FANDOM


佐々木 有生
本名 佐々木 有生
通称 GRABAKAの求道者
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1976年9月12日(40歳)
出身地 北海道釧路市
身長 183cm
体重 89kg
リーチ
階級 ライトヘビー級
ミドル級
ウェルター級
スタイル ムエタイ
空手
所属 大道塾
GRABAKA

佐々木 有生(ささき ゆうき、1976年9月12日 - )は、日本総合格闘家北海道釧路市出身。GRABAKA所属。

空手ムエタイで鍛えられた打撃と、GRABAKAで鍛えられた寝技を駆使するオールラウンダー。GRABAKAの創生期を支えたメンバーの1人。

来歴 編集

高校2年生の時に「UFC 1」のホイス・グレイシーの試合を見て格闘家を志す。地元の大道塾に入門し、19歳で単身タイへ渡りムエタイ修行を積んだ。

帰国後、寝技習得のために上京し、格闘技道場で出会った菊田早苗と意気投合。公共の体育館で2人だけで練習するようになり、それが後のGRABAKAの原点となった。

1998年4月10日、初参戦となった修斗で割田康士と対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。同年の7月18日には竹内出に3-0の判定勝ち。その後も修斗で2連勝。

1999年5月27日、修斗で桜井隆多と対戦し、ヒールホールドで一本勝ちを収めた。

2001年からはパンクラスを主戦場とし、2月4日のデビュー戦で渡辺大介に腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。

2001年2月4日、パンクラスで美濃輪育久と対戦。序盤から打撃で美濃輪を苦しめるも、3R開始直後にアンクルホールドで一本負けを喫した。

2001年10月1日、パンクラスでパンクラスismとGRABAKAとの5対5の対抗戦が行なわれる。佐々木は副将として石井大輔と対戦し、強烈な左ハイキックを石井にヒットさせ、そのまま腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。

2002年9月29日、パンクラスにてアレックス・スティーブリングと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2002年12月23日、PRIDE初参戦となった「PRIDE.24」でホドリゴ・グレイシーと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2006年8月17日、UFC初参戦となった「UFC Fight Night 6」にてディーン・リスターと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2007年11月16日、Strikeforceのミドル級トーナメント1回戦でジョルジ・サンチアゴと対戦予定であったが、MRI検査で異常が発見され、カリフォルニア州アスレチックコミッションからライセンスが発行されず欠場となった。

2008年5月18日、戦極初参戦となった「戦極 ~第二陣~」でジョルジ・サンチアゴと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。

2008年9月28日、「戦極 ~第五陣~」のミドル級グランプリ1回戦で近藤有己と対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収めた。

2009年10月17日、フィンランドで開催されたFight Festival 26でショーン・サーモンと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010年2月25日、「Bitetti Combat 6」でパウロ・フィリォと対戦予定であったが[1]、フィリォの欠場により試合が消滅した[2]。12月4日、「Bitetti Combat 8」で改めてフィリォと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010年12月30日、「戦極 Soul of Fight」でマメッド・ハリドヴと対戦し、パウンドによるTKO負けを喫した[3]

2011年10月15日、GRABAKA自主興行「GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK」のセミファイナルで門馬秀貴と対戦し、3-0の判定勝ち。2008年9月28日以来、3年ぶりの勝利となり、連敗は5でストップした[4]。この試合から階級をウェルター級に落とした。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
43 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 2 14 7 0 1 0
19 4 4 11 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
門馬秀貴 5分3R終了 判定3-0 GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK 2011年10月15日
× マメッド・ハリドヴ 1R 2:22 TKO(パウンド) 戦極 Soul of Fight 2010年12月30日
× パウロ・フィリォ 5分3R終了 判定0-3 Bitetti Combat 8: 100 Years of Corinthians 2010年12月4日
× ザビアー・ルーカス 5R KO(パンチ) Xtreme MMA 3 2010年11月5日
× ショーン・サーモン 5分3R終了 判定0-3 Fight Festival 26 2009年10月17日
× 中村和裕 3R終了 判定0-3 戦極 ~第六陣~
【ミドル級グランプリシリーズ2008 準決勝】
2008年11月1日
近藤有己 2R 1:08 チョークスリーパー 戦極 ~第五陣~
【ミドル級グランプリシリーズ2008 1回戦】
2008年9月28日
× ジョルジ・サンチアゴ 3R 2:10 腕ひしぎ十字固め 戦極 ~第二陣~ 2008年5月18日
ソ・ボグック 1R 1:46 腕ひしぎ十字固め DEEP GLOVE 2007年7月26日
× ディーン・リスター 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night 6 2006年8月17日
ポール・テイラー 1R 腕ひしぎ十字固め Pain and Glory 2006 2006年5月6日
× レオナルド・ルシオ・ナシメント 1R 2:23 スピニングチョーク World Cage Fighting Championships: No Guts No Glory
【準決勝】
2006年3月18日
ロドニー・ファベイラス 1R 4:40 腕ひしぎ十字固め World Cage Fighting Championships: No Guts No Glory
【1回戦】
2006年3月18日
タカ・クノウ 1R 2:20 KO(右ストレート) DEEP 22nd IMPACT 2005年12月2日
× グスタボ・シム 5分3R終了 判定0-2 パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年3月6日
白井祐矢 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年11月26日
バック・メリディス 2R 3:13 三角絞め パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年9月24日
× ファービオ・レオポルド 5分3R終了 判定0-2 パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年7月25日
内藤征弥 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年5月28日
× デビッド・テレル 2R 0:15 KO(左ストレート) パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年12月21日
ヒース・シムズ 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年8月31日
× 渡辺大介 1R 4:18 KO(右ストレート) パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年6月22日
× ヒカルド・アルメイダ 5分3R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年4月12日
× ホドリゴ・グレイシー 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.24 2002年12月23日
× 美濃輪育久 5分3R終了 判定0-2 パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年11月30日
アレックス・スティーブリング 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年9月29日
ジョン・グローバー 2R 1:19 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年5月28日
グスタボ・シム 5分3R終了 判定0-1 DEEP2001 4th IMPACT in NAGOYA 2002年3月30日
KEI山宮 1R 4:29 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年1月27日
渋谷修身 3R 3:42 腕ひしぎ三角固め パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年12月1日
石井大輔 1R 3:01 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年10月30日
ジェイソン・デルーシア 2R 3:05 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年7月29日
× 美濃輪育久 3R 0:25 トウホールド パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年5月13日
渡辺大介 1R 4:12 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年2月4日
× マルタイン・デ・ヨング 1R 0:40 三角絞め 修斗 R.E.A.D. 2000年11月12日
× 須田匡昇 5分3R終了 判定0-3 修斗 R.E.A.D. 2000年4月2日
ロナルド・ジューン 3R 2:20 腕ひしぎ三角固め 修斗 R.E.A.D. 2000年1月14日
× ラリー・パパドポロス 5分3R終了 判定0-3 III 修斗 the Renaxis 1999 1999年7月16日
桜井隆多 1R 2:00 ヒールホールド 修斗 下北沢修斗劇場 第3弾 Shooter's Passion 1999年5月27日
草柳和宏 1R 0:46 TKO(パンチ連打) 修斗 Las Grandes Viajes 6 1998年11月27日
鶴巻伸洋 5分2R終了 判定3-0 修斗 下北沢修斗劇場 第1弾 Shooter's Dream 1998年9月18日
竹内出 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG '98 2nd 1998年7月18日
割田康士 1R 1:19 ヒールホールド 修斗 SHOOTO GIG '98 1998年4月10日

キャッチレスリング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
大石幸史 5分1R終了 判定0-0 パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR
【キャッチレスリングルール】
2002年8月25日

脚注 編集

  1. Sasaki, Not Sakuraba, for Filho SHERDOG 2010年2月11日
  2. 地球の裏から グラバカ佐々木のブログ 2010年2月28日
  3. 【SRC戦極】12・30日沖発がフェザー級王座獲得!交流戦はSRCが勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月30日
  4. 【GRABAKA】菊田早苗、因縁の相手・山本喧一に完勝!ボビーはミノワマンと引き分ける 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年10月15日

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は佐々木有生にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki