FANDOM


ハファエル"フェイジャオ"カバウカンチ
本名 ハファエル・カバウカンチ
通称 フェイジャオ(Feijao)
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1981年1月11日(36歳)
出身地 サンパウロ州イーリャ・ソルテイラ
身長 186cm
体重 94kg
リーチ
階級 ライトヘビー級Strikeforce
スタイル 柔術、ボクシング
所属 チーム・ノゲイラ/X-GYM

ハファエル"フェイジャオ"カバウカンチRafael "Feijao" Cavalcante1981年1月11日 - )は、ブラジルの総合格闘家。サンパウロ州イーリャ・ソルテイラ出身。チーム・ノゲイラ/X-GYM所属。元Strikeforce世界ライトヘビー級王者。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラアンデウソン・シウバらとトレーニングを行なっている[1]。柔術がベースであり黒帯を取得しているものの、打撃技を中心に試合を組み立てている[1]

愛称である「フェイジャオ(Feijao)」はポルトガル語で「豆」を意味する。ハファエル・フェイジャォンハファエル・フェイジャオなどとも表記される。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

10歳の時にサンパウロのマルコ・バルボーザの下で柔術を始めた。大学在学中にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに誘われ、リオデジャネイロでトレーニングを行なうようになった[1]

2006年2月10日、ブラジルでプロ総合格闘技デビュー。

2007年2月23日、初参戦となったIFLデヴィン・コールと対戦し、TKO勝ちを収めた。

2007年6月16日、IFL: Las Vegasでマーシオ・"ペジパーノ"・クルーズと対戦し、反則となるキックを繰り出し反則負けとなった。

2008年2月16日、初参戦となったEliteXCジョン・ドイルと対戦し、KO勝ち。EliteXCでは3連続KO勝ちを記録した。

2009年6月6日、Strikeforce初参戦となった「Strikeforce: Lawler vs. Shields」でマイク・カイルと対戦し、TKO負けを喫した。当初はジャレッド・ハーマンと対戦予定であったが、対戦相手が変更となった[2]。11月20日、ShoMMA: Strikeforce Challengers 5でアーロン・ロサと対戦し、右膝蹴りでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ちを収めた[3]

2010年5月15日、「Strikeforce: Heavy Artillery」でアントウェイン・ブリットと対戦し、スタンドパンチ連打によるKO勝ちを収めた[4]

2010年8月21日、「Strikeforce: Houston」でStrikeforce世界ライトヘビー級王者キング・モーに挑戦し、肘打ち連打でTKO勝ちを収め王座を獲得した[5]

2011年3月5日、「Strikeforce: Feijao vs. Henderson」で行なわれたStrikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチでダン・ヘンダーソンの挑戦を受け、右ストレートでダウンを奪われたところにパウンドで追撃されTKO負けとなり王座から陥落した[6]

2011年9月10日、「Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov」でヨエル・ロメロ・パラシオ(シドニーオリンピック・フリースタイルレスリング銀メダリスト)と対戦し、膝蹴りによるKO勝ちを収めた[7]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 10 1 0 0 0 0
3 2 0 0 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ヨエル・ロメロ・パラシオ 2R 4:51 KO(膝蹴り) Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov 2011年9月10日
× ダン・ヘンダーソン 3R 0:50 TKO(右ストレート→パウンド) Strikeforce: Feijao vs. Henderson
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年3月5日
キング・モー 3R 1:14 TKO(肘打ち連打) Strikeforce: Houston
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年8月21日
アントウェイン・ブリット 1R 3:45 KO(スタンドパンチ連打) Strikeforce: Heavy Artillery 2010年5月15日
アーロン・ロサ 2R 3:25 TKO(右膝蹴り→パウンド) ShoMMA: Strikeforce Challengers 5 2009年11月20日
× マイク・カイル 2R 4:05 TKO(パンチ連打) Strikeforce: Lawler vs. Shields 2009年6月6日
トラヴィス・ガルブレイス 1R 3:01 TKO(膝蹴り連打) EliteXC: Unfinished Business 2008年7月26日
ウェイン・コール 1R 1:47 TKO(膝蹴り&パンチ連打) EliteXC: Return of the King 2008年6月14日
ジョン・ドイル 1R 2:17 KO(ボディへの膝蹴り) EliteXC: Street Certified 2008年2月16日
× マーシオ・"ペジパーノ"・クルーズ 3R 3:42 反則 IFL: Las Vegas 2007年6月16日
デヴィン・コール 2R 0:26 TKO(パンチ連打) IFL: Atlanta 2007年2月23日
フーベンス・マキュラ 1R 2:30 ギブアップ(パンチ連打) Minotauro Fights 5 2006年12月9日
ミオドラグ・ペトコヴィチ 2R 1:37 TKO(膝蹴り&パンチ連打) WFC - Europe vs. Brazil 2006年5月20日
エドゥアウド・マイオリノ 1R 4:13 TKO(パンチ連打) Pantanal Combat 2006年2月10日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

前王者
キング・モー
第5代Strikeforce世界ライトヘビー級王者

2010年8月21日 - 2011年3月5日

次王者
ダン・ヘンダーソン

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。