FANDOM


スコット・ヨルゲンセン
本名 Scott Roger Jorgensen
通称 Young Guns
Scotty 15
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1982年9月17日(34歳)
出身地 ユタ州ペイソン
身長 162cm
体重 61kg
リーチ 170cm
階級 バンタム級
スタイル レスリング
所属 Twisted Genetiks

スコット・ヨルゲンセンScott Jorgensen1982年9月17日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。ユタ州ペイソン出身。Twisted Genetiks所属。

尋常性白斑に罹患している[1]

父親が日本人、母親がアメリカ人のハーフである。

来歴 編集

小学3年からレスリングを始め、ボイシ州立大学卒業まで続けた。

2006年6月15日、23歳8か月でプロ総合格闘技デビュー。

2008年2月13日、WEC初参戦となった「WEC 32」でダマッシオ・ペイジに0-3(27-30、28-29、28-29)の判定負け。8月3日、「WEC 35」で大沢ケンジに3-0(30-27、30-27、30-27)の判定勝ちを収めWEC初勝利となった[2]

2009年1月25日、「WEC 38」でフランク・ゴメスにギロチンチョークで一本勝ち[3]。6月7日、「WEC 41」でアントニオ・バヌエロスに1-2(28-29、29–28、28–29)の判定負け[4]。10月10日、「WEC 43」でノア・トーマスにグラウンドでの肘打ちによるTKO勝ちを収めた[5]

2009年12月19日、「WEC 45」で水垣偉弥と対戦し、3-0(29-28、29-28、29-28)の判定勝ち[6]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[7]

2010年3月6日、「WEC 47」でチャド・ジョージにギロチンチョークで一本勝ち[8]。4月24日、「WEC 48」でアントニオ・バヌエロスと再戦し、3-0(29-28、29-28、29-28)の判定勝ちを収めた[9]

2010年8月18日、「WEC 50」でブラッド・ピケットと対戦し、3-0(30-27、30-27、30-27)の判定勝ちを収めWEC5連勝となり、試合後に王座挑戦をアピールした[10]。また、ファイト・オブ・ザ・ナイトも獲得した[11]

2010年12月16日、WEC最終興行「WEC 53」で行なわれたWEC世界バンタム級タイトルマッチでドミニク・クルーズに挑戦し、0-3(45-50、45-50、45-50)の判定負けを喫し王座獲得はならなかった[12]

2011年6月4日、UFC初参戦となった「The Ultimate Fighter: Team Lesnar vs. Team Dos Santos Finale」でケン・ストーンと対戦し、パウンドによるKO勝ちを収めた[13]

2011年10月29日、「UFC 137」でジェフ・カランと対戦し、3-0(29-28、29-28、30-27)の判定勝ちを収めた[14]

2012年2月4日、「UFC 143」でヘナン・ベラォンと対戦し、0-3(27-30、27-30、27-30)の判定負けを喫した[15]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
13 2 4 7 0 0 0
5 0 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ヘナン・ベラォン 5分3R終了 判定0-3 UFC 143: Diaz vs. Condit 2012年2月4日
ジェフ・カラン 5分3R終了 判定3-0 UFC 137: Penn vs. Diaz 2011年10月29日
ケン・ストーン 1R 4:01 KO(パウンド) The Ultimate Fighter: Team Lesnar vs. Team Dos Santos Finale 2011年6月4日
× ドミニク・クルーズ 5分5R終了 判定0-3 WEC 53: Henderson vs. Pettis
【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】
2010年12月16日
ブラッド・ピケット 5分3R終了 判定3-0 WEC 50: Cruz vs. Benavidez 2 2010年8月18日
アントニオ・バヌエロス 5分3R終了 判定3-0 WEC 48: Aldo vs. Faber 2010年4月24日
チャド・ジョージ 1R 0:31 ギロチンチョーク WEC 47: Bowles vs. Cruz 2010年3月6日
水垣偉弥 5分3R終了 判定3-0 WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff 2009年12月19日
ノア・トーマス 1R 3:13 TKO(グラウンドでの肘打ち) WEC 43: Cerrone vs. Henderson 2009年10月10日
× アントニオ・バヌエロス 5分3R終了 判定1-2 WEC 41: Brown vs. Faber 2 2009年6月7日
フランク・ゴメス 1R 1:09 ギロチンチョーク WEC 38: Varner vs. Cerrone 2009年1月25日
大沢ケンジ 5分3R終了 判定3-0 WEC 35: Condit vs. Miura 2008年8月3日
× ダマッシオ・ペイジ 5分3R終了 判定0-3 WEC 32: Condit vs. Prater 2008年2月13日
クリス・デビッド 5分3R終了 判定3-0 ShoXC: Elite Challenger Series 2007年7月27日
テイラー・トナー 5分3R終了 判定3-0 Ring of Fire 29: Aftershock 2007年4月28日
× ジョー・ジェサー 1R 1:08 腕ひしぎ十字固め Ring of Fire 26: Relentless 2006年9月9日
Louie Lagunsad 1R 1:43 ヒールホールド Ring of Fire 25: Overdrive 2006年7月29日
マイク・モリス 1R 1:31 腕ひしぎ十字固め Alaska Fighting Championship 24 2006年6月15日

関連項目 編集

脚注 編集

  1. Fight Path: Ex-Pac 10 champ Scott Jorgensen uses MMA to feed need for competition MMAjunkie.com 2009年12月10日
  2. [WEC] 三浦、王座奪取ならずも好勝負。大沢判定負け BoutReview 2008年8月4日
  3. 【WEC38】ヨルゲンセン、ゴメスをアッサリとギロチン葬 MMAPLANET 2009年1月27日
  4. 【WEC41】バヌエロスが僅差の判定勝ち MMAPLANET 2009年6月8日
  5. 【WEC43】ヨルゲンセン、トーマスを打撃で粉砕 MMAPLANET 2009年10月11日
  6. 【WEC45】水垣、3ラウンドに盛り返すも無念の敗戦 MMAPLANET 2009年12月20日
  7. WEC 45 bonuses: Cerrone, Ratcliff, Jorgensen, Mizugaki share "Fight of the Night" MMAjunkie.com 2009年12月20日
  8. 【WEC47】ヨルゲンセン、3連勝でバンタム王座挑戦に弾み MMAPLANET 2010年3月9日
  9. 【WEC48】WEC初のPPVバウトはヨルゲンセンが逆転勝利 MMAPLANET 2010年4月25日
  10. 【WEC50】ヨルゲンセン、王座戦に"今年中に挑戦したい" MMAPLANET 2010年8月19日
  11. WEC 50 bonuses: Jewtuszko, Pettis, Jorgensen, Pickett earn $10K fighter awards MMAjunkie.com 2010年8月19日
  12. 【WEC53】クルーズが初代UFCバンタム級王座を戴冠 MMAPLANET 2010年12月17日
  13. 【TUF13】ヨルゲンセンが打撃で圧倒してパウンド葬 MMAPLANET 2011年6月5日
  14. 【UFC137】ヨルゲンセンが“寝業師”カーランを退ける MMAPLANET 2011年10月30日
  15. 【UFC143】ベラォンが北米メジャー5連勝目を達成 MMAPLANET 2012年2月5日
  16. 【BFC18】ジョー・ウォーレンをWECでキャッチ!! MMAPLANET 2010年5月10日

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki