FANDOM


吉本 光志
本名 吉本 光志
通称 黒豹
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1980年2月6日(37歳)
出身地 東京都
身長 171cm
体重 65kg
リーチ
階級 ライト級
スタイル キックボクシング
所属 アクティブJ
→AJジム
→team B.p.LEGEND
→ヌンサヤームジム

吉本 光志(よしもと こうじ、1980年2月6日 - )は、日本キックボクサー総合格闘家東京都出身。ヌンサヤームジム所属。

獲得タイトル 編集

  • IKMF東洋ライト級王座
  • 初代RISE 65kg級王座

来歴 編集

2000年7月31日、アクティブJ所属としてJ-NETWORKでプロキックボクシングデビュー。

2003年、AJジムに移籍。6月20日、全日本キックボクシング連盟移籍初戦で関博司に判定勝ちを収めた。

2003年11月23日、小林聡と対戦。2Rに2度のダウンを奪われるも、最後まで諦めず打撃戦を展開し、僅差(27-28、27-28、27-29)の判定負けとなった。

2005年9月24日、韓国・城南市で開催されたIKMF(国際格闘技武道連盟)東洋ライト級初代王者決定戦でチョン・ヒョソンと対戦し、KO勝ちで王座を獲得した。

2006年から、パンクラス道場やAJジムで総合格闘技の練習を開始。7月28日、初参戦となったパンクラスで裕希斗と対戦し、判定ドロー。

2007年3月25日、第13回ネオブラッド・トーナメントのフェザー級に出場。1回戦で田中康友に判定勝ちを収めた。

2007年5月6日、ネオブラッド・トーナメント準決勝で長谷川孝司と対戦。打撃技で主導権を握るも、膝蹴りが下腹部に入り、長谷川がドクターストップとなり反則負け。しかし、両者の強い希望により5月30日に再戦が行なわれ、左ストレートでTKO勝ちを収め、決勝進出を決めた。7月27日に決勝で宮城友一と対戦予定であったが、宮城が引退したため不戦勝となり優勝を決めた。表彰式では前田吉朗へ対戦要求し、HERO'S参戦もアピールした[1]

2007年11月11日、CAGE FORCE初参戦となったCAGE FORCE EX -eastern bound-孫煌進と対戦。打撃技の応酬となったが、判定勝ちを収めた。

2008年9月19日、全日本キックボクシング連盟でM-1フェザー級王者カノンスック・ウィラサクレックに判定勝ちを収めた。

2008年12月23日、KING OF KINGS TOUITSU in KOBEで行なわれたTOUITSU ライト級初代王者決定トーナメントに出場。1回戦で赤十字竜に判定勝ちするも、準決勝で黒田アキヒロに判定負けを喫した。

2009年8月の全日本キックボクシング連盟解散・AJジム閉鎖に伴い、team B.p.LEGEND所属となった。

2009年10月4日、RISE 59で行なわれた初代RISE 65kg級王者決定戦 準決勝で昇侍に3-0の判定勝ち[2]。11月22日、RISE 60で行なわれた初代RISE 65kg級王者決定戦で菅原勇介に3-0の判定勝ち。初代RISE 65kg級王者となった[3]

2010年4月7日、RISE 63で巨輝と対戦し、1-2の判定負け。この試合より所属がヌンサヤームジムとなった[4]

2010年7月31日、RISE 68でTURBΦと対戦し、右ショートストレートでKO勝ちを収めた[5]

2010年10月3日、RISE 71で行なわれた初代RISEライト級王者決定戦・準決勝で渡辺理想と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[6]

2010年12月19日、RISE 73Rで行なわれた初代RISEライト級王者決定戦で裕樹と対戦し、左ローキックによるKO負けで王座獲得ならず[7]

2011年2月27日、RISE 74で行なわれたRISEスーパーライト級(-65.0kg)タイトルマッチで菅原勇介と対戦し、判定0-0の引き分けとなり初防衛に成功した[8]

2011年6月25日、K-1初参戦となったK-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINALのリザーブファイトで麻原将平と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[9]

戦績 編集

キックボクシング 編集

キックボクシング 戦績
38試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
223 19 0 3 0
136 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
麻原将平 3R+延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【-63kg Japan Tournament FINAL 第2リザーブファイト】
2011年6月25日
菅原勇介 5R終了 判定0-0 RISE 74
【RISEスーパーライト級タイトルマッチ】
2011年2月27日
× 裕樹 2R 2:09 KO(左ローキック) RISE 73R
【初代RISEライト級王者決定戦】
2010年12月19日
渡辺理想 3R終了 判定2-0 RISE 71
【初代RISEライト級王者決定戦 準決勝】
2010年10月3日
TURBΦ 2R 2:54 KO(右ストレート) RISE 68 2010年7月31日
× 巨輝 3R+延長R終了 判定1-2 RISE 63 2010年4月7日
菅原勇介 5R+延長R終了 判定3-0 RISE 60
【初代RISE 65kg級王者決定戦】
2009年11月22日
昇侍 3R終了 判定3-0 RISE 59
【初代RISE 65kg級王者決定戦 準決勝】
2009年10月4日
大石駿介 3R+延長R終了 判定3-0 Krushライト級グランプリ2009 ~開幕戦 Round.2~【スーパーファイト】 2009年8月14日
× 山本佑機 延長R 0:43 TKO(ドクターストップ:左目尻カット) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「BREAK THROUGH-11 ~突破口~」
2009年6月14日
× 黒田アキヒロ 3R+延長終了 判定1-2 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU ライト級初代王者決定トーナメント 準決勝】
2008年12月23日
赤十字竜 3R+延長終了 判定3-0 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU ライト級初代王者決定トーナメント 1回戦】
2008年12月23日
カノンスック・ウィラサクレック 5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟
「SWORD FIGHT 2008 ~日本vsタイ・5対5マッチ」
2008年9月19日
梶原龍児 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟
「CUB☆KIX ~全日本キックvsチームドラゴン・10vs10 全面対抗戦~」
2008年5月31日
三上洋一郎 3R 1:11 KO(膝蹴り) 全日本キックボクシング連盟「Kick On!」 2008年3月20日
島野智広 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟
「CUB☆KICK'S 3days 1st - AJ NIGHT ~Tradition~」
2006年10月7日
× サトルヴァシコバ 2R 2:30 KO(左フック) 全日本キックボクシング連盟「New Year Kick Festival 2006」
【全日本ライト級王座決定戦】
2006年1月4日
増田博正 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「Fight Must Go On」
【全日本ライト級王座決定トーナメント 準決勝】
2005年11月12日
チョン・ヒョソン 4R 1:47 KO(3ノックダウン:ローキック) 国際格闘技武道連盟
【IKMF東洋ライト級初代王者決定戦】
2005年9月24日
× 木村允 3R終了 判定0-3 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「東金ジム27周年記念大会 DETERMINATION(決心)5th ~戦場の狼~」
2005年6月24日
キム・パンスー 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟「RUSH!」 2005年3月18日
× サトルヴァシコバ 2R 0:31 KO(左フック) 全日本キックボクシング連盟「The Championship」
【全日本ライト級王座決定トーナメント 準決勝】
2004年11月19日
× ムラッド・ティアルティ 1R 1:44 TKO(頭部カット) 全日本キックボクシング連盟「SUPER FIGHT -LIGHTNING-」 2004年8月22日
× アマラ忍 5R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント2004/FINAL STAGE」
【ライト級トーナメント 準決勝】
2004年6月18日
西山誠人 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント2004 2nd.STAGE」
【ライト級トーナメント 2回戦】
2004年4月16日
凱斗亮羽 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント2004 1st.STAGE」
【ライト級トーナメント 1回戦】
2004年3月13日
× 小林聡 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「SCRAMBLE」 2003年11月23日
上杉武信 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「YOUNG GUN」 2003年9月7日
関博司 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「DEAD HEAT」 2003年6月20日
ラスカル・タカ 3R終了 判定3-0 全日本キック vs J-NETWORK「MOVEMENT」 2002年5月30日
中村玄志 3R終了 判定0-0 J-NETWORK「J-BLOODS」 2002年1月20日
× 稲葉潤 2R 3:00 KO(膝蹴り) J-NETWORK「THE CRUSADE-II」 2001年7月17日
リティチャイ・パヤナン 3R終了 判定0-1 J-NETWORK「MAKING THE ROAD III」 2001年5月31日
× 中村玄志 3R終了 判定0-2 J-NETWORK「THE CRUSADE -聖戦-」 2001年3月23日
竹村亮 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「SHANGURILA-FIN」 2000年12月25日
× 泉ユーサク 3R終了 判定0-3 J-NETWORK「大江戸十番勝負」 2000年11月19日
楠本竜生 2分3R終了 判定3-0 J-NETWORK「SHANGURILA-3」 2000年10月17日
内田秀樹 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「SHANGURILA-2」 2000年7月31日

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 1 0 3 1 2 0
1 0 0 0 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
孫煌進 5分2R終了 判定2-0 CAGE FORCE EX -eastern bound- 2007年11月11日
砂辺光久 5分3R終了 判定1-0 パンクラス PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年9月5日
宮城友一 不戦勝 パンクラス PANCRASE 2007 RISING TOUR
【第13回ネオブラッド・トーナメント フェザー級 決勝】
2007年7月27日
長谷川孝司 2R 3:06 TKO(レフェリーストップ:左ストレート) パンクラス PANCRASE 2007 RISING TOUR
【第13回ネオブラッド・トーナメント フェザー級 準決勝・再戦】
2007年5月30日
× 長谷川孝司 2R 3:20 反則(金的攻撃) パンクラス PANCRASE 2007 RISING TOUR
【第13回ネオブラッド・トーナメント フェザー級 準決勝】
2007年5月6日
田中康友 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2007 RISING TOUR
【第13回ネオブラッド・トーナメント フェザー級 1回戦】
2007年3月25日
山澤勇紀 5分2R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年12月2日
裕希斗 5分2R終了 判定0-1 パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年7月28日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

初代
 
初代RISE65kg王者

2009年11月22日 - 現在

次王者
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は吉本光志にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki