FANDOM


修斗(しゅうと、Shooto)は、1984年佐山聡が創始した格闘技。現在では総合格闘技のひとつ。打撃と組み技の高いレベルでの融合を理想とし、これを「打投極(だ、とう、きょく)」と表す。

歴史 編集

修斗の歴史は、1984年に前年、新日本プロレスを退団した元タイガーマスク=佐山聡が自らの格闘技理論の研究、実践のために「タイガージム」(後にスーパータイガージムに改称)を開設したことに始まる。ここでの格闘技は、初期の新格闘技という名称を経てプロレスの隠語である「シュート」から「シューティング」と呼ばれたが、射撃競技との混同を避ける等の理由から、のちに「斗いを修める(たたかいをおさめる)」という意が当てられ修斗という名称となった。

初期には技術の体系化の他、専用のヘッドギアやオープンフィンガーグローブ等の開発が行われた。また、普及や運営に際してスポーツや武道の精神が導入され、特に重要視された。その後、競技人口の増加にともない1987年に修斗協会が設立され、1989年5月18日にプロ第一戦「初代チャンピオンシリーズPART1」が行われた。1996年には修斗コミッションが設立された。

1996年に佐山聡が一切の運営から身を引くものの、この頃から2000年頃までは佐藤ルミナ桜井"マッハ"速人宇野薫らがファッションやサブカルチャーの分野で取り上げられ人気を博した。一方で総合格闘技の隆盛とともに、有力なプロ選手が修斗を採用しない団体へ活動の場を移すことが多くなっていった。この傾向は現在も続いており、タイトルの返上やタイトルマッチの延期など影響が表れている。

現在も修斗の普及は進んでおり、1994年より年1回行われている全日本アマチュア修斗選手権をはじめとして、アマチュアの大会が日本全国各地で行われるようになっている。また、日本国外への普及も進み、各地域で公式な団体による大会が開催されるようになった。2005年に各地区で公式タイトルの運用が始まり、プロ選手が来日することなく実績を上げる例が増えるようになっている。同様にアマチュアの大会も整備が進められ、2006年にはヨーロッパ選手権が開催され、2009年に創立20周年を迎えた。

その一方で、日本修斗協会は今まで「任意団体」として法人格を有しておらず、定款もない組織だったため、朝日昇を中心とした複数ジム代表者からの「運営状況や会計報告などが不透明」「特にアマチュア大会の会計が不透明」「理事による協会の私物化がある」という指摘が噴出。その結果、2010年12月に理事の若林太郎がアマチュア普及委員長を解任になり、今後は過去に遡っての会計作業を行うことを発表した。また、税金を今まで納めていないことにも指摘にあり、税務署などへの税務相談も行っていることの発表があった。今後、組織が正式に法人として設立の運びとなるように作業を行っていくこととなった[1][2]

技術 編集

修斗で用いられる技術は、現在では総合格闘技と同様である。パンチやキックなどの打撃、または関節技、絞め技をもって相手を制するのを狙い、それを行いやすい有利な状態を作り出すためにテイクダウンやポジショニングの技術が用いられる。

試合形式・ルール 編集

国や地域によって異なる場合もあるが、選手の技術レベルや実績によりクラス分けされ、それぞれのクラスにルールや試合形式が設定されている。プロアマ共通の事項として、マウスピースやファウルカップ、オープンフィンガーグローブの着用義務があげられる。ルール面では頭突き、掌底打ち、肘打ち等が反則行為となる。また、選手がダウンした場合はレフェリーが10カウント以内に続行を確認できるまでカウントを行い、その間相手の選手はニュートラルコーナーで待機させられる。このダウンカウント方式はアマチュアでは継続されたが、プロでは2009年から廃止され、打撃のダウン後も試合は続行されるようにルールが変更された。

プロ 編集

試合は全てリングで行われ、1ラウンド5分、ラウンド間に1分のインターバルという形式で行われる。選手は実績によりクラスAとクラスBというカテゴリーに属し、クラスAは3ラウンド、クラスBは2ラウンドで試合が行われる。グラウンド(足の裏以外の部位が継続的に接地している状態)の選手の頭部への蹴り、膝蹴りは反則行為となる。

アマチュア 編集

試合はリングの他、柔道場、円形のマットで行われる。ヘッドギアやレガース等の防具の着用を義務付けられる。グラウンドの選手への打撃は全て反則行為となる。組み技の攻防ではテイクダウンやポジショニング等にポイントが設定されており、ポイントの得点が判定の際の基準となる。主要な大会ではクラスCのルールが採用され、4分1ラウンドまたは3分2ラウンドで試合が行われる。他にも初心者のためのクラスや女子選手のためのクラス等が設定されており、それぞれのクラスにおいて個別のルールが定められている。

修斗グラップリング 編集

一切の打撃を反則とし、組み技のみで行われる修斗。防具やオープンフィンガーグローブは着用しない。4分1ラウンドまたは3分2ラウンドで試合が行われる。一本による勝利の他、一定のポイントを得点するとその時点で勝利となる。プロ選手も大会に参加することができ、近年では修斗グラップリングのみの大会も開催されている。

勝敗 編集

  • 一本(Submission、S) - 関節技や絞め技を極められた選手がタップ、あるいはギブアップした場合。
  • テクニカル一本(Technical Submission、TS) - 関節技や絞め技によるレフェリーストップ。
  • ノックアウト(KnockOut、KO) - ダウンした選手が10カウント以内に試合続行の意思を示せなかった場合。
  • テクニカルノックアウト(Technical KnockOut、TKO) - 打撃や関節技によるレフェリーストップやセコンドのタオル投入があった場合。
  • 判定
  • 反則失格

近年のルール変更 編集

2008年9月1日より、グラウンド状態では後頭部への加撃が禁止となった。また2009年1月1日より、有効な打撃でダウンしても、レフェリーストップが無い場合は試合続行となり、10カウントは廃止された。

階級 編集

プロ、アマチュア同様に以下の階級が体重別に設定されている。

階級名称 体重
スーパーヘビー級 100.0kgから無制限
ヘビー級 100.0kg以下
クルーザー級 91.0kg以下
ライトヘビー級 83.0kg以下
ミドル級 76.0kg以下
ウェルター級 70.0kg以下
ライト級 65.0kg以下
フェザー級 60.0kg以下
バンタム級 56.0kg以下
フライ級 52.0kg以下
ストロー級 48.0kg以下
ミニマム級 44.0kg以下

関連項目 編集

脚注 編集

外部リンク 編集

テンプレート:世界の総合格闘技団体

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は修斗にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki