FANDOM


ジョセフ・ベナヴィデス
本名 ジョセフ・ローランド・ベナヴィデス
(Joseph Rolando Benavidez)[1]
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1984年7月31日(32歳)
出身地 カリフォルニア州サクラメント
身長 162cm
体重 61kg
リーチ 165cm
階級 バンタム級NSAC
スタイル レスリング
所属 アルティメット・フィットネス・ジム

ジョセフ・ベナヴィデスJoseph Benavidez1984年7月31日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。カリフォルニア州サクラメント出身。アルティメット・フィットネス・ジム所属。

来歴 編集

高校時代からレスリングで活躍。2000年にはニューメキシコ州チャンピオンにもなっている。2006年からは総合格闘技でも試合をこなし、現在はユライア・フェイバーらとともにトレーニングを積んでいる。

2008年7月21日、DREAM初参戦となった「DREAM.5」でKODOと対戦し、フロントチョークで一本勝ち[2]。当初は山本"KID"徳郁と対戦予定であったが、KIDの負傷により大会直前になってKODOに変更された[3][4]。DREAMとは複数試合の契約であったが、その後ファイトマネーの支払いを巡る問題のため離脱した[5]

2008年12月3日、WEC初参戦となった「WEC 37」でダニー・マルティネスと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2009年4月5日、「WEC 40」でジェフ・カランに3-0の判定勝ちを収めた。8月9日、「WEC 42」でドミニク・クルーズに0-3の判定負けを喫し初黒星となった。12月19日、「WEC 45」でハニ・ヤヒーラと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。

2010年3月6日、「WEC 47」では元バンタム級王者のミゲール・トーレスにギロチンチョークで一本勝ちし、サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した[6]

2010年8月18日、「WEC 50」でドミニク・クルーズの持つバンタム級王座に挑むが、1-2の判定負けを喫し王座獲得ならず[7]

2011年3月19日、WEC吸収によるUFC初参戦となった「UFC 128」でイアン・ラブランドと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2011年8月14日、「UFC Live: Hardy vs. Lytle」でエディ・ワインランドと対戦し、3-0の判定勝ちを収めWECを含め3連勝となった[8]

2012年3月3日、「UFC on FX: Alves vs. Kampmann」で行なわれたUFC世界フライ級初代王座決定トーナメント1回戦で漆谷康宏と対戦し、2R開始11秒、右フックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ちを収めた[9]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 4 8 4 0 0 0
2 0 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
漆谷康宏 2R 0:11 TKO(右フック→パウンド) UFC on FX: Alves vs. Kampmann
【UFC世界フライ級初代王座決定トーナメント 1回戦】
2012年3月3日
エディ・ワインランド 5分3R終了 判定3-0 UFC Live: Hardy vs. Lytle 2011年8月14日
イアン・ラブランド 5分3R終了 判定3-0 UFC 128: Shogun vs. Jones 2011年3月19日
ヴァグネイ・ファビアーノ 2R 2:45 ギロチンチョーク WEC 52: Faber vs. Mizugaki 2010年11月11日
× ドミニク・クルーズ 5分5R終了 判定1-2 WEC 50: Cruz vs. Benavidez 2
【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】
2010年8月18日
ミゲール・トーレス 2R 2:57 ギロチンチョーク WEC 47: Bowles vs. Cruz 2010年3月6日
ハニ・ヤヒーラ 1R 1:35 TKO(右フック→パウンド) WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff 2009年12月19日
× ドミニク・クルーズ 5分3R終了 判定0-3 WEC 42: Torres vs. Bowles 2009年8月9日
ジェフ・カラン 5分3R終了 判定3-0 WEC 40: Torres vs. Mizugaki 2009年4月5日
ダニー・マルティネス 5分3R終了 判定3-0 WEC 37: Torres vs. Tapia 2008年12月3日
KODO 1R 2:42 フロントチョーク DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦
【フェザー級ワンマッチ】
2008年7月21日
モーリス・イーゼル 1R 1:02 チョークスリーパー Palace Fighting Championship 8: A Night of Champions 2008年5月8日
ジェイソン・ジョルジアナ 2R 0:38 ギロチンチョーク Palace Fighting Championship 6: No Retreat, No Surrender 2008年1月17日
ロッキー・デルモンテ 2R 三角絞め Independent Event 2007年6月1日
カーロス・ロヴィオ 1R TKO(パンチ連打) Bring it On: Under Destruction 2007年4月28日
ジャスティン・スミットリー 3R 2:18 TKO(カット) Warrior Cup 2 2007年4月7日
ラモン・ロドリゲス 2R 2:33 三角絞め Border Warz 2006年10月14日
ブランドン・シェルトン 2R キムラロック Universal Fight Promotions 2006年6月3日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はジョセフ・ベナヴィデスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki