FANDOM


中尾"KISS"芳広
本名 中尾 芳広
通称 KISS
セクシャルビーストNO.1
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1972年6月25日(45歳)
出身地 東京都
身長 180cm
体重 98kg
リーチ
階級 ヘビー級
スタイル レスリング
所属 フリー
→TEAM TACKLER
テーマ曲 Shangri-La
(電気グルーヴ)

中尾"KISS"芳広(なかお"キス"よしひろ、1972年6月25日 - )は、日本総合格闘家、元レスリング選手。東京都出身。TEAM TACKLER所属。

来歴 編集

東京工業高校、東洋大学卒業後、陸上自衛官として自衛隊体育学校に在籍し、レスリングフリースタイルの選手として活躍。国内では数々の優勝実績を残し、アテネオリンピックのレスリング代表の有力候補であった。だが2003年末にオリンピック出場を断念、格闘家に転向した。

総合格闘技デビューとなった2003年12月31日のK-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!では、バルセロナオリンピック柔道95kg級金メダリストであるダビド・ハハレイシビリと対戦し、パウンドによりタップアウト勝ちを収めた。

2004年5月22日、K-1 ROMANEXドン・フライと対戦するも、偶然のバッティングによるフライの出血によって無効試合となった。その後大晦日のK-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!で再戦し、判定勝ちを収めた。

2005年6月14日、K-1ルール初挑戦。K-1 WORLD GP 2005 in HIROSHIMAで開催されたJAPAN GPの1回戦でボブ・サップとK-1ルールで対戦し、判定負けを喫した。

2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!ヒース・ヒーリングと対戦。試合前のリング中央での睨み合いの最中に、中尾はヒーリングの唇にキスをしてしまう。これによって激怒したヒーリングから右フックをまともに顎に受け失神。試合続行不可能となり、担架で控室へ運ばれた。裁定はヒーリングの反則負けであったが、その後K-1イベントプロデューサー谷川貞治が「過剰な挑発をした中尾選手にも非がある」とし、無効試合に改められた。

中尾は過度のダメージのせいで病院のベッドで年越しを迎えるハメになったが、病院のベッドで中尾が見た初夢はまたもや「ヒーリングにキスをした」夢であった。ヒーリングへの復讐に燃えており、「KO勝ちした後で、ダウンしているヒーリングにキスをすることが目標だ。」と週刊誌の取材に答えた。だが、2006年3月に再戦のオファーがあるも断った。

2006年6月、PRIDEへの電撃参戦を表明。このころから中尾は「キス魔」「バイセクシュアル」のキャラクターを前面に出すようになり、移籍直後の会見でも対戦相手についてニヤリと笑いながら「カッコいい男がいい」とコメント。DSE榊原信行社長もこれを受けて「いい男を用意するように言われた。またキスがしたくなる様なイケメン選手を用意したい」と返し、日本人選手である中村和裕を対戦相手に指名した。また中尾は前述の「キス騒動」を受けて、リングネームを中尾"KISS"芳広と改名した。なお、中尾の同性愛的言動はキャラクターであり、実際にゲイというわけではない。

2006年7月1日、PRIDEデビューとなったPRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUNDのワンマッチでイ・ウンスと対戦し、膝蹴りで左目下を負傷させTKO勝ちを収めた。

2006年9月10日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦のワンマッチで中村和裕と対戦。両者が噛み合わず全く盛り上がらない試合となり、判定0-3で敗北し会場からブーイングを浴びた。さらに、試合後の高田延彦に「最低とは言わないが、あのような試合を見なければならないハメになってしまったことは課題と受け止めて、今後に向けてはしっかり修正していきたい」と苦言を呈された。

2007年4月8日、PRIDE.34エジソン・ドラゴと対戦。1R終盤、袈裟固めからの絞めで一本勝ちを収めた。

2008年5月18日、戦極初参戦となった戦極 ~第二陣~BIG・ジム・ヨークと対戦。2R右フックでダウンを奪いパウンドで追撃しTKO勝ち。


2009年1月4日、戦極の乱2009アントニオ・シウバと対戦し、左膝の痛みを訴え座り込みレフェリーストップによるTKO負け。試合後、左足の内側・外側靭帯損傷であることが判明。また。2008年12月22日に結婚していたことを発表した[1]


2010年3月7日、SRC12戦闘竜と対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた。

2010年12月30日、戦極 Soul of Fightデイブ・ハーマンと対戦し、0-3の判定負けを喫した[2]

人物 編集

  • 以前は、エドワード・エルガー「威風堂々」を入場曲に使用していた。SRC12から自身のリングネームである「キス」という歌詞が多用されている電気グルーヴ「Shangri-La」に変更している。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 3 3 3 0 0 2
3 1 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× デイブ・ハーマン 5分3R終了 判定0-3 戦極 Soul of Fight 2010年12月30日
戦闘竜 2R 3:27 TKO(パウンド) SRC12 2010年3月7日
チェ・ムベ 5分3R終了 判定3-0 戦極 ~第九陣~ 2009年8月2日
× アントニオ・シウバ 1R 1:42 TKO(レフェリーストップ:左膝負傷) 戦極の乱2009 2009年1月4日
BIG・ジム・ヨーク 2R 0:46 TKO(パウンド) 戦極 ~第二陣~ 2008年5月18日
エジソン・ドラゴ 1R 9:15 袈裟固め PRIDE.34 2007年4月8日
× 中村和裕 3R終了 判定0-3 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦 2006年9月10日
イ・ウンス 1R 4:16 TKO(左目下の負傷) PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND 2006年7月1日
ヒース・ヒーリング 無効試合(両者の反則) K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!! 2005年12月31日
ファイ・ファラモエ 1R 2:35 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2005
~ミドル級世界最強王者決定トーナメント 準決勝~
2005年9月7日
ドン・フライ 3R終了 判定3-0 K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!! 2004年12月31日
ウェズリー"キャベージ"コレイラ 3R終了 判定2-1 Rumble on the Rock 6 2004年11月20日
ドン・フライ 無効試合(フライの負傷) K-1 ROMANEX 2004年5月22日
ダビド・ハハレイシビリ 2R 1:13 タップアウト(パウンド) K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!! 2003年12月31日

K-1 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ボブ・サップ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2005 in HIROSHIMA
【JAPAN GP 1回戦】
2005年6月14日

主な獲得タイトル 編集

  • 天皇杯全日本選手権 フリースタイル 97kg級 優勝(2001年)
  • 明治乳業カップ全日本選抜選手権 フリースタイル 97kg級 優勝(2002年)
  • 天皇杯全日本選手権 フリースタイル 97kg級 優勝(2002年)
  • 明治乳業カップ全日本選抜選手権 フリースタイル 96kg級 優勝(2003年)

脚注 編集

  1. 戦極の乱2009 第3試合 スポーツナビ 2009年1月4日
  2. 【SRC戦極】12・30日沖発がフェザー級王座獲得!交流戦はSRCが勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月30日

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は中尾芳広にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki