FANDOM


スティーヴ・キャントウェル
本名 スティーヴン・フランシス・キャントウェル
(Steven Francis Cantwell)
通称 ザ・ロボット(The Robot)
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1986年8月12日(30歳)
出身地 カリフォルニア州ロングビーチ
身長 188cm
体重 93kg
リーチ 191cm
階級 ライトヘビー級
ミドル級
スタイル ブラジリアン柔術、キックボクシング
所属 One Kick's Gym

スティーヴ・キャントウェルSteve Cantwell1986年8月12日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。カリフォルニア州ロングビーチ出身。One Kick's Gym所属。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

2005年4月23日、Rage in the Cageでプロ総合格闘技デビュー。

2007年3月24日、WECに初参戦となった「WEC 26」でブライアン・スタンと対戦し、TKO負けを喫した。

2008年8月3日、「WEC 35」で行なわれたWEC世界ライトヘビー級タイトルマッチで王者ブライアン・スタンと再戦し、TKO勝ちで王座を獲得した[1]。その後WEC重量級のUFCへの移管に伴いUFCと契約[2]。12月10日、UFC初参戦となった「UFC: Fight for the Troops」ではラザク・アルハッサンに腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め、サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した[3]

2009年4月18日、「UFC 97」でルイス・カーニと対戦し、0-3(28-29、27-30、27-30)の判定負け[4]。9月16日、「UFC Fight Night: Diaz vs. Guillard」においてWECで1勝1敗であったブライアン・スタンと3度目の対戦を行ない、0-3(27-30、27-30、28-29)の判定負けを喫した。

2010年1月2日、「UFC 108」でウラジミール・マティシェンコと対戦予定であったが、自身の負傷により欠場となった[5]

2011年3月3日、1年5か月ぶりの復帰戦となった「UFC Live: Sanchez vs. Kampmann」でシリル・ディアバテと対戦し、0-3(25-30、26-30、27-30)の判定負けを喫しUFC3連敗となった[6]

2011年10月8日、「UFC 136」でマイク・マッセンジオと対戦し、0-3(28-29、27-30、28-29)の判定負けを喫しUFC4連敗となった[7]。この試合から階級をミドル級に落とした。

2012年2月26日、ズッファ体制初の日本開催となった「UFC 144」で福田力と対戦し、0-3(27-30、27-30、28-29)の判定負けを喫しUFC5連敗となった[8]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
13 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
7 3 4 0 0 0 0
6 1 0 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 福田力 5分3R終了 判定0-3 UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
× マイク・マッセンジオ 5分3R終了 判定0-3 UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
× シリル・ディアバテ 5分3R終了 判定0-3 UFC Live: Sanchez vs. Kampmann 2011年3月3日
× ブライアン・スタン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Diaz vs. Guillard 2009年9月16日
× ルイス・カーニ 5分3R終了 判定0-3 UFC 97: Redemption 2009年4月18日
ラザク・アルハッサン 1R 4:04 腕ひしぎ十字固め UFC: Fight for the Troops 2008年12月10日
ブライアン・スタン 2R 4:01 TKO(パウンド) WEC 35: Condit vs. Miura
【WEC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2008年8月3日
ティム・マッケンジー 1R 2:13 チョークスリーパー WEC 33: Marshall vs. Stann 2008年3月26日
ジャスティン・マッケルフレッシュ 1R 0:47 TKO(パウンド) WEC 29: Condit vs. Larson 2007年8月5日
× ブライアン・スタン 1R 0:41 TKO(パウンド) WEC 26: Condit vs. Alessio 2007年3月24日
レオポルド・ピカーニャ 3R 2:32 TKO(ドクターストップ) Jungle Fight Europe 2006年12月17日
マイク・アッシュフォード 1R 2:01 腕ひしぎ十字固め Rage in the Cage 78: Back with a Vengance 2006年1月14日
リッチー・ハイタワー 1R 2:45 腕ひしぎ十字固め Rage in the Cage 68: Hello Glendale! 2005年4月23日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
ブライアン・スタン
第7代WEC世界ライトヘビー級王者

2008年8月3日 - 2008年12月3日

廃止
UFCライトヘビー級へ移管

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はスティーヴ・キャントウェルにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki