FANDOM


レオナルド・ガルシア
本名 Leonard Garcia
通称 バッドボーイ(Bad Boy)
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1977年7月14日(40歳)
出身地 テキサス州ラボック
身長 175cm
体重 66kg
リーチ 177cm
階級 ライト級
フェザー級
スタイル ブラジリアン柔術
所属 ジャクソンズMMA

レオナルド・ガルシアLeonard Garcia1977年7月14日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。テキサス州ラボック出身。ジャクソンズMMA所属。

獲得タイトル 編集

  • Ring of Fireライト級王座
  • USWF世界ライト級王座

来歴 編集

16歳の時よりブラジリアン柔術を学び始めた。1999年にプロ総合格闘技デビューを果たし、Unified Shoot Wrestling FederationやRing of Fireでキャリアを重ねるが当時のライト級では十分な報酬を得ることが出来ず、一時期総合格闘技から離れ、フリトレーでアシスタントマネージャーの職に就いていた。

2006年4月1日に3年ぶりに復帰し、勝利を収めた。2007年4月7日、UFC初参戦となった「UFC 69」でロジャー・ウエルタと対戦し、0-3の判定負け。6月23日の「The Ultimate Fighter 5 Finale」ではアラン・ベルーブにチョークスリーパーで一本勝ちし、UFC初勝利となった。9月19日の「UFC Fight Night 11」ではコール・ミラーに0-3の判定負けを喫した。

2008年2月13日、階級をフェザー級に落とし「WEC 32」で高谷裕之と対戦し、右ストレートでダウンを奪いKO勝ち。3月には麻薬取引に関する共謀罪の容疑で麻薬取締局に逮捕され、その後係争していたが、7月には釈放された[1]。11月5日の「WEC 36」ではジェンス・パルヴァーと対戦し、スタンドの打撃でフェザー級のトップランカーをTKOに追い込む躍進を見せた。

2009年3月1日、「WEC 39」でマイク・ブラウンの持つWEC世界フェザー級王座に挑戦するも、1Rに肩固めで一本負けを喫し王座獲得はならなかった。

2010年3月6日、「WEC 47」ではジョージ・ループと対戦し、1-1の判定ドローとなり、ファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得[2]。1か月半後の4月24日、「WEC 48」でジョン・チャンソンと対戦し、2-1の判定勝ち[3]。この試合はファイト・オブ・ザ・ナイトとなると同時に[4]、スポーツ・イラストレイテッドによって2010年上半期のベストバウトに選出された[5]。9月24日には「WEC 51」でマーク・ホーミニックと対戦し、1-2の判定負けを喫した[6]

2010年12月4日、「The Ultimate Fighter: Team GSP vs. Team Koscheck Finale」でナム・ファンと対戦し、2-1(29-28、29-28、27-30)の判定勝ちを収めたが物議を醸す判定となった[7]。当初はテイラー・トナーと対戦予定であったが、対戦相手が変更された。

2011年3月26日、「UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis」でジョン・チャンソンと11か月ぶりに再戦し、ツイスターで一本負けを喫した[8]。当初はナム・ファンと再戦予定であったが、ナムの足の負傷により対戦相手が変更された[9][10]

2011年8月14日、「UFC Live: Hardy vs. Lytle」でアレックス・カセレスと対戦予定であったが、負傷による欠場となった。

2011年10月8日、「UFC 136」でナム・ファンと改めて再戦し、0-3(28-29、28-29、28-29)の判定負けを喫したもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[11]

2012年2月26日、ズッファ体制初の日本開催となった「UFC 144」でヂャン・ティェカンと対戦予定であったが、自身の負傷により欠場となった[12]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
24 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 3 9 3 0 1 0
8 0 2 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ナム・ファン 5分3R終了 判定0-3 UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
× ジョン・チャンソン 2R 4:59 ツイスター UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis 2011年3月26日
ナム・ファン 5分3R終了 判定2-1 The Ultimate Fighter: Team GSP vs. Team Koscheck Finale 2010年12月4日
× マーク・ホーミニック 5分3R終了 判定1-2 WEC 51: Aldo vs. Gamburyan 2010年9月30日
ジョン・チャンソン 5分3R終了 判定2-1 WEC 48: Aldo vs. Faber 2010年4月24日
ジョージ・ループ 5分3R終了 判定1-1 WEC 47: Bowles vs. Cruz 2010年3月6日
× マンヴェル・ガンブリャン 5分3R終了 判定0-3 WEC 44: Brown vs. Aldo 2009年11月18日
ジャミール・マスー 5分3R終了 判定2-1 WEC 42: Torres vs. Bowles 2009年8月9日
× マイク・ブラウン 1R 1:57 肩固め WEC 39: Brown vs. Garcia
【WEC世界フェザー級タイトルマッチ】
2009年3月1日
ジェンス・パルヴァー 1R 1:12 TKO(スタンドの打撃) WEC 36: Faber vs. Brown 2008年11月5日
高谷裕之 1R 1:31 KO(右ストレート→パウンド) WEC 32: Albuquerque 2008年2月13日
× コール・ミラー 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night 11 2007年9月19日
アラン・ベルーブ 1R 4:22 チョークスリーパー The Ultimate Fighter 5 Finale 2007年6月23日
× ロジャー・ウエルタ 5分3R終了 判定0-3 UFC 69: Shootout 2007年4月7日
ロッキー・ジョンソン 1R 4:58 チョークスリーパー Ring of Fire 23: Impact 2006年4月1日
ジャスティン・ジェームス 1R 2:28 チョークスリーパー Ring of Fire 7: Meltdown 2003年3月28日
スティーヴ・ホートン 1R 0:33 腕ひしぎ十字固め Ring of Fire 4: Warriors 2002年3月15日
ヴィクトル・エストラーダ 2R 0:54 KO WEC 1: Princes of Pain 2001年6月30日
ジェイク・ハッタン 2R 1:46 フロントチョーク Ring of Fire 2: Trial By Fire 2001年2月10日
ショーン・シンプソン 1R 0:32 三角絞め Ring of Fire 2: Trial By Fire 2001年2月10日
ブレント・メドレー 1R 3:59 三角絞め Unified Shoot Wrestling Federation 18 2000年11月25日
ピューマ・グリーン 1R 2:15 腕ひしぎ十字固め Ring of Fire 1 2000年3月18日
× ブレント・メドレー 20分1R終了 判定 Unified Shoot Wrestling Federation 15 1999年5月1日
クリス・キャントレル 1R 1:28 腕ひしぎ十字固め Unified Shoot Wrestling Federation 15 1999年5月1日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はレオナルド・ガルシアにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。