FANDOM


増田 博正
本名 増田 博正
通称 キックの鉄人
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1973年1月5日(44歳)
出身地 東京都
身長 170cm
体重 67kg
リーチ
階級 ライト級(WPMF
スタイル キックボクシング
所属 スクランブル渋谷ジム
テーマ曲 「晴伝説」 湘南乃風

増田 博正(ますだ ひろまさ、1973年1月5日 - )は、日本キックボクサー東京都出身。スクランブル渋谷ジム所属。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

1999年6月1日、全日本フェザー級王座決定トーナメント準決勝で立嶋篤史に判定勝ち。7月13日の全日本フェザー級王座決定戦で藤武蔵に左ハイキックでKO勝ちし王座を獲得した。1999年11月22日、全日本キックボクシング連盟「WAVE-VIII」で佐久間晋也と対戦予定であったが、佐久間の引退により試合が消滅した。

2000年3月、全日本キックボクシング連盟フェザー級王座を返上した[1]。2000年7月31日、初代J-NETWORKフェザー級王座決定戦でアラビアン・ハセガワと対戦し、2-1の判定勝ちで初代王者となった。

2003年11月23日、全日本ライト級王座挑戦者決定戦で藤牧孝仁と対戦し、5R終了時点では0-0の判定ドローとなるも、延長R終了時には1-2の判定負けで大月晴明への王座挑戦権獲得ならず(公式記録はドロー)[2]

2006年7月23日、全日本ライト級王者サトルヴァシコバに挑戦。TKO勝ちで王座を獲得し、2階級制覇に成功した[3]

2009年3月1日、東京・ディファ有明で行なわれた「M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ 2009 Yod Nak Suu vol.1」のWPMF世界ライト級王座決定戦でデッートサムット・チョールークサムット(タイ王国/元王者)と対戦した。3Rまでは1-1のドローだったが、4R終了時にポイントが逆転し、優勢のまま判定勝ちした。なお、試合はWPMFルールに則って各ラウンド終了後にポイントが読み上げられ、ラウンド間のインターバルは2分取られた[4]

2009年8月2日に京王プラザホテル八王子で行なわれたDEEK総合企画主催の「八王子格闘祭り ~ムエタイの壁~」に参戦。ユン・ハジン(韓国/ 挑戦者)を相手に自身の持つWPMF王座の防衛戦を行ない、5R3-0の判定勝ちで防衛に成功した。最大で5点差がつき、増田の圧勝だった[5]

2010年1月23日、REBELS旗揚げ戦のメインイベントでコントラノン・エクシンデコンと対戦し、左ローキックでTKO勝ちを収めた。当初はコンタノン・エクシンデコンと対戦予定であったが、交通事故による欠場で対戦相手が変更された[6]

2010年6月6日、WPMF世界ライト級タイトルマッチでカノンスック・ウィラサクレックと対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した[7]

2010年8月21日、中国・海南島で開催された興行「龍行天下」のWBCムエタイ世界暫定ライト級王者決定戦でジャルンチャイ・ウッドドニムアンと対戦し、1-2の判定負けで王座獲得はならなかった[8]

2011年7月18日、11か月ぶりの復帰戦となったREBELS.8でヨーゲンチャイ・エスジムと対戦し、1-1の判定ドローとなった[9]

戦績 編集

プロキックボクシング 編集

キックボクシング 戦績
45試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
2712 5 0
134 9 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ヨーゲンチャイ・エスジム 5R終了 判定1-1 REBELS.8 2011年7月18日
× ジャルンチャイ・ウッドドニムアン 5R終了 判定1-2 龍行天下
【WBCムエタイ世界暫定ライト級王者決定戦】
2010年8月21日
× カノンスック・ウィラサクレック 5R終了 判定0-3 M-1 RAJA BOXING SINGHA BEER ムエタイチャレンジ「NAI KANOMTOM vol.2」
【WPMF世界ライト級タイトルマッチ】
2010年6月6日
コントラノン・エクシンデコン 3R 0:57 TKO(レフェリーストップ:左ローキック) REBELS 2010年1月23日
ユン・ハジン 5R終了 判定3-0 八王子格闘祭り ~ムエタイの壁~
【WPMF世界ライト級タイトルマッチ】
2009年8月2日
デッートサムット・チョールークサムット 5R終了 判定3-0 M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ 2009「Yod Nak Suu vol.1」
【WPMF世界ライト級王座決定戦】
2009年3月1日
× トゥワントーン・ソー・プンパンムアン 5R終了 判定1-2 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ
「Legend of elbows 2008 ~JAO SUU~」
2008年11月9日
グーピー・ウォー・スティラー 5R終了 判定2-1 ジャパン・ムエタイ・センター「RIDE ON TIME」 2008年5月6日
× エブゲニー・キヒル 5R終了 判定1-2 WORLD CHAMPIONSHIOP MUAYTHAI
【WBCムエタイインターコンチネンタルスーパーフェザー級王者決定戦】
2007年9月8日
大月晴明 5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「Departure ~野良犬FINAL~」 2007年3月9日
× チューティン・シットクヴォンイム 3R終了 判定0-2 全日本キックボクシング連盟「Solid Fist」 2006年11月12日
サトルヴァシコバ 3R 2:13 TKO(カット) 全日本キックボクシング連盟「Spear of Destiny」
【全日本ライト級タイトルマッチ】
2006年7月23日
海戸淳 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟「CROSS OVER」 2006年5月14日
× 吉本光志 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「Fight Must Go On」
【全日本ライト級王座決定トーナメント 準決勝】
2005年11月12日
× リアム・ハリソン 2R 2:09 KO(左フック) 全日本キックボクシング連盟「SUPER FIGHT ~日本VS世界・5対5マッチ~」 2005年7月24日
島野智広 3R+延長R終了 判定2-1 全日本キックボクシング連盟「STRAIGHT」 2005年5月15日
三原日出男 3R終了 判定3-0 FUTURE FIGHTER IKUSA 6 ~宙(SORA)~GANGSTAR☆Z@Velfarre 2004年11月28日
ダーキー・ムアンウボン 3R+延長R終了 判定2-1 J-NETWORK「Kick Squad 5」 2004年9月14日
× 山本真弘 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント2004 1st STAGE」
【1回戦】
2004年3月13日
藤牧孝仁 3R終了 判定0-0
(延長R終了 判定1-2)
全日本キックボクシング連盟「SCRAMBLE」
【全日本ライト級王座挑戦者決定戦】
2003年11月23日
× リアム・ハリソン 3R 2:55 KO(3ダウン:左フック) 全日本キックボクシング連盟「KICK OUT」 2003年7月20日
前田尚紀 1R 0:19 KO(左フック) 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント」
2003年3月8日
サイナムノーイ・シッバイペチ 5R終了 判定1-0 J-NETWORK「The Magnificient 5」 2002年12月1日
山田健博 4R 1:29 KO(左ローキック) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「SPIRIT」 2002年9月28日
ノッパガオ・ソーワンチャー 5R終了 判定1-1 J-NETWORK「J-BLOODS-III」 2002年7月12日
× 大月晴明 1R 0:53 KO(右ミドルキック) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「KING COMBAT-2002 - KICK BOXING 60kg TOURNAMENT 日本最強決定戦」
【1回戦】
2002年3月30日
× テワリットノイ・SKVジム 3R 1:56 TKO J-NETWORK「THE CRUSADE-4」 2001年11月21日
ファイティング前沢 3R 1:59 TKO(ドクターストップ) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「ODYSSEY-4」 2001年9月29日
ソンハーン・ナチャイ 5R終了 判定0-1 J-NETWORK「THE CRUSADE-II」 2001年7月17日
チャンプアン・サクシープン 5R終了 判定 タイ・オムノーイスタジアム 2001年5月26日
リティチャイ・パヤナン 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「THE CRUSADE -聖戦-」 2001年3月23日
グライガンワーン・オースイプロワーイ 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「SHANGURILA-FIN」 2000年12月25日
アラビアン・ハセガワ 5R終了 判定2-1 J-NETWORK「SHANGURILA-2」
【初代J-NETWORKフェザー級王座決定戦】
2000年7月31日
チャイノーイ・オー・プラソップチャイ 2R KO(ローキック) タイ・バンコクBBTVスタジアム 2000年5月28日
ソンポン・ソーチタラダ 5R 2:09 TKO(左ストレート) J-NETWORK「KICK BOXING SHANGURILA-1」 2000年2月4日
ソンチャイ・JMTC 5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「KICK the KICK 1999 Stage III」 1999年10月14日
藤武蔵 4R 0:12 KO(左ハイキック) 全日本キックボクシング連盟「WAVE-IV」
【全日本フェザー級王座決定戦】
1999年7月13日
立嶋篤史 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「KICK the KICK」
【全日本フェザー級王座決定トーナメント 準決勝】
1999年6月1日
遠藤慎介 1R 3:04 KO(右フック) J-NETWORK「KICK the KICK 1998 FINAL」 1998年12月22日
× 梅下湧暉 5R終了 判定0-2 J-NETWORK「KICK the KICK 1998 STAGE-4」 1998年9月26日
川村幸生 判定2-0 J-NETWORK「KICK the KICK 1998 STAGE-1」 1998年2月28日
× バンラントン・ルークボライ 5R終了 判定1-2 J-NETWORK 旗揚げ戦 1997年12月21日
横山潔昌 1R TKO 全日本キックボクシング連盟「KICK OVER-VIII」 1997年7月25日
杉内勝 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「KICK SPIRITS-X」 1996年12月15日
この戦績は未完です。

エキシビションマッチ 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
小比類巻貴之 2分2R FUTURE FIGHTER IKUSA 5 ~乱~ MONKEYMAGIC 2004年1月24日
山口元気 2分2R J-NETWORK「MAKING THE ROAD-5」 2001年10月14日
アノラック・ゲニワット 3分1R J-NETWORK「大江戸十番勝負」 2000年11月19日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

初代
 
初代J-NETWORKフェザー級王者

2000年7月31日 - 2003年

空位
次タイトル獲得者
砂田将祈
前王者
佐久間晋哉
第18代全日本キックボクシング連盟フェザー級王者

1999年7月13日 - 2000年3月(返上)

空位
次タイトル獲得者
杉上直之
前王者
サトルヴァシコバ
第17代全日本キックボクシング連盟ライト級王者

2006年7月23日 - 2008年3月(返上)

空位
次タイトル獲得者
遠藤智史
前王者
 
WPMFライト級王者

2009年3月1日 - 2010年6月6日

次王者
カノンスック・ウィラサクレック

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は増田博正にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki