FANDOM


株式会社パンクラスPancrase)は日本の総合格闘技興行会社。プロ興行もアマチュア大会もともに手がける。トレーニングジムも経営している。ドン・キホーテによって運営されている[1]日本格闘競技連盟構成団体であるため、財団法人日本レスリング協会傘下にある。代表はパンクラスismの現役選手でもある川村亮。古代ギリシャの格闘技パンクラチオンの前身とされる競技名を社名とした。名付け親はカール・ゴッチ

本社は、かつてはワールドビクトリーロードと、ドンキホーテ本社ビル内において同居していたが、2010年6月22日にドンキホーテ亀戸駅前店に移転した[2]

来歴 編集

プロレスラーの船木誠勝鈴木みのるらはメガネスーパーをスポンサーとした団体藤原組に所属していたが、経営悪化から鈴木のみが解雇されそうになり[3]、反発した船木が、1992年12月に鈴木を含む同組所属選手ほぼ全員を引き連れて離脱し[4]、設立したのが「ワールドパンクラスクリエイト」である。1993年9月21日に、東京ベイNKホールにて旗揚げ戦を行った。ハイブリッド・レスリングHybrid Wrestling)を団体のスローガンとして掲げている。プロレス団体だが、発足当時に鈴木みのるは「真剣勝負だけのプロレスがパンクラス」と度々コメントしていた。現在、総合格闘技ルールで行われる通常部門の他に、MISSIONというプロレス部門が存在する。

藤原組の母体であった新生UWFの流れを汲む。「完全実力主義」を標榜し、カール・ゴッチに師事を受け、「秒殺」という流行語を生み出すほどのハイスパートな試合で多くのファンを獲得した。しかし、団体立ち上げからしばらくすると、選手不足やグラウンドでの防御技術向上などの要因により判定決着試合が増加。船木がリング上で「潰し合いは嫌なんだ!」と叫んだこともある。

1997年7月、船木率いる「東京道場」(パンクラス東京)と、鈴木率いる「横浜道場」(パンクラス横浜)に分かれたが、2002年1月に統合され「パンクラスism」となった。

現在は9つの道場に分かれている。船木は、2000年に「コロシアム2000」でヒクソン・グレイシーに敗れ引退(2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で現役復帰)。この後パンクラスは競技団体としての色合いを濃くしていった。階級整備、ルール整備などが行われ他団体からの参加選手も目立つようになったが、パンクラス所属選手への身びいき的判定は「パンクラス判定」などと揶揄され、参加団体のSKアブソリュートからは、競技の公平性について抗議を受けている。実際、パンクラスのレフェリーはパンクラス所属であったりパンクラスのトレーナーである場合がある。同時に競技性を追求しすぎたゆえ、集客力のあるタレント力をもった選手を保持することができず、業界内で脚光を浴びる地位を得られないことを感じた選手たちは次々と離脱。バス・ルッテンケン・シャムロックフランク・シャムロックセーム・シュルト須藤元気美濃輪育久ガイ・メッツァー國奥麒樹真など多くの選手がパンクラスを離れた。

2007年にはアメリカの総合格闘技イベントBodogFightと業務提携を結んだ[5]。同年12月4日に、アメリカ・ネバダ州アスレチック・コミッションが定める階級制に変更。新階級ではスーパーヘビー級が廃止され、新たにフライ級バンタム級が新設された。2008年1月30日の興行からこの新階級制が導入された[6]

2008年5月、新会社パンクラス(現在の運営主体)が設立され、ワールドパンクラスクリエイトは全営業を譲渡した。ワールドパンクラスクリエイト(尾崎允実社長)体制は消滅した。

トレーニングジム 編集

P's LAB(ピーズラボ)と名付けたトレーニングジム経営が、現在の経営の柱である。1997年の設立。関東と大阪に開設されている。

階級・王者一覧 編集

詳細は「パンクラス王者一覧」を参照

階級重量区分キング・オブ・パンクラシスト
無差別級 体重無制限 USA ジョシュ・バーネット
ヘビー級 93.0kg - 120.2kg未満 空位
ライトヘビー級 83.9kg - 93.0kg未満 JPN 川村亮
ミドル級 77.1kg - 83.9kg未満 JPN 藤井陸平
ウェルター級 70.3kg - 77.1kg未満 JPN 佐藤豪則
ライト級 65.8kg - 70.3kg未満 VEN 真騎士
フェザー級 61.2kg - 65.8kg未満 BRA マルロン・サンドロ
バンタム級 58.0kg - 61.2kg未満 JPN 井上学
フライ級 58.0kg未満、下限なし JPN 清水清隆

興行履歴 編集

詳細は「パンクラスの大会一覧」を参照

各チームの選手 編集

ism 編集

稲垣組 編集

TEAM FIGHT SUNS 編集

MISSION(プロレス部門) 編集

P's LAB 編集

脱退表明したチーム 編集

GRABAKA 編集

詳細は「GRABAKA」を参照

チーム・パオン 編集

審判団 編集

過去の所属選手 編集

選手の服装 編集

パンクラスが認可するオープンフィンガーグローブ、マウスピース、ファウルカップ、タイツを必ず着用して試合をする。レスリング用のシューズなどの着用も認められている。

近年になって、タイツやスパッツの代わりに現在の総合格闘技の世界で広く使われているコンバットショーツ(ファイトショーツとも)と呼ばれるハーフパンツの着用も解禁された。

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

テンプレート:世界の総合格闘技団体

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はパンクラスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki