FANDOM


トレヴァー・プラングリー
本名 トレヴァー・プラングリー
通称 南アフリカのベルトコレクター
性別 男性
国籍 南アフリカ共和国
誕生日 1972年8月24日(44歳)
出身地 ケープタウン
身長 185cm
体重 84kg
リーチ 193cm
階級 ミドル級ライトヘビー級
スタイル レスリングブラジリアン柔術
所属 アメリカン・キックボクシング・アカデミー

トレヴァー・プラングリーTrevor Prangley1972年8月24日 - )は、南アフリカ共和国総合格闘家。ケープタウン出身。アメリカン・キックボクシング・アカデミー所属。トレバー・プラングレーとも表記される。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

4歳からレスリングを始め、23歳でフリースタイルの南アフリカ王者となる。1996年にオリンピック予選準決勝で敗退し、渡米。北アイダホ大学でレスリングを続けた。

1998年の大学卒業と同時にブラジリアン柔術を始める。

2001年1月18日、プロ総合格闘技デビュー。

2003年9月6日、IFCのライトヘビー級トーナメント1回戦でレナート・ババルと対戦し、判定負け。デビューからの連勝は6でストップした。

2004年6月19日、UFC初参戦となったUFC 48カーティス・スタウトと対戦し、ネッククランクで一本勝ちを収めた。

2007年7月14日、BodogFightニュージャージー大会で、近藤有己をTKOで下し、初代BodogFightミドル級王者となった。

2009年5月15日、MFC 21でエマニュエル・ニュートンとライトヘビー級王座決定戦で対戦。判定勝ちを収めMFCライトヘビー級王者となった。

2010年2月26日、ShoMMA: Strikeforce Challengersでカール・"サイコ"・アモーゾと対戦。1R途中、プラングリーの指がアモーゾの右目に入り、ドクターチェックにより試合続行不可能と判断されテクニカルドローとなった[1]

2010年9月11日、Shark Fightsのメインイベントでキース・ジャーディンと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた[2]

2011年1月29日、Strikeforce: Diaz vs. Cyborgホジャー・グレイシーと対戦し、チョークスリーパーによる一本負けを喫した[3]

2011年7月16日、DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-水野竜也と対戦し、ボディへの左膝蹴りでダウンを奪われたところにパウンドで追撃されKO負けを喫した[4]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
32 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 4 9 10 0 1 0
8 2 3 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 水野竜也 1R 4:41 KO(ボディへの左膝蹴り→パウンド) DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦- 2011年7月16日
× ホジャー・グレイシー 1R 4:19 チョークスリーパー Strikeforce: Diaz vs. Cyborg 2011年1月29日
キース・ジャーディン 5分3R終了 判定2-1 Shark Fights 13: Jardine vs. Prangley 2010年9月11日
× ティム・ケネディ 1R 3:35 チョークスリーパー Strikeforce: Los Angeles 2010年6月16日
カール・"サイコ"・アモーゾ 1R 4:14 テクニカルドロー(偶発的なサミング) ShoMMA: Strikeforce Challengers 6 2010年2月26日
マーカス・サルサ 1R 4:40 チョークスリーパー Shark Fights 7 2009年11月28日
デニス・リード 1R 0:20 KO(パンチ) Arena Rumble: Horn vs. Guida 2009年9月12日
エマニュエル・ニュートン 5分5R終了 判定3-0 MFC 21: Hard Knocks
【MFCライトヘビー級王座決定戦】
2009年5月15日
イシドロ・ゴンザレス 1R 3:41 チョークスリーパー Professional Fighting Association 2009年3月27日
アンソニー・ルイス 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Playboy Mansion II 2008年9月20日
× ジョルジ・サンチアゴ 1R 2:31 TKO(膝蹴り) Strikeforce: Four Men Enter, One Man Survives
【ミドル級トーナメント 決勝】
2007年11月16日
ファラニコ・ヴァイタレ 2R 2:12 判定1-0 Strikeforce: Four Men Enter, One Man Survives
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2007年11月16日
近藤有己 2R終了時 TKO(左瞼カット) BodogFight: Season 3 Finale East Coast Collision
【BodogFightミドル級王者決定戦】
2007年7月14日
ピエール・ギレット 1R 1:50 チョークスリーパー BodogFight: Costa Rica 2007年2月17日
アンドレイ・シモノフ 5分3R終了 判定3-0 BodogFight: USA vs. Russia 2006年12月2日
アンソニー・ルイス 1R 4:42 腕ひしぎ十字固め Strikeforce: Tank vs. Buentello 2006年10月7日
ケイシー・ウスコーラ 2R 0:35 肩固め BodogFight: Costa Rica 2006年8月22日
× チェール・ソネン 5分3R終了 判定0-3 Ultimate Fight Night 4 2006年4月6日
× ジェレミー・ホーン 5分3R終了 判定0-3 UFC 56: Full Force 2005年11月19日
トラヴィス・ルター 5分3R終了 判定3-0 UFC 54: Boiling Point 2005年8月20日
マット・ホーウィッチ 5分3R終了 判定3-0 SportFight 9: Respect 2005年3月26日
× リコ・ハッティン 3R 4:40 三角絞め AFC: All or Nothing 2005年2月26日
カーティス・スタウト 2R 1:05 ネッククランク UFC 48: Payback 2004年6月19日
アンドレイ・シモノフ 5分3R終了 判定3-0 Euphoria MFC: Russia vs USA 2004年3月13日
シェイン・シャーツァー 1R 1:31 ギブアップ(パンチ連打) Kickdown Classic 8 2004年1月17日
× レナート・ババル 5分3R終了 判定0-3 IFC: Global Domination
【ライトヘビー級トーナメント 1回戦】
2003年9月6日
チェール・ソネン 1R 2:49 腕ひしぎ十字固め XFA 5: Redemption 2003年1月25日
マニー・バレーラ 3R TKO(パンチ連打) CFM: Ultimate Fighting 2002年10月26日
ブレット・シャファー 5分3R終了 判定3-0 CFM: Ultimate Fighting 2002年10月26日
カイル・シールズ 5分3R終了 判定3-0 Ultimate Athlete 3: Vengence 2002年8月10日
ダーシー・ランカスター 1R KO(パンチ連打) Gladiators Vale Tudo 2001年3月10日
ジョー・ガルシア 1R 膝十字固め Bushido 1 2001年1月18日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はトレヴァー・プラングリーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki