FANDOM


マット・ワイマン
本名 マシュー・チャールズ・ワイマン
(Matthew Charles Wiman)
通称 ハンサム(Handsome)
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1983年9月19日(33歳)
出身地 オクラホマ州タルサ
身長 177cm
体重 70kg
リーチ 175cm
階級 ライト級
スタイル レスリングムエタイ
所属 タルサ・トップチーム
→スクラップ・パック

マット・ワイマンMatt Wiman1983年9月19日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家オクラホマ州タルサ出身。スクラップ・パック所属。

来歴 編集

2007年、リアリティ番組「The Ultimate Fighter」のシーズン5BJペン率いるチーム・ペンの選手として参加。トーナメント1回戦でノア・トーマスに開始50秒でチョークスリーパーにより一本勝ちを果たすも、準決勝ではマンヴェル・ガンブリャンに0-3の判定負けでシーズンから脱落。シーズン総括となる6月23日の「The Ultimate Fighter 5 Finale」ではブライアン・ジェラティにパウンドでTKO勝ちを収めた。

2007年9月22日、「UFC 76」で小見川道大と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年6月7日、「UFC 85」でチアゴ・タバレスと対戦し、右ストレートでKO勝ちを収めファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。12月10日、「UFC: Fight for the Troops」でジム・ミラーと対戦し、0-3の判定負け[1]。敗れはしたものの2戦連続となるファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年4月18日、「UFC 97」でサム・スタウトと対戦し、0-3の判定負け[2]。敗れはしたものの3戦連続となるファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。9月19日の「UFC 103」でハファエウ・ドス・アンジョスと対戦予定であったが、負傷により欠場となった[3]

2010年6月12日、「UFC 115」でマック・ダンジグと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。ダンジグが失神したと判断したレフェリーが試合を止めたがダンジグは失神していないと主張した[4]

2011年1月22日、「UFC: Fight for the Troops 2」でコール・ミラーと対戦し、3-0の判定勝ちを収め3連勝となった[5]

2011年7月2日、「UFC 132」でデニス・シヴァーと対戦し、0-3の判定負けを喫した[6]

2011年10月1日、「UFC Live: Cruz vs. Johnson」でマック・ダンジグと1年3か月ぶりに再戦し、3-0の判定勝ちを収めファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[7]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
20 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 4 4 6 0 0 0
6 1 0 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
マック・ダンジグ 5分3R終了 判定3-0 UFC Live: Cruz vs. Johnson 2011年10月1日
× デニス・シヴァー 5分3R終了 判定0-3 UFC 132: Cruz vs. Faber 2 2011年7月2日
コール・ミラー 5分3R終了 判定3-0 UFC: Fight for the Troops 2 2011年1月22日
マック・ダンジグ 1R 1:45 ギロチンチョーク UFC 115: Liddell vs. Franklin 2010年6月12日
シェイン・ネルソン 5分3R終了 判定3-0 UFC 107: Penn vs. Sanchez 2009年12月12日
× サム・スタウト 5分3R終了 判定0-3 UFC 97: Redemption 2009年4月18日
× ジム・ミラー 5分3R終了 判定0-3 UFC: Fight for the Troops 2008年12月10日
チアゴ・タバレス 2R 1:57 KO(右ストレート) UFC 85: Bedlam 2008年6月7日
ジャスティン・ブッホルス 1R 2:56 チョークスリーパー UFC Fight Night 12 2008年1月23日
小見川道大 5分3R終了 判定3-0 UFC 76: Knockout 2007年9月22日
ブライアン・ジェラティ 1R 2:09 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 5 Finale 2007年6月23日
× スペンサー・フィッシャー 2R 1:43 KO(跳び膝蹴り) UFC 60: Hughes vs. Gracie 2006年5月27日
× ニック・アガラー 5分3R終了 判定0-3 Mix Fighting Championships: Boardwalk Blitz 2006年3月4日
トーマス・グリッソム 1R終了時 TKO(タオル投入) Extreme Fighting League: Battle at the Brady 2 2005年11月12日
× ロジャー・ウエルタ 5分3R終了 判定0-3 Freestyle Fighting Championship 15: Fiesta Las Vegas 2005年9月14日
D.J.ランドール 1R 0:20 TKO Oklahoma Extreme Fighting 3: Superbrawl 2005年2月5日
デイヴィッド・フランク 1R 0:42 腕ひしぎ十字固め Extreme Fighting League 14: X-14 Heavyweight Gladiators 2004年11月13日
ヴァーン・ジョーンズ 2R 1:30 三角絞め Extreme Fighting League 13: Elimination 2004年8月14日
グレッグ・ボッスラー 5分3R終了 判定3-0 Extreme Fighting League 13: Elimination 2004年8月14日
ジョー・ガーザ 5分3R終了 判定3-0 Extreme Fighting League 13: Elimination 2004年8月14日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はマット・ワイマンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki