FANDOM


ホドリゴ・グレイシー
通称 新世代グレイシー
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1974年3月11日(43歳)
出身地 リオデジャネイロ州
身長 183cm
体重 85kg
リーチ
階級 ウェルター級PRIDE
スタイル ブラジリアン柔術
所属 ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー
→グレイシー・バッハ・アカデミー
→チーム・ホイス・グレイシー
テーマ曲 電撃戦隊チェンジマン
(KAGE)

ホドリゴ・グレイシーRodrigo Gracie1974年3月11日 - )は、ブラジルブラジリアン柔術家、総合格闘家リオデジャネイロ州出身。チーム・ホイス・グレイシー所属。

ブラジリアン柔術創始者カーロス・グレイシーの孫。

人物 編集

入場BGMに電撃戦隊チェンジマンを使用する(そのうえチェンジマンのポーズも決める)など、柔術家一族であるグレイシーの中でも変わり者として知られる。BGMの選曲で分かるとおり、大の日本アニメ・特撮ファンであり、自室はビデオや特撮ヒーローフィギュアで埋まっている。

来歴 編集

2002年2月24日、PRIDE初参戦となったPRIDE.19松井大二郎と対戦し、フロントチョークスリーパーを極め、松井がタップしても舌を出しておどけながら絞め続けた[1]

その後も佐々木有生高瀬大樹桜井"マッハ"速人に判定勝利を収め、PRIDEでは4戦4勝となった。

2004年11月20日、Rumble on the Rock 6でBJペンと対戦し、0-3の判定負け。総合格闘技初黒星となった。

2005年7月6日、初参戦となったHERO'S國奥麒樹真と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[2]

2006年8月5日、HERO'Sライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝で大山峻護と対戦し、0-2の判定負け。対日本人7戦目にして初黒星となった[3]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
9 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 0 2 4 0 1 0
2 0 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 大山峻護 2R(10分/5分)終了 判定0-2 HERO'S 2006
ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
【ライトヘビー級 準々決勝】
2006年8月5日
門馬秀貴 5分3R終了 判定1-0 MARS in 有明 2006年2月4日
國奥麒樹真 5分2R終了 判定3-0 HERO'S 2005
ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦
2005年7月6日
× BJペン 3R終了 判定0-3 Rumble on the Rock 6 2004年11月20日
桜井"マッハ"速人 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の弐- 2004年2月15日
高瀬大樹 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 2003年10月5日
佐々木有生 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.24 2002年12月23日
松井大二郎 3R 0:28 フロントチョークスリーパー PRIDE.19 2002年2月24日
カイル・デメロ 1R 0:34 サイドチョーク Vengeance at the Vanderbilt 10 2000年11月10日

獲得タイトル 編集

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はホドリゴ・グレイシーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki