FANDOM


チャールズ・"クレイジーホース"・ベネット
本名 チャールズ・ベネット
通称 クレイジー・ホース(KRAZY HORSE)
最凶の狂馬
フロリダの暴れ馬
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1979年11月23日(37歳)
出身地 フロリダ州
身長 170cm
体重 70kg
リーチ
階級 ライト級
スタイル フリーファイト
所属 フリー
→Fit NHB

チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネットCharles "KRAZY HORSE" Bennett1979年11月23日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家フロリダ州出身。Fit NHB所属。

スタイル 編集

天性の勘が生み出すフェイントからの鋭く研ぎ澄まされた打撃を繰り出す。

スタンドは得意だがグラウンドのスキルはほとんど無く、それゆえ長期参戦していたPRIDEでは序盤スタンドで攻撃するもグラウンドに引き込まれて敗れることが多かった。

来歴 編集

1999年9月1日、プロデビュー。

2004年8月6日、King of the Cageタクミと対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫した。

2004年10月14日、PRIDE 武士道 -其の伍-五味隆典戦でPRIDEデビュー。アームロックで一本負けを喫した。

2005年5月22日、PRIDE 武士道 -其の七-パンクラス前田吉朗と対戦し、スタンドで勝負に来た前田を粉砕しKO勝利。

2005年9月25日、PRIDE 武士道 -其の九-のライト級GPリザーブマッチに出場するも三島☆ド根性ノ助に一本負けを喫した。

2005年12月31日、PRIDE 男祭り 2005で総合格闘技デビューとなる金子賢と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。試合後のバックステージでシュートボクセ・アカデミー勢との間で乱闘事件が起こり、クリスチャーノ・マルセロに三角絞めで絞め落とされた。

2006年6月4日、PRIDE 武士道 -其の十一-川尻達也と対戦。1R開始直後にコーナーポスト上に飛び乗って座り込み川尻を挑発し、レフェリーの注意によってコーナーを降りた。しかし、2分30秒という短時間で膝十字固めで一本負け。この試合を最後にPRIDEから離れる。

2007年2月10日に旗揚げ戦が行なわれた新団体EliteXCに参戦。KJヌーンズと対戦し、右フックでKO勝ちを収めた。

2010年11月23日、SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2010の1回戦で梅野孝明と対戦予定であったが、元恋人との間にできた3人の子供の養育費を支払っていないことで訴訟を起こされ、空港でパスポートと運転免許証を没収されたため欠場となった[1]

人物 編集

  • その打撃スキルと荒々しいファイトスタイル、そして天然なのかわざとふざけているのか分からない破天荒な性格からクレイジー・ホース(暴れ馬)の異名を持つ。クレイジーの部分がCRAZYではなくKRAZYなのは、「普通のクレイジーよりもさらにクレイジーだから」(本人談)。また、彼は赤をシンボル・カラーとするアメリカの二大ストリートギャングの一つ、ブラッズに所属していた過去があり、ブラッズが敵対組織クリップスを表す「C」を使うことをタブーとしているため、との説もある。
  • 数々の逮捕歴を持つ。インタビューで「人生楽しければいいのさ。でも俺の人生は刑務所生活ばっかり」と笑いながらコメントしていた。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
48 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
24 14 7 3 0 2 0
22 1 16 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× Jason Gybels 3R 4:14 チョークスリーパー UCS - Caged Combat 3 2011年4月16日
× ジョン・ハリス 5分3R終了 判定1-2 Hess Extreme Fighting 2011年3月15日
× ファビオ・メロ 5分3R終了 判定1-2 World Extreme Fighting 45 2011年1月22日
× ドリュー・フィケット 1R 3:34 ギロチンチョーク Shine Fights 3: 2010 Lightweight Grand Prix 2010年9月10日
ハリス・ノーウッド 2R 4:55 ギロチンチョーク World Extreme Fighting 2010年7月10日
× スターリング・フォード 5分3R終了 判定0-3 Action Fight League: Rock-N-Rumble 3 2010年6月4日
× ボビー・グリーン 1R 2:17 KO(パンチ) KOTC: Fight 4 Hope 2009年12月17日
エリック・ムーン 1R 3:32 KO(パンチ) KOTC: Superstars 2009年8月13日
× アンソニー・マグデビット 5分3R終了 判定1-2 KOTC: Legends 2009年6月6日
ドニー・マルティネス 1R 1:39 ギロチンチョーク KOTC: Hierarchy 2007年10月13日
× ビクトル・バレンズエラ 1R 3:23 ギブアップ(パンチ連打) ShoXC: Elite Challenger Series 2007年8月25日
ダン・ローマン 2R 3:15 KO KOTC: Battle at the Bowl 2007年7月21日
ロバート・マーツ 1R 0:29 KO KOTC: Caged Chaos 2007年3月10日
KJヌーンズ 1R 3:43 KO(右フック) EliteXC: Destiny 2007年2月10日
アダム・ボーク 2R ギブアップ(パンチ連打) KOTC: Australia 2006年7月8日
× 川尻達也 1R 2:30 膝十字固め PRIDE 武士道 -其の十一- 2006年6月4日
× バディ・クリントン 1R 0:18 チョークスリーパー KOTC: Drop Zone 2006年3月18日
× ジェフ・カラン 1R 3:23 腕ひしぎ十字固め KOTC: Redemption on the River 2006年2月17日
金子賢 1R 4:14 腕ひしぎ十字固め PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-【第0試合】 2005年12月31日
× ユライア・フェイバー 1R 4:38 チョークスリーパー Gladiator Challenge 46: Avalanche 2005年12月11日
× 三島☆ド根性ノ助 1R 4:04 アンクルホールド PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級GP リザーブマッチ】
2005年9月25日
× ジョン・ガンダーソン 2R 1:28 チョークスリーパー Gladiator Challenge 40 2005年8月13日
ビクトル・バレンズエラ 5分2R終了 ドロー King of the Cage 58: Prime Time 2005年8月5日
ゲイブ・リヴァス 1R 2:21 TKO(負傷) KOTC: Arizona 2005年7月9日
テオ・マクドナルド 1R 4:40 TKO(パンチ連打) King of the Cage 55: Grudge Match 2005年6月17日
前田吉朗 1R 1:55 KO(右フック) PRIDE 武士道 -其の七- 2005年5月22日
ゲイブ・リヴァス 5分2R終了 ドロー King of the Cage 49: Soboba 2005年3月20日
× フォレスト・ペッツ 1R 3:40 肩固め King of the Cage 48: Payback 2005年2月25日
ビクトル・ヘルナンデス 1R 0:11 KO(パンチ) King of the Cage 47: Uprising 2005年2月5日
× デイブ・ヒスクイエルド 2R 1:56 三角絞め King of the Cage 44: Revenge 2004年11月14日
× 五味隆典 1R 5:52 チキンウィングアームロック PRIDE 武士道 -其の伍- 2004年10月14日
× タクミ 1R 2:46 チョークスリーパー King of the Cage 37: Hitmaster 2004年8月6日
ウィリアム・スリヤパイ 5分2R終了 判定3-0 King of the Cage 36: Unfinished Business 2004年6月12日
シャド・スミス 1R 0:40 KO(パンチ連打) King of the Cage 33: After Shock 2004年2月20日
グレン・ミンサー 1R 2:08 KO(パンチ連打) World Extreme Fighting 2003年12月20日
ウィリアム・スリヤパイ 5分2R終了 判定2-1 King of the Cage 29: Renegades 2003年9月5日
× リック・デイヴィス 4分4R終了 判定0-3 WEFC 1: Bring It On 2002年6月29日
アリスティデス・ブリット 1R 3:09 ヒールホールド Dixie Rumble 2001年11月17日
スコット・ジョンソン 1R 2:00 TKO(パンチ連打) Rumble in the Valley 2001年11月15日
ジェラルド・ストレベント 1R 1:40 ギブアップ(打撃) Gladiator Challenge 7: Casualties of War 2001年11月4日
ジョン・ワイドラー 4分3R終了 判定2-0 Reality Superfighting 5: New Blood Conflict 2001年10月27日
トッド・カーニー 1R KO(パンチ連打) Reality Superfighting 4: Circle of Truth 2001年9月22日
× ドゥエイン・ラドウィック 2R 2:38 ギブアップ(疲労) King of the Cage 10: Critical Mass 2001年8月4日
John Wehbey 3R 1:12 TKO(タオル投入) Reality Superfighting: Circle of Truth 1 2001年4月7日
Robert Irizarry 3R 1:43 ギブアップ(パンチ) World Extreme Fighting: Rumble at the Rodeo 2 2001年3月17日
× リッチ・クレメンティ 1R ギブアップ(パンチ) World Extreme Fighting: Rumble at the Rodeo 1 2000年12月16日
トッド・カーニー 1R 2:21 KO(スラム) WEF: New Blood Conflict 2000年8月26日
× ジョン・スウィフト 1R 12:46 チョークスリーパー Lionheart Invitational 1999年9月1日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はチャールズ・ベネット (格闘家)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki