FANDOM


ヴィトー・ベウフォート
本名 ヴィトール・ヴィエイラ・ベウフォルト
(Vítor Vieira Belfort)
通称 ザ・フェノム(The Phenom)
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1977年4月1日(40歳)
出身地 リオデジャネイロ州
身長 182cm
体重 84kg
リーチ 188cm
階級 ライトヘビー級ミドル級
スタイル ブラジリアン柔術
ボクシング
所属 ブラジリアン・トップチーム
ブラック・ハウス
エクストリーム・クートゥア

ヴィトー・ベウフォートVítor Belfort1977年4月1日 - )は、ブラジルの総合格闘家。リオデジャネイロ州出身。エクストリーム・クートゥア所属。

日本では「ビクトー」の表記が通名となっており、ビクトー・ベウフォートと表記されることが多い。

バックボーンはブラジリアン柔術だが、オリンピック代表候補になったほどのボクシングテクニックも併せ持つ。ブラジリアン柔術・アブダビコンバット・総合格闘技に加え、プロボクシングの試合にも出場している。

ダニエル・グレイシーは従兄弟にあたる。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

1997年2月7日、UFC初参戦となった「UFC 12」で行なわれたヘビー級トーナメントで2試合を勝ち抜き、優勝。19歳10か月で優勝し、The Phenom(天才)のニックネームで呼ばれることとなった。

1998年10月16日、「UFC Brazil」でヴァンダレイ・シウバと対戦し、開始44秒、パンチの連打によるKO勝ちを収めた。

1999年4月29日、PRIDE初参戦となった「PRIDE.5」で桜庭和志と対戦し、0-4の判定負け。しかし、その後ギルバート・アイブルヒース・ヒーリングといった選手に勝利した。

2001年、それまで所属していたブラジリアン・トップチームを金銭関係のトラブルで離脱した[1]

PRIDE参戦後、再びUFCに参戦し、2004年1月31日の「UFC 46」でランディ・クートゥアにTKO勝ちしUFC世界ライトヘビー級王者となったが、続く8月21日の「UFC 49」でクートゥアと対戦し、TKO負けを喫し王座から陥落。2005年2月5日の「UFC 51」ではティト・オーティズに1-2の判定負けを喫し、2連敗によりUFCからリリースされた。

2005年4月23日、UFC代表(DSEはそう主張しているが、既にUFCとの契約は切れていた)として「PRIDE GP 2005」にエントリー。かつてシウバに黒星をつけたこともあり注目されたが、アリスター・オーフレイムにフロントチョークで一本負けし、1回戦で敗退。

2006年4月11日、プロボクシングデビューを果たし、KO勝ちを収めた。

2006年10月21日、アメリカで開催された「PRIDE.32」でダン・ヘンダーソンと対戦し、0-3の判定負け。試合後の薬物検査で陽性となり、9か月の出場停止と1万ドルの罰金を受けた。

2007年初め、トレーニング中に左手を骨折。4月21日の「Cage Rage 21」ではアイヴァン・セラティと対戦し、パウンドでTKO勝ちしたものの、骨折していた左手を再び骨折してしまった。

2007年9月22日、「Cage Rage 23」でジェームス・ジキックとのライトヘビー級タイトルマッチで3-0の判定勝ちを収め、第5代Cage Rage世界ライトヘビー級王者となった。骨折した状態で試合を行っていたため、10月に骨折を治すための手術を行なった。

2008年7月19日、Affliction旗揚げ戦「Affliction: Banned」に出場し、テリー・マーティンと対戦し、2ラウンドに左ストレートでKO勝ち[2]。第2回大会「Affliction: Day of Reckoning」ではマット・リンドランドにパウンドでKO勝ちし2連勝を果たした[3]

2009年8月1日に開催予定であった「Affliction: Trilogy」に出場予定であったが、大会中止となったため、7月31日にUFCとの再々契約が発表された。9月19日、「UFC 103」でリッチ・フランクリンと対戦し、TKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[4]

2011年2月5日、「UFC 126」でアンデウソン・シウバの持つUFC世界ミドル級王座に挑戦するも、1R中盤に左前蹴りでダウンを奪われ追撃のパウンドでTKO負けを喫した[5]

2011年8月6日、「UFC 133」のセミファイナルで秋山成勲と対戦し、パウンドによる失神TKO勝ちを収めノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[6]

2012年1月14日、母国・ブラジルで開催された「UFC 142」のセミファイナルでアンソニー・ジョンソンと対戦し、チョークスリーパーによる一本勝ち。ミドル級(185ポンド)契約であったが、ジョンソンが計量を大幅にオーバーし、197ポンドのキャッチウェイトバウトとして行なわれた(ジョンソンの当日計量は204.2ポンド)[7]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
30 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 14 3 4 0 0 0
9 3 1 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
アンソニー・ジョンソン 1R 4:49 チョークスリーパー UFC 142: Aldo vs. Mendes 2012年1月14日
秋山成勲 1R 1:52 TKO(パウンド) UFC 133: Evans vs. Ortiz 2 2011年8月6日
× アンデウソン・シウバ 1R 3:29 TKO(左前蹴り→パウンド) UFC 126: Silva vs. Belfort
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2011年2月5日
リッチ・フランクリン 1R 3:02 TKO(左フック→パウンド) UFC 103: Franklin vs. Belfort 2009年9月19日
マット・リンドランド 1R 0:37 KO(左ストレート→パウンド) Affliction: Day of Reckoning 2009年1月24日
テリー・マーティン 2R 3:12 KO(左ストレート) Affliction: Banned 2008年7月19日
ジェームス・ジキック 5分3R終了 判定3-0 Cage Rage 23: Umbelievable
【Cage Rage世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2007年9月22日
イヴァン・セラティ 1R 3:47 TKO(パウンド) Cage Rage 21: Judgement Day 2007年4月21日
× ダン・ヘンダーソン 5分3R終了 判定0-3 PRIDE.32 "THE REAL DEAL" 2006年10月21日
高橋義生 1R 0:36 KO(左フック) PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND
【ワンマッチ】
2006年7月1日
× アリスター・オーフレイム 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Revenge 2006年6月9日
アントニー・レア 2R 1:30 KO(パンチ) Cage Rage 14: Punishment 2005年12月3日
× アリスター・オーフレイム 1R 9:36 フロントチョーク PRIDE GRANDPRIX 2005 開幕戦
【ミドル級GP 1回戦】
2005年4月23日
× ティト・オーティズ 5分3R終了 判定1-2 UFC 51: Super Saturday 2005年2月5日
× ランディ・クートゥア 3R終了時 TKO(カット) UFC 49: Unfinished Business
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2004年8月21日
ランディ・クートゥア 1R 0:49 TKO(左目の負傷) UFC 46: Supernatural
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2004年1月31日
マーヴィン・イーストマン 1R 1:10 TKO(パウンド) UFC 43: Meltdown 2003年6月6日
× チャック・リデル 5分3R終了 判定0-3 UFC 37.5: As Real As It Gets 2002年6月22日
ヒース・ヒーリング 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.14 2001年5月27日
ボビー・サウスワース 1R 4:09 チョークスリーパー PRIDE.13 2001年3月25日
松井大二郎 10分2R終了 判定6-0 PRIDE.10 2000年8月27日
ギルバート・アイブル 10分2R終了 判定6-0 PRIDE.9 2000年6月4日
× 桜庭和志 10分2R終了 判定0-4 PRIDE.5 1999年4月29日
ヴァンダレイ・シウバ 1R 0:44 TKO(パンチ) UFC Brazil: Ultimate Brazil 1998年10月16日
ジョー・チャールズ 4:04 腕ひしぎ十字固め UFC Japan: Ultimate Japan 1997年12月21日
× ランディ・クートゥア 8:17 KO(打撃) UFC 15: Collision Course 1997年10月17日
タンク・アボット 0:53 TKO(パンチ) UFC 13: The Ultimate Force 1997年5月30日
スコット・フェロッゾ 0:43 TKO(打撃) UFC 12: Judgement Day【決勝】 1997年2月7日
トレイ・テリグマン 1:17 TKO(カット) UFC 12: Judgement Day【1回戦】 1997年2月7日
ジョン・ヘス 1R 0:12 KO(パンチ) SuperBrawl 2 1996年10月11日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
ランディ・クートゥア
第4代UFC世界ライトヘビー級王者

2004年1月31日 - 2004年8月21日

次王者
ランディ・クートゥア
前王者
ジェームス・ジキック
第5代Cage Rage世界ライトヘビー級王者

2007年9月22日 - 2008年(団体消滅)

廃止
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はビクトー・ベウフォートにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki