FANDOM


テリー・エティム
本名 テリー・リー・エティム
(Terry Lee Etim[1]
性別 男性
国籍 イギリス
誕生日 1986年11月1日(30歳)
出身地 イングランド
リヴァプール
身長 185cm
体重 70kg
リーチ 190cm
階級 ライト級
スタイル ムエタイ、ブラジリアン柔術
所属 チーム・カオボン/RFT

テリー・エティムTerry Etim1986年11月1日 - )は、イギリスの総合格闘家。イングランド・リヴァプール出身。チーム・カオボン/RFT所属。テリー・エティンとも。

来歴 編集

2006年3月18日、WCFCでのディエゴ・ゴンザレス戦では、マイク・タイソンがレフェリーを務めた。

2007年UFCと契約を交わし、4月21日に母国・イギリスで5年ぶりに開催された「UFC 70」で初出場。マット・グライスにギロチンチョークで一本勝ちを収め[2]、サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した[3]。9月8日、「UFC 75」でグレイゾン・チバウに0-3の判定負けを喫し[4]、プロ総合格闘技初敗戦を喫した。

2008年5月24日、「UFC 84」でリッチ・クレメンティに0-3の判定負け[5]。10月18日、「UFC 89」でサム・スタウトに3-0の判定勝ちを収めた[6]

2009年2月21日、「UFC 95」でブライアン・コッブと対戦し、2ラウンド開始早々にハイキックでダウンを奪い、TKO勝ち[7]。6月13日、ドイツで行なわれた「UFC 99」でジャスティン・ブッホルズにアナコンダチョークで一本勝ちを収め[8]、2度目のサブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した[9]。11月14日、「UFC 105」でシャノン・グジャーティにギロチンチョークで一本勝ちを収め3度目のサブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年4月10日、アブダビで開催された「UFC 112」でハファエウ・ドス・アンジョスに2R終了間際に腕ひしぎ十字固めで敗れ、自身初の一本負けを喫した。

2011年11月5日、母国・イギリスで開催された「UFC 138」で1年半ぶりに復帰。エドワード・ファーロロットと対戦し、開始17秒、ギロチンチョークによる一本勝ちを収め4度目のサブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した[10]

2012年1月14日、敵地・ブラジルで開催された「UFC 142」でエジソン・バルボーザと対戦し、右後ろ廻し蹴りによる失神KO負けを喫した。敗れたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[11]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 2 12 1 0 0 0
4 1 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× エジソン・バルボーザ 3R 2:02 KO(右後ろ廻し蹴り) UFC 142: Aldo vs. Mendes 2012年1月14日
エドワード・ファーロロット 1R 0:17 ギロチンチョーク UFC 138: Leben vs. Munoz 2011年11月5日
× ハファエウ・ドス・アンジョス 2R 4:40 腕ひしぎ十字固め UFC 112: Invincible 2010年4月10日
シャノン・グジャーティ 2R 1:24 ギロチンチョーク UFC 105: Couture vs. Vera 2009年11月14日
ジャスティン・ブッホルズ 2R 2:38 アナコンダチョーク UFC 99: The Comeback 2009年6月13日
ブライアン・コッブ 2R 0:10 TKO(ハイキック→パウンド) UFC 95: Sanchez vs. Stevenson 2009年2月21日
サム・スタウト 5分3R終了 判定3-0 UFC 89: Bisping vs. Leben 2008年10月18日
× リッチ・クレメンティ 5分3R終了 判定0-3 UFC 84: Ill Will 2008年5月24日
× グレイゾン・チバウ 5分3R終了 判定0-3 UFC 75: Champion vs. Champion 2007年9月8日
マット・グライス 1R 4:38 ギロチンチョーク UFC 70: Nations Collide 2007年4月21日
サミ・ベリック 2R 1:24 腕ひしぎ十字固め Cage Gladiators 3 2007年12月3日
エドガース・ポドニース 1R 0:46 チョークスリーパー Road to Tokyo 2006年10月15日
グレッグ・ローラン 2R 2:50 チョークスリーパー Cage Gladiators 2: The Next Generation 2006年9月3日
ダニー・ヴァン・ベルゲン 1R 0:50 腕ひしぎ十字固め Cage Gladiators 1 2006年5月22日
ディエゴ・ゴンザレス 1R 0:59 三角絞め World Cage Fighting Championships: No Guts No Glory 2006年3月18日
カメル・ネイサー 1R 三角絞め Cage Fighting Championships 6: Cage Carnage 2005年12月4日
アーロン・ブラックウェル 1R 0:58 ギロチンチョーク Cage Fighting Championships 5: Cage Carnage 2005年9月4日
ニール・バーバー 2R 1:55 KO(ハイキック) Cage Fighting Championships 4: Cage Carnage 2005年7月3日
クリス・リヴァートン 1R 三角絞め Ultimate Ring Fighting 2005年5月12日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はテリー・エティムにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki