FANDOM


ジム・ミラー
本名 ジェイムス・アンドリュー・ミラー
(James Andrew Miller)
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1983年8月30日(33歳)
出身地 ニュージャージー州スパルタ
身長 172cm
体重 70kg
リーチ 180cm
階級 ライト級NSAC
スタイル レスリング
所属 AMAファイト・クラブ
ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー

ジム・ミラーJim Miller1983年8月30日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。ニュージャージー州スパルタ出身。アメリカン・マーシャル・アーツ・ファイト・クラブ、ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー所属。

ダン・ミラーは実兄。

獲得タイトル 編集

  • Cage Fury FCライト級王座
  • Reality Fightingフェザー級王座

来歴 編集

スパルタ高校、バージニア工科大学とレスリングを続けていたが、2005年に総合格闘技の練習を開始し、同年11月19日には、22歳2か月でプロデビューし、地元ニュージャージーのローカルプロモーションでキャリアを積む。

2006年8月5日、Reality Fightingにてムーシン・コーブリーに一本勝ちし、フェザー級王座を獲得。11月18日にはライト級王座を賭けフランク・エドガーと対戦するも、0-3の判定負けを喫し、プロ初敗北となった。

2007年4月13日、Cage Fury FCアル・バックに一本勝ちしCFFCライト級王座を奪取、2か月後の防衛戦でも勝利を収めた。

2008年4月4日、IFLに参戦し、バート・パラゼウスキーに3-0の判定勝ち。その後兄ダンと共にUFCと契約を交わし、10月18日に行なわれた「UFC 89」ではデビッド・バロンにチョークスリーパーで一本勝ちし、サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。12月10日にはフランク・エドガーの代役で急遽「UFC: Fight for the Troops」に出場し、マット・ワイマンに3-0の判定勝ちを収め、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年3月7日、「UFC 96」でグレイ・メイナードに0-3の判定負け[1]。その後はマック・ダンジグスティーヴ・ロペス相手に2連勝を収めた[2][3]

2010年1月2日、「UFC 108」でドゥエイン・ラドウィックと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち[4]。当初対戦予定であったタイソン・グリフィンの負傷欠場によりショーン・シャークに対戦相手が変更されるも、シャークも負傷欠場となり、最終的にラドウィックと対戦することになった[5]

2010年3月27日、「UFC 111」でマーク・ボーチェックと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[6]

2010年9月15日、「UFC Fight Night: Marquardt vs. Palhares」でグレイゾン・チバウと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[7]

2010年12月11日、「UFC 124」でシャーレス・オリヴェイラと対戦し、膝十字固めで一本勝ち。試合後、タイトル挑戦をアピールした[8]。また、サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年3月19日、「UFC 128」でカマル・シャロルスと対戦し、左膝蹴りでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ち。UFC7連勝となり、改めてタイトル挑戦をアピールした[9]

2011年8月14日、「UFC Live: Hardy vs. Lytle」のセミファイナルでベン・ヘンダーソンと対戦し、0-3の判定負け。連勝は7でストップした[10]

2012年1月20日、「UFC on FX: Guillard vs. Miller」のメインイベントでメルヴィン・ギラードと対戦し、チョークスリーパーによる一本勝ちを収めファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[11]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
24 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 3 12 6 0 0 0
3 0 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
メルヴィン・ギラード 1R 2:04 チョークスリーパー UFC on FX: Guillard vs. Miller 2012年1月20日
× ベン・ヘンダーソン 5分3R終了 判定0-3 UFC Live: Hardy vs. Lytle 2011年8月14日
カマル・シャロルス 3R 2:15 TKO(左膝蹴り→パウンド) UFC 128: Shogun vs. Jones 2011年3月19日
シャーレス・オリヴェイラ 1R 1:59 膝十字固め UFC 124: St-Pierre vs. Koscheck 2 2010年12月11日
グレイゾン・チバウ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Marquardt vs. Palhares 2010年9月15日
マーク・ボーチェック 5分3R終了 判定3-0 UFC 111: St. Pierre vs. Hardy 2010年3月27日
ドゥエイン・ラドウィック 1R 2:31 腕ひしぎ十字固め UFC 108: Evans vs. Silva 2010年1月2日
スティーヴ・ロペス 2R 0:48 TKO(右肩の負傷) UFC 103: Franklin vs. Belfort 2009年9月19日
マック・ダンジグ 5分3R終了 判定3-0 UFC 100 2009年7月11日
× グレイ・メイナード 5分3R終了 判定0-3 UFC 96: Jackson vs. Jardine 2009年3月7日
マット・ワイマン 5分3R終了 判定3-0 UFC: Fight for the Troops 2008年12月10日
デビッド・バロン 3R 3:19 チョークスリーパー UFC 89: Bisping vs. Leben 2008年10月18日
バート・パラゼウスキー 4分3R終了 判定3-0 IFL: New Jersey 2008年4月4日
クリス・リグオリ 2R 2:22 フロントチョーク Ring of Combat 18 2008年3月7日
クリス・リグオリ 2R終了時 TKO(カット) Ring of Combat 17 2007年11月30日
ヌリ・シャクァー 3R 2:17 チョークスリーパー Battle Cage Xtreme 3 2007年10月20日
アンソニー・モリソン 1R 4:56 三角絞め Cage Fury FC 5: Two Worlds, One Cage
【Cage Fury FCライト級タイトルマッチ】
2007年6月23日
アル・バック 1R 1:58 チョークスリーパー Cage Fury FC 4
【Cage Fury FCライト級タイトルマッチ】
2007年4月13日
× フランク・エドガー 5分3R終了 判定0-3 Reality Fighting 14: Fall Brawl
【Reality Fightingライト級タイトルマッチ】
2006年11月18日
ジェームス・ジョーンズ 2R 1:55 三角絞め Combat in the Cage 3: Marked Territory 2006年9月30日
ムーシン・コーブリー 2R 3:35 腕ひしぎ十字固め Reality Fighting 13: Battle at the Beach 2006
【Reality Fightingフェザー級タイトルマッチ】
2006年8月5日
ジョセフ・アンデュジャー 1R 1:04 肩固め Reality Fighting 12: Return to Boardwalk Hall 2006年4月29日
ケヴィン・ロディ 1R 1:31 チョークスリーパー Reality Fighting 11: Battle at Taj Mahal 2006年2月11日
エディ・フィヴィ 5分2R終了 判定3-0 Reality Fighting 10 2005年11月19日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はジム・ミラーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki