FANDOM


ビビアーノ・フェルナンデス
本名 ビビアーノ・フェルナンデス・ダ・シウバ・ネト
(Bibiano Fernandes da Silva Neto)
通称 ザ・フラッシュ(The Flash)
密林の関節カーニバル
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1980年3月30日(37歳)
出身地 アマゾナス州マナウス
身長 167cm
体重 63kg
リーチ
階級 フェザー級DREAM
スタイル ブラジリアン柔術
所属 グレイシー・バッハ柔術
→レボリューション・ファイトチーム

ビビアーノ・フェルナンデスBibiano Fernandes1980年3月30日 - )は、ブラジルのブラジリアン柔術家、総合格闘家。アマゾナス州マナウス出身。レボリューション・ファイトチーム所属。

獲得タイトル 編集

  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル)黒帯プルーマ級 優勝(2003年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル)黒帯プルーマ級 準優勝(2004年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル)黒帯プルーマ級 優勝(2005年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル)黒帯プルーマ級 優勝(2006年)
  • プロ柔術 Gi-06 Giペナ級ワールドカップトーナメント 優勝(2005年)
  • 初代DREAMフェザー級王座
  • DREAMフェザー級グランプリ2009 優勝
  • 初代DREAMバンタム級王座
  • DREAMバンタム級世界トーナメント 優勝

来歴 編集

ブラジリアン柔術の世界柔術選手権(ムンジアル)、ブラジル選手権での優勝など数々の柔術大会で実績を残す。

2003年11月1日、ヴェルファーレで開催されたプロ柔術「DESAFIO」でアギナルド・タバ・マサオと対戦し、開始24秒、三角絞めで一本勝ちを収めた[1]

2004年7月29日、ブラジル・サンパウロで開催されたプロ柔術「DESAFIO 2」で渡辺孝と対戦し、6-4のポイント勝ちを収めた[2]

2004年10月23日、「Jungle Fight 3」で総合格闘技に初参戦。ルイス・フィゴラにチョークスリーパーで一本勝ちを収めた。

2005年4月、「プロ柔術 Gi-06」で行なわれたGiペナ級ワールドカップトーナメントに出場。準決勝で小室宏二、決勝で植松直哉に勝利し、優勝を果たした。

2005年10月19日、カリフォルニア州で行なわれたヒクソン・グレイシー主催の「ブドーチャレンジ」60kg未満級に参戦。1回戦でエドワード・サンチェスに三角絞めで一本勝ちし、決勝でも勝村周一朗に三角絞めで一本勝ちし、優勝を果たした。

2006年10月28日、King of the Cageユライア・フェイバーとKOTCバンタム級タイトルマッチで対戦。バックマウントを奪うなど有利に試合を進めたが、フェイバーの肘打ちで額をカットし、ドクターストップ負けを喫した。

2007年9月17日、HERO'S山本"KID"徳郁と対戦し、腕ひしぎ十字固めを極めかけるなどしたが、0-3の判定負けを喫した。

2009年3月8日、DREAM初参戦となった「DREAM.7」のフェザー級グランプリ1回戦で大塚隆史と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2009年5月26日、「DREAM.9」のフェザー級グランプリ2回戦で今成正和と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2009年10月6日、「DREAM.11」のフェザー級グランプリ準決勝でジョー・ウォーレンと対戦し、開始42秒、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。続く決勝では高谷裕之に2-1の判定勝ちを収め、優勝。初代DREAMフェザー級王者となった。

2010年3月22日、「DREAM.13」でライト級から階級を下げて参戦したヨアキム・ハンセンとフェザー級タイトルマッチで対戦し、2-1の判定勝ち。初防衛を果たした。

2010年12月31日、「Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~」で行なわれたDREAMフェザー級王座の2度目の防衛戦で高谷裕之の挑戦を受け、0-3の判定負けで王座から陥落した[3]。連勝が7で止まった。

2011年9月24日、「DREAM.17」で行なわれたDREAMバンタム級世界トーナメント1回戦で大塚隆史と対戦し、開始41秒、チョークスリーパーによる一本勝ちを収めた[4]

2011年12月31日、「元気ですか!! 大晦日!! 2011」で行なわれたDREAMバンタム級世界トーナメント準決勝でホドルフォ・マルケス・ディニスと対戦し、3-0の判定勝ち。決勝ではアントニオ・バヌエロスと対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収め優勝。初代DREAMバンタム級王座を獲得し、2階級制覇に成功した[5][6]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 1 4 6 0 0 0
3 1 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
アントニオ・バヌエロス 1R 1:21 TKO(パウンド) 元気ですか!! 大晦日!! 2011
【DREAMバンタム級世界トーナメント 決勝】
2011年12月31日
ホドルフォ・マルケス・ディニス 5分2R終了 判定3-0 元気ですか!! 大晦日!! 2011
【DREAMバンタム級世界トーナメント 準決勝】
2011年12月31日
大塚隆史 1R 0:41 チョークスリーパー DREAM.17
【DREAMバンタム級世界トーナメント 1回戦】
2011年9月24日
× 高谷裕之 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~
【DREAMフェザー級タイトルマッチ】
2010年12月31日
ヨアキム・ハンセン 2R(10分/5分)終了 判定2-1 DREAM.13
【DREAMフェザー級タイトルマッチ】
2010年3月22日
高谷裕之 2R(10分/5分)終了 判定2-1 DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦
【フェザー級グランプリ2009 決勝】
2009年10月6日
ジョー・ウォーレン 1R 0:42 腕ひしぎ十字固め DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦
【フェザー級グランプリ2009 準決勝】
2009年10月6日
今成正和 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【フェザー級グランプリ2009 2回戦】
2009年5月26日
大塚隆史 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦
【フェザー級グランプリ2009 1回戦】
2009年3月8日
レン・タム 1R 0:58 三角絞め Raw Combat Redemption
【Raw Combatフェザー級王座決定戦】
2008年10月25日
フアン・バッハンテス 5分3R終了 判定3-0 Raw Combat Resurrection 2008年6月20日
× 山本"KID"徳郁 5分3R終了 判定0-3 HERO'S 2007 ~ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦~ 2007年9月17日
× ユライア・フェイバー 1R 4:16 TKO(ドクターストップ:カット) King of the Cage: All Stars
【KOTCバンタム級タイトルマッチ】
2006年10月28日
ルイス・フィゲロア 1R 0:31 チョークスリーパー Jungle Fight 3 2004年10月23日

柔術 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
植松直哉 10分終了 ポイント5-0/アドバンテージ1-0 プロ柔術 Gi-06
【Giペナ級ワールドカップトーナメント 決勝】
2005年4月10日
小室宏二 9:02 反則 プロ柔術 Gi-06
【Giペナ級ワールドカップトーナメント 準決勝】
2005年4月10日
福住慎祐 10分終了 ポイント19-0/アドバンテージ1-0 プロ柔術 Gi-06
【Giペナ級ワールドカップトーナメント 2回戦】
2005年4月9日
廣瀬貴行 6:55 送り襟絞め プロ柔術 Gi-06
【Giペナ級ワールドカップトーナメント 1回戦】
2005年4月9日
この戦績は未完です。

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

初代
 
初代DREAMフェザー級王者

2009年10月6日 - 2010年12月31日

次王者
高谷裕之
前優勝者
 
DREAMフェザー級グランプリ2009優勝

2009年10月6日

次優勝者
 
初代
 
初代DREAMバンタム級王者

2011年12月31日 - 現在

次王者
 
前優勝者
 
DREAM世界バンタム級トーナメント優勝

2011年12月31日

次優勝者
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はビビアーノ・フェルナンデスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki