日(31歳)
出身地 千葉県
身長 168cm
体重 60kg
リーチ
階級 バンタム級
スタイル 柔道
所属 吉田道場

小森 亮介(こもり りょうすけ、1986年1月1日 - )は、日本総合格闘家千葉県出身。吉田道場所属。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

日本体育大学まで柔道を経験し、大学中退後に吉田道場へ入門し総合格闘技を始めた。

2008年12月28日、「DEEPフューチャーキングトーナメント2008」バンタム級に出場。2回戦を腕ひしぎ十字固め、準決勝をヒールホールド、決勝を下からの変形スリーパーホールド(自身は「電撃ネットワーク」と命名)と3試合すべてで1R開始1分以内に一本勝ちして優勝を果たした[1]

2009年3月14日、「club DEEP TOKYO」で岡元飛竜と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2009年6月、戦極G!杯バンタム級に出場。準決勝で竹中慎と対戦し、ヒールホールドで一本勝ち[2]。8月2日、「戦極 ~第九陣~」のオープニングファイトとして行なわれた決勝で沼尻健に左フックでKO勝ちを収め、戦極G!杯バンタム級優勝を果たした。9月23日、「戦極 ~第十陣~」のオープニングファイトで行なわれた「戦極G!杯 日韓対抗戦」でソ・ジェヒョンに0-3の判定負けを喫した。

2009年11月23日、ZST初参戦となった「ZST.22 ~旗揚げ7周年記念大会~」で和田竜光とタッグを組み、杉田一朗&清水俊一と対戦。清水がリングに上がることなく、和田が杉田からKO勝ちを収めた[3]

2010年4月25日、「吉田秀彦引退興行 ~ASTRA~」で村田卓実と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010年6月6日、「DEEP CAGE IMPACT 2010 in OSAKA」で吉武伸洋と対戦し、開始24秒ヒールホールドで一本勝ちを収めた。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
9 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 1 4 0 0 0 0
4 0 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 赤尾セイジ 5分2R終了 判定0-3 DEEP 49 IMPACT 2010年8月27日
吉武伸洋 1R 0:24 ヒールホールド DEEP CAGE IMPACT 2010 in OSAKA 2010年6月6日
× 村田卓実 5分2R終了 判定0-3 吉田秀彦引退興行 ~ASTRA~ 2010年4月25日
× ソ・ジェヒョン 5分2R終了 判定0-3 戦極 ~第十陣~
【戦極G!杯 3vs3日韓対抗戦 バンタム級】
2009年9月23日
沼尻健 1R 3:25 TKO(左フック) 戦極 ~第九陣~
【戦極G!杯 バンタム級 決勝】
2009年8月2日
× 岡元飛竜 5分2R終了 判定0-3 club DEEP TOKYO in 1st RING 2009年3月14日
上嶋佑紀 1R 0:47 変形スリーパーホールド DEEPフューチャーキングトーナメント2008【バンタム級 決勝】 2008年12月28日
小林博幸 1R 0:53 ヒールホールド DEEPフューチャーキングトーナメント2008【バンタム級 準決勝】 2008年12月28日
板谷一樹 1R 0:31 腕ひしぎ十字固め DEEPフューチャーキングトーナメント2008【バンタム級 2回戦】 2008年12月28日

非公式戦 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
竹中慎 1R 2:06 ヒールホールド 【戦極G!杯 バンタム級 準決勝】 2009年6月

タッグマッチ 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
杉田一朗&清水俊一
(パートナー:和田竜光
1R 1:50 KO(パンチ連打)
(和田→杉田)
ZST.22 ~旗揚げ7周年記念大会~ 2009年11月23日

アマチュア総合格闘技 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
渡邊政樹 0:42 チョークスリーパー DEEP GLOVE アマチュア大会 2008年9月20日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki