FANDOM


ライアン・ベイダー
本名 ライアン・デュウェイン・ベイダー
(Ryan DuWayne Bader)
通称 ダース(Darth)
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1983年6月7日(34歳)
出身地 ネバダ州リノ
身長 188cm
体重 93kg
リーチ 188cm
階級 ライトヘビー級NSAC
スタイル レスリング
所属 アリゾナ・コンバット・スポーツ

ライアン・ベイダーRyan Bader1983年6月7日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。ネバダ州リノ出身。アリゾナ・コンバット・スポーツ所属。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

レスリングで高校時代にはネバダ州王者に2度なり、3年時には全米大会で3位に入賞。アリゾナ州立大学進学後は全米大会を2度、Pac-10を3度優勝した。当時はケイン・ヴェラスケスC.B.ダラウェイのチームメイトであった。2007年初頭にアリゾナ・コンバット・スポーツで総合格闘技の練習を始め、3月にはデビューを果たした。

2008年、7戦全勝のキャリアを持ってUFCのリアリティ番組「The Ultimate Fighter」のシーズン8に参加。カイル・キングスバリーとのサバイバルマッチを制してアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラにチーム1位の指名を受けると、トム・ローラーエリオット・マーシャルを破り決勝進出を果たした。12月13日に行なわれた決勝では出身のヴィニシウス・マガリャエスと対戦し、開始2分過ぎに右フックでダウンを奪うとパウンドで追撃してレフェリーストップとなり、ライトヘビー級トーナメント優勝を果たした[1]

2009年4月1日、「UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann」でカーメロ・マレロに3-0の判定勝ち[2]。10月24日、「UFC 104」でエリック・シェイファーに3-0の判定勝ちを収めUFC3連勝となった[3]

2010年2月20日、「UFC 110」でキース・ジャーディンと対戦し、左フックでKO勝ちを収めUFC4連勝となった[4]。9月25日の「UFC 119」ではアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラに3-0の判定勝ちを収め、UFC5連勝・プロ総合格闘技12連勝となった[5]

2011年2月5日、「UFC 126」でジョン・ジョーンズと対戦し、ギロチンチョークで一本負け。キャリア13戦目での初黒星となった[6][7]

2011年7月2日、「UFC 132」でティト・オーティズと対戦し、ギロチンチョークによる一本負け。2連敗となった[8]

2011年11月19日、「UFC 139」でジェイソン・ブリルズと対戦し、開始1分17秒、右ストレートによるKO勝ちを収めた[9]

2012年2月26日、ズッファ体制初の日本開催となった「UFC 144」のセミファイナルでクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンと対戦し、3-0(30-27、30-27、30-27)の判定勝ち[10]。前日計量でランペイジが6ポンドオーバーとなり、211ポンドのキャッチウェイトバウトとなった[11]

戦績 編集

プロ総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
16 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 6 3 5 0 0 0
2 0 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 5分3R終了 判定3-0 UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
ジェイソン・ブリルズ 1R 1:17 KO(右ストレート) UFC 139: Shogun vs. Henderson 2011年11月19日
× ティト・オーティズ 1R 1:56 ギロチンチョーク UFC 132: Cruz vs. Faber 2 2011年7月2日
× ジョン・ジョーンズ 2R 4:20 ギロチンチョーク UFC 126: Silva vs. Belfort 2011年2月5日
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ 5分3R終了 判定3-0 UFC 119: Mir vs. Cro Cop 2010年9月25日
キース・ジャーディン 3R 2:10 KO(左フック) UFC 110: Nogueira vs. Velasquez 2010年2月20日
エリック・シェイファー 5分3R終了 判定3-0 UFC 104: Machida vs. Shogun 2009年10月24日
カーメロ・マレロ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2009年4月1日
ヴィニシウス・マガリャエス 1R 2:18 TKO(右フック→パウンド) The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir Finale
【TUF 8ライトヘビー級トーナメント 決勝】
2008年12月13日
バックリー・アコスタ 1R 0:47 肩固め Xtreme Cage Combat 6: Western Threat 2008年4月5日
ブラッド・ピーターソン 5分3R終了 判定3-0 International Fighting Organization: Fireworks in the Cage IV 2007年12月28日
ユリシーズ・コルテス 1R KO SE Vale Tudo 2007年10月27日
ディッキー・チャヴェス 1R 0:41 TKO King of the Cage: Unstoppable 2007年9月15日
ティム・ピーコック 2R 2:50 TKO Worldwide Fighting Championship: Rumble In The Red Rocks 2007年6月9日
デイヴィッド・バゲット 1R チョーク Proving Grounds 1 2007年5月12日
デイヴ・コヴェロ 1R 2:21 ギブアップ(スタンドの打撃) Worldwide Fighting Championship: Desert Storm 2007年3月31日

TUF 非公式戦 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
エリオット・マーシャル 5分3R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter 8
【TUF 8ライトヘビー級トーナメント 準決勝】
2008年6月25日
トム・ローラー 1R 3:44 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 8
【TUF 8ライトヘビー級トーナメント 2回戦】
2008年5月28日
カイル・キングスブリー 2R 1:33 肩固め The Ultimate Fighter 8
【TUF 8ライトヘビー級トーナメント 1回戦】
2008年5月21日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はライアン・ベイダーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki