FANDOM


マーク・ムニョス
本名 マーク・ケネリィ・ムニョス
(Mark Kenery Muñoz)[1]
通称 The Philippine Wrecking Machine
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1978年2月9日(39歳)
出身地 日本
神奈川県横須賀市
身長 183cm
体重 84kg
リーチ 180cm
階級 ライトヘビー級
ミドル級
スタイル レスリング
所属 キャピタル・シティ・ファイティング・アライアンス
→アルティメット・フィットネス

マーク・ムニョスMark Muñoz1978年2月9日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。カリフォルニア州育ち。フィリピン系アメリカ人。アルティメット・フィットネス所属。

来歴 編集

日本・神奈川県横須賀市の横須賀海軍施設で生まれ、2歳の時に家族とともにアメリカ合衆国カリフォルニア州ヴァレーホに移住。

高校時代はカリフォルニア州の高校レスリング州王座を2度獲得した。

2008年6月1日、WECに初参戦となった「WEC 34」で、チャック・グリスビィにTKO勝ち。続いて参戦した12月3日の「WEC 37」ではヒカルド・バホスにTKO勝ち。同大会でWECライトヘビー級が正式に廃止となったため、同じズッファ社の運営するUFCに移籍した。

2009年3月7日、UFC初参戦となった「UFC 96」でマット・ハミルと対戦し、右ハイキックでKO負け[2]。この試合より後は、階級を一つ下のミドル級へ転向。転向後は「UFC 102」でニック・カトーンに2-1の判定勝ち、「UFC 108」でライアン・ジェンセンにパウンドでギブアップ勝ちを収め、2連勝を果たした[3]

2010年4月10日、アブダビで開催された「UFC 112」でケンドール・グローブと対戦。序盤はテイクダウンを取ることができず、逆にパウンドで劣勢に立たされたが、中盤にグラウンドで上を取るとパウンドを連打し、TKO勝ちによりファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[4][5]。8月1日の「UFC on Versus: Jones vs. Matyushenko」では岡見勇信と対戦し、1-2の判定負け。11月20日、「UFC 123」でアーロン・シンプソンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[6]

2011年3月3日、「UFC Live: Sanchez vs. Kampmann」でCBダラウェイと対戦し、左フックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ちを収めた[7]

2011年6月11日、「UFC 131」でデミアン・マイアと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[8]

2011年11月5日、「UFC 138」のメインイベントでクリス・リーベンと対戦し、TKO勝ちを収め4連勝となった。試合後、王座挑戦をアピールした[9]。この試合はUFC初のノンタイトルマッチでの5R制となった。

2012年1月28日、「UFC on FOX 2」でチェール・ソネンと対戦予定であったが、負傷による欠場となった。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 6 1 5 0 0 0
2 1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
クリス・リーベン 2R終了時 TKO(左目負傷) UFC 138: Leben vs. Munoz 2011年11月5日
デミアン・マイア 5分3R終了 判定3-0 UFC 131: Dos Santos vs. Carwin 2011年6月11日
CBダラウェイ 1R 0:54 TKO(左フック→パウンド) UFC Live: Sanchez vs. Kampmann 2011年3月3日
アーロン・シンプソン 5分3R終了 判定3-0 UFC 123: Rampage vs. Machida 2010年11月20日
× 岡見勇信 5分3R終了 判定1-2 UFC on Versus: Jones vs. Matyushenko 2010年8月1日
ケンドール・グローブ 2R 2:50 TKO(パウンド) UFC 112: Invincible 2010年4月10日
ライアン・ジェンセン 1R 2:30 ギブアップ(パウンド) UFC 108: Evans vs. Silva 2010年1月2日
ニック・カトーン 5分3R終了 判定2-1 UFC 102: Couture vs. Nogueira 2009年8月29日
× マット・ハミル 1R 3:53 KO(右ハイキック) UFC 96: Jackson vs. Jardine 2009年3月7日
ヒカルド・バホス 1R 2:26 TKO(パンチ連打) WEC 37: Torres vs. Tapia 2008年12月3日
チャック・グリスビィ 1R 4:15 TKO(パンチ連打) WEC 34: Faber vs. Pulver 2008年6月1日
トニー・ルバルカヴァ 3分3R終了 判定3-0 Palace Fighting Championship 4: Project Complete 2007年10月18日
マイク・ピアース 5分3R終了 判定3-0 Gladiator Challenge 69: Bad Intentions 2007年9月22日
オースティン・アコーン 1R 1:25 TKO(パンチ連打) Palace Fighting Championship 3: Step Up 2007年7月19日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はマーク・ムニョスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki