FANDOM


ランバー・ソムデートM16
本名 ランバー・ソムデート
通称 ランバー
性別 男性
国籍 タイ
誕生日 1974年8月30日(42歳)
出身地 タイ
身長 158cm
体重 55kg
リーチ
階級 フライ級修斗
スタイル ムエタイ
所属 M16ムエタイスタイル

ランバー・ソムデートM16Rambaa Somdet "M16"1974年8月30日 - )は、タイ出身のキックボクサー総合格闘家M16ムエタイスタイル所属。

ムエタイでは100戦以上の戦績がある。スロースターターながら、ムエタイ出身者ならではのスピードのあるキックと軽快なフットワークで相手を翻弄する。時折相手を挑発しながらどんどん前へ出て行き、ほとんど後ろに引かないアグレッシブな姿勢と、ハイテンションなパフォーマンスを合わせ持つ。

新日本キックボクシング協会などで活躍した吉沢紀子(NORIKO M16)と結婚していたころは彼女の苗字を名乗って試合をしていたことがある(DEEPや修斗への出場時。ランバー・ソムデート吉沢)が、のちに離婚。

ボクシングの元WBA世界ジュニアバンタム級王者、ヨックタイ・シスオーの従兄弟にあたる。

「ランバー」はタイ語で「おバカさん」の意味。派手なパフォーマンスから所属ジムの会長に名付けられたとされる。「M16」は、「エム・シップホック」と発音する。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

1990年代全日本キックMAキックなど日本のキックボクシング団体に出場。山口元気フィリップ・ダ・シルバら強豪を下す。近年は植松直哉の下で寝技を学び、DEEP修斗PFCなどの総合格闘技の試合にも出場。好成績を収めている。

2006年12月、東京都北区にキックボクシングジム「M16ムエタイスタイル」をオープンした。

2008年11月20日、アメリカ合衆国の総合格闘技大会PFCの初代フライ級王者決定トーナメントに出場、ユリシーズ・ゴメスに判定勝ちを収めた。

2009年1月22日、PFCのトーナメント決勝でパット・ルネツと対戦予定であったが、肩の負傷のために欠場した[1]

2009年11月23日、修斗で田原しんぺーと初代世界フライ級王座決定戦で対戦し、判定勝ち。初代フライ級王者となるとともに、タイ人初の総合格闘技世界王者となった[2]

2010年7月19日、修斗世界フライ級王座防衛戦で阿部博之と対戦。グラウンド状態での下からのパンチで阿部が左目を負傷し、ドクターストップによるTKO勝ちで王座初防衛に成功した[3]

2011年3月12日、猿丸ジュンジと2度目の防衛戦を行なう予定であったが[4]、自身の左大腿二頭筋部分断裂により4月29日へスライドされたものの[5]、怪我が完治しないため4月16日付けで王座を返上した[6]

2011年10月15日、インストラクターを務めているGRABAKAの自主興行「GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK」でRYOTAと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[7]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
11 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 2 0 7 0 0 0
2 0 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
RYOTA 5分2R終了 判定3-0 GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK 2011年10月15日
阿部博之 1R 4:31 TKO(ドクターストップ:左目負傷) 修斗 The Way of SHOOTO 04 ~Like a Tiger, Like a Dragon~
【修斗世界フライ級チャンピオンシップ】
2010年7月19日
田原しんぺー 5分3R終了 判定3-0 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 3
【初代世界フライ級王座決定戦】
2009年11月23日
ユリシーズ・ゴメス 5分3R終了 判定3-0 Palace Fighting Championship 11: All In
【PFCフライ級トーナメント 準決勝】
2008年11月20日
田原しんぺー 5分3R終了 判定3-0 修斗 "修斗伝承" 03 ~ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年9月28日
菅原雅顕 2R終了時 TKO(ドクターストップ:左目負傷) 修斗 BACK TO OUR ROOTS 06 2007年11月8日
春崎武裕 5分3R終了 判定3-0 修斗 BATTLE MIX TOKYO 04 2007年7月20日
廣野剛康 5分3R終了 判定3-0 DEEP2001 7th IMPACT in DIFFER ARIAKE 2002年12月8日
× ダレン・ウエノヤマ 5分3R終了 判定0-3 DEEP2001 5th IMPACT in DIFFER ARIAKE 2002年6月9日
× 砂辺光久 5分3R終了 判定0-2 DEEP2001 4th IMPACT in NAGOYA 2002年3月30日
矢野卓見 5分3R終了 判定3-0 DEEP2001 3rd IMPACT X'mas in DIFFER ARIAKE 2001年12月23日

グラップリング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 端智弘 5分2R終了 ポイント0-9 修斗 SHOOTO GIG EAST 11【グラップリングマッチ】 2002年9月25日

キックボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
安川賢 1R 2:12 KO(肘打ち) 全日本キックボクシング連盟「CROSS FIRE-I」 2001年3月16日
フィリップ・ダ・シルバ 3分5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「BE WILD」 2001年2月16日
大宮司進 3分5R終了 判定3-0 K-1 J・MAX 2000年11月1日
山口元気 1R 2:57 KO(3ノックダウン:左ローキック) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
第2回 梶原一騎杯 '99 キック ガッツ
1999年5月14日
ラビット関 1R 2:46 KO マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟 1998年12月26日
土屋ジョー 1R 2:59 KO(右フック) シュートボクシング「GROUND ZERO TOKYO」 1998年11月14日
この戦績は未完です。

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

初代
 
初代修斗世界フライ級王者

2009年11月23日 - 2011年4月16日(返上)

空位
次タイトル獲得者
生駒淳司
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はランバー・ソムデートM16にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki