FANDOM


ジュニオール・ドス・サントス
本名 ジュニオール・ドス・サントス・アウメイダ
(Junior dos Santos Almeida)[1]
通称 シガーノ(Cigano)
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1984年9月12日(32歳)
出身地 サンタカタリーナ州カサドール
身長 193cm
体重 108kg
リーチ 196cm
階級 ヘビー級
スタイル ボクシング
ブラジリアン柔術
所属 ブラック・ハウス

ジュニオール・ドス・サントスJunior dos Santos1984年9月12日 - )は、ブラジルの総合格闘家。サンタカタリーナ州カサドール出身。ブラック・ハウス所属。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの直弟子にあたる。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

2005年にブラジリアン柔術を始め、その後ボクシングも習い始めた。2006年にプロ総合格闘技デビューを果たした。

2008年9月25日、UFC初参戦となった「UFC 90」でファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦。大方の予想に反し、開始から1分20秒に右アッパーでダウンを奪ってのKO勝ちを収め[2]、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[3]

2009年2月21日、「UFC 95」でステファン・ストルーフェと対戦し、開始54秒、右フックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しKO勝ちを収めた[4]

2009年9月19日、「UFC 103」でミルコ・クロコップと対戦。序盤から打撃で優勢に立ち、3Rには打撃で戦意を喪失させTKO勝ち、UFC3連勝となった[5]

2010年1月2日、「UFC 108」でギルバート・アイブルと対戦し、左フックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ち[6]。対戦予定であったガブリエル・ゴンザーガの欠場により対戦相手が変更された[7]

2010年3月21日、「UFC on Versus: Vera vs. Jones」でガブリエル・ゴンザーガと改めて対戦し、左フックからのパウンドでKO勝ちを収め、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[8][9]

2010年8月7日、「UFC 117」でロイ・ネルソンと対戦し、3-0の判定勝ち。キャリア初の判定決着となった。試合後にはヘビー級王者への挑戦をアピールした[10]

2011年3月から6月にかけて放送されたリアリティ番組「The Ultimate Fighter: Team Lesnar vs. Team Dos Santos」でコーチを務めた。

2011年6月11日、「UFC 131」のメインイベントとして行なわれたUFC世界ヘビー級王座挑戦者決定戦でシェイン・カーウィンと対戦し、3-0の判定勝ち[11]。当初はTUFコーチ対決としてブロック・レスナーと対戦予定であったが、レスナーが憩室炎を再発させ欠場となったため対戦相手が変更された[12]

2011年11月12日、UFC初の地上波放送となった「UFC on FOX: Velasquez vs. Dos Santos」のメインイベント・UFC世界ヘビー級タイトルマッチでケイン・ヴェラスケスと対戦し、開始1分4秒、右フックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しKO勝ちを収め王座を獲得するとともにノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[13]

ファイトスタイル 編集

ブラジルのボクシングトレーナー仕込みのボクシング技術を巧みに総合格闘技スタイルと融合させていて、ほぼ完全にスタンドでのパンチが主体の選手である。総合格闘技には珍しく、ボディストレートも多用する。本人曰く「ほとんどの選手はどのようにしてボクシング技術を総合格闘技に活かしたらいいのか分かっていない」とも語っている。

総合格闘家になる道程 編集

ズッファ製作のバイオグラフィーによれば、21歳の時にバックパック一つを抱えて人生を発見するための旅に家を出た。そして長旅の末たどりついたのがバイア州のサルバドルであり、そこで飛び込んだのが格闘技のジムだった。長髪をポニーテールにしたむさくるしい浮浪者のような風体に、ジムの仲間は不定住流浪民を意味するシガーノ(ジプシー)というあだ名をつけた。ジムでサンドバッグを相手に一日中猛練習することで短期間で実力をつけ、とんとん拍子に勝ち続けて総合格闘家としてのキャリアを確立した。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
15 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 10 2 2 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ケイン・ヴェラスケス 1R 1:04 KO(右フック→パウンド) UFC on FOX: Velasquez vs. Dos Santos
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2011年11月12日
シェイン・カーウィン 5分3R終了 判定3-0 UFC 131: Dos Santos vs. Carwin
【UFC世界ヘビー級王座挑戦者決定戦】
2011年6月11日
ロイ・ネルソン 5分3R終了 判定3-0 UFC 117: Silva vs. Sonnen 2010年8月7日
ガブリエル・ゴンザーガ 1R 3:53 KO(左フック→パウンド) UFC on Versus: Vera vs. Jones 2010年3月21日
ギルバート・アイブル 1R 2:07 TKO(左フック→パウンド) UFC 108: Evans vs. Silva 2010年1月2日
ミルコ・クロコップ 3R 2:00 TKO(戦意喪失) UFC 103: Franklin vs. Belfort 2009年9月19日
ステファン・ストルーフェ 1R 0:54 TKO(右フック→パウンド) UFC 95: Sanchez vs. Stevenson 2009年2月21日
ファブリシオ・ヴェウドゥム 1R 1:21 KO(右アッパー→パウンド) UFC 90: Silva vs. Cote 2008年10月25日
ジェロニモ・ドス・サントス 1R TKO Demo Fight 3 2008年5月24日
× ジョアキム・フェヘイラ 1R 1:13 腕ひしぎ十字固め Mo Team League Final 2007年11月10日
ジャイール・ゴンサウヴェス 1R 2:52 TKO Mo Team League 2 2007年9月29日
ジョアキム・フェヘイラ 1R ギブアップ(疲労) Xtereme Fighting Chmpionships: Brazil 2007年4月29日
エジソン・パレダォン 1R 8:46 TKO(カット) Xtereme Fighting Chmpionships: Brazil 2007年4月29日
エドゥアルド・マイオリーノ 1R 0:50 ギロチンチョーク Minotauro Fights 5 2006年12月9日
ジャイウソン・シウバ・サントス 1R TKO Demo Fight 1 2006年7月16日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
ケイン・ヴェラスケス
第16代UFC世界ヘビー級王者

2011年11月12日 - 現在

次王者
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はジュニオール・ドス・サントスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki