FANDOM


J.Z.カルバン
本名 ジェジアス・カヴァウカンチ・ソウザ
(Gesias Cavalcante Souza)
通称 J.Z.カルバン
KING OF HERO'S
リオの破壊王
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1983年7月6日(34歳)
出身地 リオデジャネイロ州
身長 173cm
体重 70kg
リーチ
階級 ライト級DREAM
ミドル級HERO'S
スタイル ルタ・リーブリ
所属 アメリカン・トップチーム
→フリー
テーマ曲 JZ CALVAN THEME
(Pregador Luo)

ジェシアス・カバウカンチGesias Cavalcante1983年7月6日 - )は、ブラジルの総合格闘家。リオデジャネイロ州出身。フリー。日本ではJ.Z.カルバン(ジェイズィー・カルバン)のニックネームで呼ばれる。

筋骨隆々の肉体から破壊力のあるパウンドを繰り出すパワーファイター。もともとはルタ・リーブリ出身の選手であり、グラウンドの技術も高く、特にギロチンチョークを得意とする。日本の総合格闘技団体HERO'Sの世界ミドル級トーナメント2連覇を成し遂げており、KING OF HERO'Sとも呼ばれる。

獲得タイトル 編集

  • 修斗アメリカ大陸ウェルター級王座(0度防衛)
  • HERO'S ミドル級トーナメント 2006 優勝
  • HERO'S ミドル級トーナメント 2007 優勝

来歴 編集

13歳から19歳までルタ・リーブリを学び、黒帯を手にする。また、カポエイラ、キックボクシングも習得し、ルタやグラップリングの大会で優勝を重ねた。

2002年、アマチュア修斗のブラジル大会で総合格闘技に進出。

2003年8月、ヒカルド・リボーリオに見出され、アメリカ合衆国に渡り、アメリカン・トップチームに加入。

2004年2月27日、アメリカ合衆国フロリダ州で開催されたAFC 7でプロデビュー。ジャスティン・ウィスニエフスキーと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ちを収めた。

2004年3月27日、修斗アメリカ「HOOKnSHOOT」でモー・モーラーと対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。

2004年7月16日、エルメス・フランカの代役として修斗に初来日。ヨアキム・ハンセンと対戦し、0-2の判定負けを喫するも、ハンセンの腕に負傷を負わせた。

2005年12月3日、イギリスで開催された「Cage Rage 14」で小見川道大と対戦し、1R49秒でKO勝ちを収めた。

2006年5月3日、HERO'S 2006のミドル級トーナメント1回戦で門馬秀貴と対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。

2006年8月5日、HERO'S 2006ミドル級トーナメント準々決勝で、急遽途中参加した高谷裕之と対戦。跳び膝蹴りで倒れた高谷にパウンドを浴びせ、KO勝ちを収めた。

2006年10月9日、HERO'S 2006ミドル級トーナメント準決勝でハニ・ヤヒーラと対戦し、ギロチンチョークでヤヒーラに一本勝ち。同日の決勝では宇野薫を終始攻め続け、判定勝ちで第2代王者となった。しかし、この試合で右拳を骨折した。

2007年6月2日、「Dynamite!! USA」において、ナム・ファンと対戦し、パウンドによるTKO勝ち。

2007年6月28日、「K-1 WORLD MAX 2007 ~世界一決定トーナメント開幕戦~」で魔裟斗とK-1ルールで対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2007年7月16日、HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦でアンドレ・ジダと対戦予定であったが、魔裟斗戦で右拳を再び骨折し欠場。前年の優勝者であるため、シード扱いで準決勝から参戦することになった。

2007年9月17日、HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメントの準決勝で優勝候補のビトー・"シャオリン"・ヒベイロにパウンドでTKO勝ち、決勝ではアンドレ・ジダに腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。2年連続優勝を飾った。

2007年12月31日、「やれんのか! 大晦日! 2007」で青木真也と対戦予定であったが、左膝靭帯断裂のため欠場。

2008年3月15日、「DREAM.1」のライト級グランプリ1回戦で青木真也と対戦。1R序盤、カルバンがガブッた体勢から放った肘が青木の首に当たってしまい、ダメージの残る青木に3分間のインターバルが与えられるも回復せず、偶発的なアクシデントによりノーコンテストとなった。トーナメントの勝ち上がりは主催者預かりとなったが、4月4日の記者会見で没収試合に裁定変更のうえ「DREAM.2」で再戦することが発表された[1]

2008年4月29日、「DREAM.2」で青木真也と再戦。青木の再三の跳び関節技から逃れるも、攻め手を掴めずに0-3の判定負け。ただし、左膝半月板損傷および左内側靭帯断裂を押しての出場であった。

2008年12月31日、「Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~」のセミファイナルでヨアキム・ハンセンと対戦予定であったが、ハンセンが前日会見後の練習中に頭部を強打し、病院での診断の結果、脳震盪の症状が出ているとの診断でドクターストップ、試合は中止となった[2]。当日はリング上で挨拶を行なった。

2009年5月26日、「DREAM.9」で川尻達也と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2009年10月6日、「DREAM.11」で中村大介と対戦予定であったが[3]、右膝負傷により欠場となった[4]

2010年7月10日、「DREAM.15」で菊野克紀と対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

2010年10月9日、Strikeforce初参戦となった「Strikeforce: Diaz vs. Noons 2」でジョシュ・トムソンと対戦し、0-3の判定負けを喫した[5]

2011年3月、長年所属してきたアメリカン・トップチームからジョルジ・サンチアゴらと共に離脱した。

2011年6月18日、「Strikeforce: Overeem vs. Werdum」でジャスティン・ウィルコックスと対戦。2R開始直後、カルバンの指がウィルコックスの目に入り、ノーコンテストとなった[6]

2011年7月30日、「Strikeforce: Fedor vs. Henderson」でボビー・グリーンと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

ニックネーム 編集

母国ブラジルでの彼の正しい名前はジェジアス・カヴァウカンチである。しかしアメリカではこの名前の発音がし辛いということで、JZ(ジェイズィー)またはJZ CAVと呼ばれる(ディン・トーマスがラッパーのジェイ・Zから名付けた)。日本ではHERO'S参戦時よりJ.Z.カルバンの名で呼ばれているが、このCALVANというスペル違いのニックネームには不満を口にしており、「もっと正しい名前を使ってほしい」と語っている[7]

人物 編集

  • 左腕の上腕部に「家族愛」と漢字のタトゥーを彫っている。
  • ドラゴとは練習仲間であり、友人でもある。バダ・ハリとも親交があり、共にサーフィンを楽しむ仲である。

戦績 編集

プロ総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
23 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 5 7 4 0 1 2
4 0 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ボビー・グリーン 5分3R終了 判定2-1 Strikeforce: Fedor vs. Henderson 2011年7月30日
ジャスティン・ウィルコックス 2R 0:31 ノーコンテスト(偶然のサミング) Strikeforce: Overeem vs. Werdum 2011年6月18日
× ジョシュ・トムソン 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Diaz vs. Noons 2 2010年10月9日
菊野克紀 2R(10分/5分)終了 判定2-1 DREAM.15 2010年7月10日
× 川尻達也 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND 2009年5月26日
× 青木真也 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦
【ライト級GP 1回戦(再戦)】
2008年4月29日
青木真也 1R 3:46 ノーコンテスト(偶発的な反則)
→没収試合
DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦
【ライト級GP 1回戦】
2008年3月15日
アンドレ・ジダ 1R 4:48 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2007
~ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦~
【ミドル級 決勝】
2007年9月17日
ヴィトー・ヒベイロ 1R 0:35 TKO(レフェリーストップ:パウンド) HERO'S 2007
~ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦~
【ミドル級 準決勝】
2007年9月17日
ナム・ファン 1R 0:26 TKO(レフェリーストップ:パウンド) Dynamite!! USA 2007年6月2日
宇野薫 5分2R終了 判定3-0 HERO'S 2006
ミドル級&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦
【ミドル級 決勝】
2006年10月9日
ハニ・ヤヒーラ 1R 0:39 フロントチョーク HERO'S 2006
ミドル級&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦
【ミドル級 準決勝】
2006年10月9日
高谷裕之 1R 0:30 KO(跳び膝蹴り) HERO'S 2006
ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
【ミドル級 準々決勝】
2006年8月5日
門馬秀貴 1R 2:08 TKO(レフェリーストップ:パウンド) HERO'S 2006
【ミドル級 1回戦】
2006年5月3日
小見川道大 1R 0:49 KO(右フック) Cage Rage 14: Punishment 2005年12月3日
ライアン・シュルツ 5分3R終了 ドロー SportFight 11: Rumble at the Rose Garden 2005年7月9日
ヘンリー・マタモロス 5分3R終了 判定3-0 HOOKnSHOOT: the Return
【修斗米大陸ウェルター級チャンピオン決定戦】
2005年4月2日
センギズ・ダナ 3R 4:55 フロントチョーク Cage Warriors FC 9: Xtreme Xmas 2004年12月18日
バート・パラゼウスキー 1R 1:03 フロントチョーク Ironheart Crown 8: Ethereal 2004年11月20日
セバスチャン・コルスキルゲン 1R 1:32 アームロック 修斗スイス 2004年9月4日
× ヨアキム・ハンセン 5分3R終了 判定0-2 修斗 2004年7月16日
モー・モーラー 1R 1:32 ヒールホールド HOOKnSHOOT: Live 2004年3月27日
ジャスティン・ウィスニエフスキー 1R 1:53 ギロチンチョーク Absolute Fighting Championships 7 2004年2月27日

アマチュア総合格闘技 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ジョー・ローゾン 2R チョークスリーパー Mass Destruction 14 2003年12月13日
ジョー・ローゾン 3R終了 判定3-0 Hardcore Fighting Championships 2 2003年10月18日
フェルナンド・セザール 判定 修斗ブラジル 2003年7月12日
ホアキム 2R フロントチョーク 修斗ブラジル 2002年6月30日

キックボクシング 編集

キックボクシング 戦績
1試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
00 0 0 0 0
10 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 魔裟斗 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2007 ~世界一決定トーナメント開幕戦~
【1回戦】
2007年6月28日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
2003年1月新設
初代修斗アメリカ大陸ウェルター級王者

2005年4月2日 - 2007年12月

次王者
2007年12月廃止
北米王座と南米王座に分割
前優勝者
山本"KID"徳郁
HERO'S 2006 ミドル級最強王者決定トーナメント優勝

2006年10月9日

次優勝者
J.Z.カルバン
前優勝者
J.Z.カルバン
HERO'S 2007 ミドル級最強王者決定トーナメント優勝

2007年9月7日

次優勝者
団体消滅

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はジェシアス・カバウカンチにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki