FANDOM


マーク・ハント
通称 スーパーサモアン
サモアの怪人
性別 男性
国籍 テンプレート:NZL
誕生日 1974年3月23日(43歳)
出身地 オークランド
身長 178cm
体重 125kg
リーチ 188cm
階級 ヘビー級
スタイル キックボクシング
所属 リバプール・キックボクシング
→オシアナ・スーパーファイタージム
アメリカン・トップチーム
テーマ曲 GET YOUR WALK ON
(XZIBIT)

マーク・ハントMark Hunt1974年3月23日 - )は、ニュージーランドのキックボクサー、総合格闘家。オークランド出身。アメリカン・トップチーム所属。

K-1オセアニア地区予選を2000年、2001年と2連覇し、2000年2月のK-1オセアニア地区予選でのデビューから2年足らずで、K-1 WORLD GP 2001を制し、欧州以外、また地区予選から勝ち上がった最初のGP優勝者となった。

格闘技界屈指のタフネスぶりと積極果敢なファイトスタイルから、「サモアの怪人」という異名を持ち、左腕にはその異名を日本語でタトゥーを入れている。

獲得タイトル 編集

  • K-1 WORLD GP 2000 オセアニア地区予選 優勝
  • K-1 WORLD GP 2001 世界地区予選 メルボルン大会 優勝
  • K-1 WORLD GP 2001 in FUKUOKA 優勝
  • K-1 WORLD GP 2001 優勝

来歴 編集

K-1 編集

2000年K-1オセアニア予選で初登場。K-1初参戦ながら優勝を果たした。

2000年7月30日、「K-1 WORLD GP 2000 in NAGOYA」でのグランプリ予選に出場。1回戦でジェロム・レ・バンナと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2001年6月16日、メルボルン大会に出場。準々決勝で天田ヒロミにKO勝ち。準決勝でアーネスト・ホーストからスリップ気味のダウンを奪ったが(試合後、ダウンではなかったと裁定)、0-3の判定負けを喫し、グランプリ出場ならず。しかし、10月8日に「K-1 WORLD GP 2001 in FUKUOKA」で行なわれた敗者復活戦にミルコ・クロコップの代替として出場。1回戦でレイ・セフォーに0-3で判定負けしたが、セフォーが負傷したためハントが決勝に出場し、アダム・ワットにTKO勝ちを収め、決勝大会出場を決めた。

2001年12月8日、「K-1 WORLD GP 2001 決勝戦」の準々決勝でジェロム・レ・バンナをKOで破ると、準決勝ではステファン・レコ、決勝ではフランシスコ・フィリォを判定で破り、K-1 WORLD GP 2001を制した。

2002年1月27日、「K-1 RISING 2002」で中迫剛に生涯初のダウンを奪われるも、2ラウンドでKO勝ちを収めた。

2002年3月3日、「K-1 WORLD GP 2002 in NAGOYA」でミルコ・クロコップにハイキックでダウンを奪われ、0-3の判定負けを喫した。

2002年5月25日、「K-1 WORLD GP 2002 in PARIS」ではジェロム・レ・バンナと対戦し、ダウンの応酬となるがTKO負け。このとき攻撃を受けながらも形勢を逆転させる戦いぶりから、藤原紀香はハントを魔人ブウと表現した。

2002年10月5日、開幕戦ではマイク・ベルナルドに延長1R判定勝ち。東京ドームの決勝トーナメントでは準々決勝でステファン・レコにKO勝ち。準決勝はジェロム・レ・バンナとの4度目の対戦になり、試合終了直前にダウンを奪うも0-3の判定負けを喫した。

2003年5月3日、「K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGAS」でゲーリー・グッドリッジと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年4月13日、「K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA」で5年ぶりにK-1復帰。王者セーム・シュルトとK-1スーパーヘビー級タイトルマッチで対戦。1Rに右後ろ回し蹴りを腹部に受けダウン。膝立ちの状態まで起き上がるが、そのまま10カウントを迎えてKO負けを喫した。

総合格闘技 編集

2004年になると、闘いの場をK-1からPRIDEに移す。初参戦となった6月20日の吉田秀彦戦では腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。

2004年12月31日には、右足首を負傷により当初欠場が決まっていた「PRIDE 男祭り 2004」に桜庭和志の負傷による代役として出場。ヴァンダレイ・シウバと対戦し、2-1の判定勝ちを収めたが、シウバ陣営は判定結果を不服としていた。

2005年12月31日の「PRIDE 男祭り 2005」では、ミルコ・クロコップとのK-1出身選手同士というストライカー対決が実現。2-1の判定勝ちを収め、K-1時代のリベンジを果たした。

2006年2月26日、「PRIDE.31」で西島洋介と対戦し、KO勝ちを収めた。

2006年5月5日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦」では高阪剛と対戦しKO勝利を収め、ベスト8に進出した。

2006年7月1日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND」ではジョシュ・バーネットと対戦し、1ラウンド2分2秒、チキンウィングアームロックで一本負けを喫した。

2006年12月31日、「PRIDE 男祭り 2006」でエメリヤーエンコ・ヒョードルとPRIDEヘビー級タイトルマッチで対戦。開始早々、ヒョードルが首投げで倒し、そのまま腕ひしぎ十字固めの体勢になるが、ハントは身体を回転させ脱出、そのまま上のポジションを取りアームロックをしかけるなど反撃。スタンドでの攻防では互角に殴り合う場面もあったが、最後は足払いで倒されチキンウィングアームロックで一本負けを喫した。

2007年11月25日、プロレス興行ハッスルの「ハッスルマニア2007」に登場。モンスター軍の2人をサモアンフックで倒し、すかさずキンターマンが3カウントを奪い取った。

2008年7月21日、DREAM初参戦となった「DREAM.5」のスーパーファイトでアリスター・オーフレイムと対戦し、開始1分11秒、V1アームロックで一本負けを喫した。

2008年12月31日、「Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~」でメルヴィン・マヌーフと対戦。開始18秒、飛び込みざまに左右のフックでダウンすると、そのままパウンドの連打を浴びてKO負けを喫した。

2009年5月26日、「DREAM.9」のスーパーハルクトーナメント1回戦でゲガール・ムサシと対戦し、アームバーで一本負けを喫した。

2010年9月25日、UFC初参戦となった「UFC 119」でショーン・マコークルと対戦し、開始1分3秒、キムラロックで一本負けを喫した[1]

2011年2月27日、「UFC 127」でクリス・トゥクシェラーと対戦し、右アッパーによるKO勝ち。UFC初勝利とともにノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[2]。これは2006年の高阪剛戦以来の5年ぶりの勝利となった。

2011年9月24日、「UFC 135」でベン・ロズウェルと対戦し、3-0(29-28、29-27、30-27)の判定勝ちを収めた[3]

2012年2月26日、ズッファ体制初の日本開催となった「UFC 144」でシーク・コンゴと対戦し、右フックによるTKO勝ちを収めUFC3連勝となった[4]

人物 編集

  • 大学の時はラグビー選手だった。
  • ナイトクラブのセキュリティーのバイトをしていた時にキックボクシングを始めた。プロデビュー戦は2ラウンドKO勝ちを収めた。
  • 漫画ドラゴンボールのファン。鳥山明に面会したこともある。髪を金髪に染めたハントに記者が理由を聞いたところ、ハントは「スーパーサイヤ人さ」と述べていた。そんなことからドラゴンボールのサイヤ人をもじり、「スーパーサモア人」と呼ばれることもある。
  • 闘う理由はファイトマネーと公言している。2001年にK-1 WORLD GPで優勝した際、そのファイトマネーと優勝賞金で高級車を買ったり、ゲームセンターを家の中に作るなどしてすぐに使い果たしてしまった。

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
15 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
8 5 0 3 0 0 0
7 1 6 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
シーク・コンゴ 1R 2:11 TKO(右フック) UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
ベン・ロズウェル 5分3R終了 判定3-0 UFC 135: Jones vs. Rampage 2011年9月24日
クリス・トゥクシェラー 2R 1:41 KO(右アッパー) UFC 127: Penn vs. Fitch 2011年2月27日
× ショーン・マコークル 1R 1:03 キムラロック UFC 119: Mir vs. Cro Cop 2010年9月25日
× ゲガール・ムサシ 1R 1:19 アームバー DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【スーパーハルクトーナメント 1回戦】
2009年5月26日
× メルヴィン・マヌーフ 1R 0:18 KO(右フック→パウンド) Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~ 2008年12月31日
× アリスター・オーフレイム 1R 1:11 V1アームロック DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦
【ヘビー級ワンマッチ】
2008年7月21日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 8:16 チキンウィングアームロック PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-
【PRIDEヘビー級タイトルマッチ】
2006年12月31日
× ジョシュ・バーネット 1R 2:02 チキンウィングアームロック PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND
【準々決勝】
2006年7月1日
高阪剛 2R 4:15 TKO(右フック) PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦
【1回戦】
2006年5月5日
西島洋介 3R 1:18 KO(右ストレート) PRIDE.31 Dreamers 2006年2月26日
ミルコ・クロコップ 3R終了 判定2-1 PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI- 2005年12月31日
ヴァンダレイ・シウバ 3R終了 判定2-1 PRIDE 男祭り 2004 -SADAME- 2004年12月31日
ダン・ボビッシュ 1R 6:23 TKO(サッカーボールキック) PRIDE.28 2004年10月31日
× 吉田秀彦 1R 5:25 腕ひしぎ十字固め PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND
【ヘビー級ワンマッチ】
2004年6月20日

キックボクシング 編集

キックボクシング 戦績
43試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
2913 1 0
13
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× セーム・シュルト 1R 3:06 KO(右後ろ回し蹴り) K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA
【K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2008年4月13日
ゲーリー・グッドリッジ 5R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGAS 2003年5月3日
× ジェロム・レ・バンナ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2002 決勝戦【準決勝】 2002年12月7日
ステファン"ブリッツ"レコ 3R 1:16 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2002 決勝戦【準々決勝】 2002年12月7日
マイク・ベルナルド 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2002 開幕戦【1回戦】 2002年10月5日
× ジェロム・レ・バンナ 2R終了時 TKO(タオル投入) K-1 WORLD GP 2002 in PARIS 2002年5月25日
× ミルコ・クロコップ 5R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2002 in NAGOYA 2002年3月3日
中迫剛 2R 2:55 KO(右フック) K-1 RISING 2002 ~静岡初上陸~ 2002年1月27日
フランシスコ・フィリォ 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2001 決勝戦【決勝】 2001年12月8日
ステファン・レコ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2001 決勝戦【準決勝】 2001年12月8日
ジェロム・レ・バンナ 2R 2:32 KO(パンチ連打) K-1 WORLD GP 2001 決勝戦【準々決勝】 2001年12月8日
アダム・ワット 3R 1:38 TKO(ドクターストップ:額カット) K-1 WORLD GP 2001 in FUKUOKA
【敗者復活戦 Bブロック 決勝】
2001年10月8日
× レイ・セフォー 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2001 in FUKUOKA
【敗者復活戦 Bブロック 1回戦】
2001年10月8日
× ピーター・グラハム 3R終了 判定0-3 ニュージーランド 2001年7月21日
× アーネスト・ホースト 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE【準決勝】 2001年6月16日
天田ヒロミ 1R 2:52 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE【1回戦】 2001年6月16日
ピーター・グラハム 3R 2:10 KO(右アッパー) K-1 Oceania Grand Prix 2001 in Melbourne
【決勝】
2001年2月24日
アンドリュー・ペック 1R 0:48 KO(右ストレート) K-1 Oceania Grand Prix 2001 in Melbourne
【準決勝】
2001年2月24日
ネイサン・ブリッグス 1R 0:57 KO(パンチ連打) K-1 Oceania Grand Prix 2001 in Melbourne
【1回戦】
2001年2月24日
× ジェロム・レ・バンナ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2000 in NAGOYA
【1回戦】
2000年7月30日
フィル・ファーガン 2R終了 0:30 KO K-1 WORLD GP 2000 オセアニア地区予選【決勝】 2000年2月27日
ロニー・セフォー 3R終了 判定 K-1 WORLD GP 2000 オセアニア地区予選【準決勝】 2000年2月27日
クレイ・アウミタギ 2R KO K-1 WORLD GP 2000 オセアニア地区予選【1回戦】 2000年2月27日

プロボクシング 編集

プロボクシング 戦績
2 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 1 0
1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ジョー・アスキューオーストラリア 4R終了 判定 プロボクシング4回戦マッチ 2000年4月23日
× ジョン・ワイボーンオーストラリア 3R終了 判定 プロボクシング3回戦マッチ 1998年8月21日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:K-1 WORLD GP歴代王者

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はマーク・ハントにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki