FANDOM


マーシオ・フェイトーザ
本名 マーシオ・フェイトーザ・スーザ
(Marcio Feitosa Souza)
通称 マルシーニョ
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1976年5月16日(41歳)
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ市
身長 176cm
体重 73kg
リーチ
階級 ライト級
スタイル ブラジリアン柔術
所属 グレイシーバッハ

マーシオ・フェイトーザMarcio Feitosa1976年5月16日 - )は、ブラジルのブラジリアン柔術家、総合格闘家。リオデジャネイロ州リオデジャネイロ市出身。グレイシーバッハ所属。

ムンジアルでは、黒帯レーヴィ級(-73kg)で7年連続(1997年~2003年)で決勝に進出している。レオナルド・サントスレオナルド・ヴィエイラビトー・"シャオリン"・ヒベイロと共にレーヴィ級四天王と称された。

ブラジリアン柔術家キーラ・グレイシーと交際・同棲していたことがある。

獲得タイトル 編集

  • 1997年 ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯レーヴィ級(-73kg)優勝
  • 1998年 ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯レーヴィ級 準優勝
  • 1999年 ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯レーヴィ級 準優勝
  • 2000年 ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯レーヴィ級 準優勝
  • 2001年 ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯レーヴィ級 優勝
  • 2002年 ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯レーヴィ級 優勝
  • 2003年 ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯レーヴィ級 準優勝
  • 2006年 ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯ペナ級(-67kg)準優勝
  • 1998年 ブラジリアン柔術ブラジル選手権(ブラジレイロ) 黒帯レーヴィ級 準優勝
  • 1999年 ブラジリアン柔術ブラジル選手権(ブラジレイロ) 黒帯レーヴィ級 優勝
  • 2000年 ブラジリアン柔術ブラジル選手権(ブラジレイロ) 黒帯レーヴィ級 優勝
  • 2001年 ブラジリアン柔術ブラジル選手権(ブラジレイロ) 黒帯レーヴィ級 準優勝
  • 2000年 第3回 アブダビコンバット 77kg未満級 3位
  • 2001年 第4回 アブダビコンバット 77kg未満級 優勝

来歴 編集

2000年3月、アブダビコンバット77kg未満級で第3位入賞。

2000年8月27日、修斗三島☆ド根性ノ助と対戦し、0-1の判定ドローとなった[1]

2001年4月、アブダビコンバット77kg未満級で優勝を果たした。

2006年7月、3年ぶりのムンジアルでは1階級下げペナ級(-67kg)に出場。初戦で耳を裂傷し出血、以降は包帯を頭に巻いた状態で勝ち上がるも、決勝ではフーベンス・シャーレスに敗れ準優勝となった。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 1 0
1 0 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× バート・パラゼウスキー 4分3R終了 判定1-2 IFL: Gracie vs. Miletich 2006年9月23日
三島☆ド根性ノ助 5分3R終了 判定0-1 修斗 R.E.A.D. 2000年8月27日

脚注 編集

  1. 00.8.27 プロ修斗横浜大会 BoutReview 2000年8月27日

関連項目 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はマーシオ・フェイトーザにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki