FANDOM


ヘクター・ロンバード
本名 ヘクター・ロンバード
(Hector Lombard)
通称 シャンゴ(Shango)
褐色の姿三四郎
性別 男性
国籍 キューバ
オーストラリア
誕生日 1978年2月2日(39歳)
出身地 キューバ
ハバナ
身長 175cm
体重 84kg
リーチ
階級 ミドル級
ウェルター級PRIDE
スタイル 柔道ボクシング
所属 アメリカン・トップチーム

ヘクター・ロンバードHector Lombard1978年2月2日 - )は、キューバ総合格闘家。現Bellator FCミドル級王者。アフリカに伝わる雷神の名前である「シャンゴ」をニックネームとしている。

来歴 編集

バックボーンは柔道。母国キューバでは7度国内王者になった実力を持ち、2000年のシドニーオリンピックには73kg級のキューバ代表として出場した。

その後居住地をオーストラリアに移し、ボクシングなど立ち技の技術を磨きながら、総合格闘家を目指す。総合格闘家としては2004年にデビュー。主にXFC(エクストリーム・ファイティング・チャンピオンシップ)を主戦場として活躍。2006年3月3日の「XFC 10」にてデビッド・フレンディンに開始52秒でKO勝ちし、XFCライトヘビー級王者となった。さらに2006年3月18日の「Xplosion 13」で高瀬大樹に1RKO勝ち。

その後、吉田道場に所属しPRIDEに参戦。しかし、郷野聡寛ゲガール・ムサシに連敗し、PRIDEでは勝ち星を挙げることができなかった。

2007年11月17日、UFC 78カロ・パリジャンと対戦予定だったが、パスポートの問題でアメリカに入国できず、欠場となった。11月21日にはオーストラリアの大会「CFC(ケージ・ファイティング・チャンピオンシップ)」に出場し、ジャン=フランソワ・レノグを下しミドル級王座に就いた。

2009年、アメリカの新しい総合格闘技団体Bellator FCと契約を果たし、ミドル級トーナメントに出場。5月29日の準決勝ではダミアン・ステリーにバックマウントからのパンチの連打でTKO勝ちを収めた。6月19日の決勝ではジャレッド・ヘスにTKO勝ちし、初代ミドル級王座を獲得した。

2010年5月13日、Bellator 18のメインイベントでパウロ・フィリォとのノンタイトル戦が予定されていたが、フィリォの負傷により、代役のジェイ・シウバと190ポンド契約のノンタイトル戦を行い、Bellatorでは最短記録となる開始6秒でのKO勝ちを収めた。8月12日のBellator 24ではハーバート・グッドマンとノンタイトル戦で対戦。右フックでダウンさせ、開始38秒でマウントパンチによるKO勝ちを収めた[1]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
29 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
26 11 6 6 0 1 1
2 0 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ハーバート・グッドマン 1R 0:38 KO(マウントパンチ) Bellator 24 2010年8月12日
ジェイ・シウバ 1R 0:06 KO(左フック) Bellator 18 2010年5月13日
アート・サントア 1R 4:23 TKO CFC 12: Lombard vs. Santore
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2010年3月12日
ジョーイ・ゴルシンスキー 5分3R終了 判定3-0 G-Force Fights - Bad Blood 3 2010年2月4日
カリブ・スターンズ 1R 1:55 ギブアップ(パウンド) Cage Fighting Championships 11
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2009年11月20日
ジャレッド・ヘス 4R 1:41 TKO(額のカット) Bellator XII
【Bellator FCミドル級トーナメント 決勝】
2009年6月19日
ダミアン・ステリー 1R 2:56 TKO(パウンド) Bellator VII
【Bellator FCミドル級トーナメント 準決勝】
2009年5月29日
ヴァージル・ロザーノ 1R 1:10 KO(パンチ) Bellator III
【Bellator FCミドル級トーナメント 1回戦】
2009年4月17日
ロン・ヴェルダデロ 1R 0:20 TKO(パウンド) Cage Fighting Championships 7: Battle at the Big Top
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2009年2月20日
ブライアン・エバーソール 4R 1:56 ギブアップ Cage Fighting Championships 5
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2008年9月12日
ファビアーノ・カポアーニ 2R 0:23 TKO(グラウンドでの肘打ち) Cage Fighting Championships 4
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2008年5月23日
トリスタン・ヤンカー 1R 3:10 TKO(タオル投入) Cage Fighting Championships 3
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2008年2月15日
ダミール・ミハイロヴィッチ 5分3R終了 判定3-0 Serbia vs. Australia 2007年12月21日
ジャン=フランソワ・レノグ 判定 Cage Fighting Championships 2
【CFCミドル級王座決定戦】
2007年11月23日
栗栖達也 1R TKO X - Agon 2007年11月2日
カイル・ノーク 5分3R終了 引き分け Cage Fighting Championships 1 2007年7月28日
ファビオ・フェルナンデス 1R KO Oceania Fighting Championships 2007年5月19日
九十九優作 5分3R終了 判定3-0 Warriors Realm 9 2007年5月12日
ジェームス・テフナ 1R ギブアップ(右肩負傷) Warriors Realm 8 2007年3月24日
石川英司 1R 0:50 TKO(レフェリーストップ) DEEP 28 IMPACT 2007年2月16日
× ゲガール・ムサシ 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の十三- 2006年11月5日
キム・ジェヨン 1R 1:36 腕ひしぎ十字固め Spirit MC 2006年10月8日
マイケル・レイヴェンスクロフト 3R 判定3-0 Dojo - KO 2006年7月22日
× 郷野聡寛 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の十一-
【ウェルター級GP 1回戦】
2006年6月4日
マシュー・トア 1R 腕ひしぎ十字固め Independent Event 2006年4月1日
高瀬大樹 1R KO Xplosion 13 2006年3月18日
デビッド・フレンディン 1R 0:52 KO Xtreme Fighting Championship 10
【XFCライトヘビー級タイトルマッチ】
2006年3月3日
アダム・ボーク 1R 1:44 アンクルホールド Xtreme Fighting Championship 9 - Lightweight Grand Prix 2005年11月26日
クリス・ブラウン 無効試合 Warriors Realm 3 2005年3月12日
マイケル・グルニンダイク 5分2R 判定3-0 Spartan Reality Fight 11 2004年9月26日

獲得タイトル 編集

  • XFCライトヘビー級王座(2006年)
  • CFCミドル級王座(2007年)
  • 初代Bellator FCミドル級王座(2009年)

脚注 編集

外部リンク 編集

初代
 
初代Bellator FCミドル級王者

2009年6月19日 - 現在

次王者
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はヘクター・ロンバードにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki