FANDOM


リョート・マチダ
本名 リョート・カルヴァーリョ・マチダ
(Lyoto Carvalho Machida)
通称 The Dragon
猪木の秘蔵っ子
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1978年5月30日(39歳)
出身地 バイーア州サルヴァドール
身長 185cm
体重 93kg
リーチ 188cm
階級 ライトヘビー級UFC
スタイル 伝統派空手(松濤館流)、相撲、
ブラジリアン柔術
所属 ブラック・ハウス
テーマ曲 KARATE by Pregador Luo

リョート・マチダLyoto Machida1978年5月30日 - )は、ブラジルの総合格闘家、空手家。和名は町田龍太。日本でのリングネームはLYOTO。日系2世。ブラック・ハウス所属。

実兄は2006年に日本空手協会の世界大会で準優勝したシンゾー・マチダである。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

父親は戦後ブラジルへ移民した日本人・町田嘉三(日本空手協会七段で松濤館流師範)、母親はユダヤ人とブラジル人のハーフで、4人兄弟の三男(1人の養子を入れると5人兄弟だが、大学卒業と同時にその養子は親元に戻る)として生まれる。全員が空手の選手という格闘ファミリーに生まれ育った。幼少時にリョートと次男のシンゾーは小児結核にかかり、1年間ずっと薬を飲むような生活をしていた。

アマゾン川河口の町パラー州ベレンに空手道場を開いた父親の下で4歳より稽古し、10代から相撲や柔術も習得、またムエタイ、レスリングの手ほどきも受けていた。空手では2度のブラジル王者、南アメリカ選手権での準優勝などの実績を持つ[1](父親はインタビューで「LYOTOは4度ブラジル王者になっている」と発言している)ほか、様々な格闘技大会で優勝を重ねていた。

アントニオ猪木の実兄がサンパウロ市に開設した空手道場の師範を父親が1年ほど務めた縁から2000年に猪木にスカウトされ、アメリカの新日本プロレス道場で総合格闘技のトレーニングを積む。

2003年5月2日、新日本プロレスが開催した総合格闘技大会「アルティメット・クラッシュ」でプロデビュー。謙吾と対戦し、3-0の判定勝ち。試合後、リングサイドで観戦していたアントニオ猪木から祝福を受けるとともに、拳骨で制裁を受けた。9月13日にはアントニオ猪木主催興行「Jungle Fight 1」でステファン・ボナーと対戦し、TKO勝ち。12月31日の「INOKI BOM-BA-YE 2003」ではそれまで総合格闘技無敗であったリッチ・フランクリンに打撃の連打でTKO勝ちを収めた。

2004年3月14日、「K-1 BEAST 2004」でマイケル・マクドナルドと対戦し、前腕チョークで一本勝ち。続く5月22日のK-1 ROMANEXではサム・グレコと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

2005年3月26日、初参戦となったHERO'SBJペンと対戦し、3-0の判定勝ち。本来、自身より20kg前後も軽いBJとの試合であった。

2006年4月29日、「Jungle Fight 6」でディミトリ・ヴァンダレイと対戦し、TKO勝ちを収めた。

2006年5月26日、グラップリング大会「LA SUB X」第1回大会でハファエル・ロバト・ジュニアと対戦。1, 2Rで決着が付かなかったため2度延長ラウンドを行ないテイクダウンポイント1点を奪い、ポイント1-0で判定勝ちを収めた。

2006年7月22日、WFAにて-93kg契約でヴァーノン・"タイガー"・ホワイトと対戦し、3-0の判定勝ち。ほどなくWFAがUFCに買収されたため、そのままUFCへ移籍。ダナ・ホワイトは「クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンとリョート・マチダを獲得するためだけにWFAを買収した」と発言している。

2007年2月3日、UFC初参戦となった「UFC 67」でサム・ホーガーと対戦し、3-0の判定勝ち。それまで無差別的な試合を多く重ねてきたが、本人がかねてから希望していたライトヘビー級(約93kg)での参戦であり、かつては100kgオーバーだったが引き締まった体型を披露した。4月21日の「UFC 70」で8勝無敗であったデビッド・ヒースと対戦し、3-0の判定勝ち。9月22日の「UFC 76」で中村和裕と対戦し、3-0の判定勝ち[2]。12月29日の「UFC 79」ではソクジュと対戦し、2Rに肩固めで一本勝ちを収めた[3]

2008年5月24日、「UFC 84」でティト・オーティズと対戦し、3-0の判定勝ち。レスラーのティトから1度もテイクダウンされず、逆に1Rにテイクダウンを奪い、3Rには膝蹴りでダウンを奪った[4]

2009年1月31日、「UFC 94」で13戦無敗同士であったチアゴ・シウバと対戦し、1R終了間際にスクートからの飛び込みパウンドでKO勝ち[5]。一度もスタンドでパンチを受けることなく試合を終えた。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年5月23日、「UFC 98」のメインイベントでUFC世界ライトヘビー級王者ラシャド・エヴァンスに挑戦。総合格闘技無敗同士の対戦となったこの王座戦で2Rに左フックで失神KO勝ちを収め[6]、UFC世界ライトヘビー級王座を獲得すると同時に2試合連続のノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。試合後のインタビューでは「Karate is back!!(空手が復活したぜ!)」と雄叫びをあげて、自身のバックボーンである空手への誇りを言葉にした。

2009年10月24日、「UFC 104」のメインイベント・王座防衛戦でマウリシオ・ショーグンと対戦し、3-0の判定勝ちで王座初防衛に成功したものの、判定は3者とも48-47という小差であり物議を醸す結果となった[7]

2010年5月8日、「UFC 113」のメインイベントでマウリシオ・ショーグンと再戦。右クロスカウンターを浴びてダウンしたところにパウンドで追撃されTKO負け[8]。UFC世界ライトヘビー級王座から陥落すると共に自身の総合格闘技連勝記録は16でストップした。

2010年11月20日、「UFC 123」のメインイベントでクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンと対戦し、1-2の判定負けを喫した[9]

2011年4月30日、「UFC 129」でランディ・クートゥアと対戦し、前蹴りでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[10]

2011年12月10日、「UFC 140」のメインイベント・UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチでジョン・ジョーンズと対戦し、スタンディングでのギロチンチョークによる失神一本負けを喫し王座獲得ならず。敗れたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[11]

パーソナル 編集

  • 同じチームのアンデウソン・シウバとは、親友として戦わないことを明言している。
  • 日本的な謙譲の意識が高く、「私はUFCファイターの中で最も弱者であるが、身に付けた技術により勝利している」「UFC王者になったが、エヴァンスとの試合はどちらが勝ってもおかしくなく、運が良かったため勝利できた」と発言している。王者になる前のインタビューで「様々な選手に対戦を避けられていることに対してどう思うか?」と質問された際にも、自身の評価が高くないとの自己評価から「私が強いから避けたわけではなく、彼らは自分よりランクが上だと思われている相手と試合をしたいと思っているだけで、私だから避けるわけではないと思う」と発言している。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
20 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
17 6 2 9 0 0 0
3 1 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ジョン・ジョーンズ 2R 4:26 ギロチンチョーク UFC 140: Jones vs. Machida
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年12月10日
ランディ・クートゥア 2R 1:05 KO(前蹴り→パウンド) UFC 129: St. Pierre vs. Shields 2011年4月30日
× クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 5分3R終了 判定1-2 UFC 123: Rampage vs. Machida 2010年11月20日
× マウリシオ・ショーグン 1R 3:35 TKO(パウンド) UFC 113: Machida vs. Shogun 2
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年5月8日
マウリシオ・ショーグン 5分5R終了 判定3-0 UFC 104: Machida vs. Shogun
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2009年10月24日
ラシャド・エヴァンス 2R 3:57 KO(左フック) UFC 98: Evans vs. Machida
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2009年5月23日
チアゴ・シウバ 1R 4:59 KO(パウンド) UFC 94: St-Pierre vs. Penn 2 2009年1月31日
ティト・オーティズ 5分3R終了 判定3-0 UFC 84: Ill Will 2008年5月24日
ソクジュ 2R 4:20 肩固め UFC 79: Nemesis 2007年12月29日
中村和裕 5分3R終了 判定3-0 UFC 76: Knockout 2007年9月22日
デビッド・ヒース 5分3R終了 判定3-0 UFC 70: Nations Collide 2007年4月21日
サム・ホーガー 5分3R終了 判定3-0 UFC 67: All or Nothing 2007年2月3日
ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 5分3R終了 判定3-0 WFA: King of the Streets 2006年7月22日
ディミトリ・ヴァンダレイ 3R TKO Jungle Fight 6 2006年4月29日
BJペン 5分3R終了 判定3-0 HERO'S 2005年3月26日
サム・グレコ 5分3R終了 判定2-1 K-1 ROMANEX 2004年5月22日
マイケル・マクドナルド 1R 2:30 前腕チョーク K-1 BEAST 2004 ~新潟初上陸~
【K-1 MMA ルール】
2004年3月14日
リッチ・フランクリン 2R 1:03 TKO(左ストレート) INOKI BOM-BA-YE 2003 2003年12月31日
ステファン・ボナー 1R 4:21 TKO(カット) Jungle Fight 1 2003年9月13日
謙吾 5分3R終了 判定3-0 新日本プロレス ULTIMATE CRUSH 2003年5月2日

グラップリング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ハファエル・ロバト・ジュニア 延長2R終了 ポイント1-0 LA SUB X 2006年5月26日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
ラシャド・エヴァンス
第10代UFC世界ライトヘビー級王者

2009年5月23日 - 2010年5月8日

次王者
マウリシオ・ショーグン

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はリョート・マチダにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki