FANDOM


ジェイミー・ヴァーナー
本名 ジェームス・クリストファー・ヴァーナー
(James Christopher Varner)
通称 Showtime
C-4
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1984年10月12日(32歳)
出身地 アリゾナ州フェニックス
身長 173cm
体重 70kg
リーチ 183cm
階級 ライト級NSAC
スタイル レスリング
ボクシング
所属 アリゾナ・コンバット・スポーツ

ジェイミー・ヴァーナーJamie Varner1984年10月12日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家アリゾナ州フェニックス出身。アリゾナ・コンバット・スポーツ所属。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

大学時代にレスリングの全米選手権で準優勝を収めたほか、ボクシングでもカレッジ王者となった。総合格闘技には2003年から出場し主戦場であったローカルプロモーションRage in the Cageでは王座を獲得している。

2006年8月26日、UFC初参戦となったUFC 62エルメス・フランカと対戦し、一本負けを喫した。

2007年3月3日、UFC 68ジェイソン・ギリアムにチョークスリーパーで一本勝ちしUFC初勝利。その後WECに移籍し8月5日、WEC 29でシェロン・レゲットにTKO勝利を収めた。

2008年2月13日、WEC 32でロブ・マックローと対戦し、TKO勝利でWECライト級王者となった。8月3日にはWEC 35でのマーカス・ヒックスに勝利し、初防衛に成功した。

2009年1月25日、WEC 38でドナルド・セラーニと対戦し、5Rにセラーニに反則であるグラウンドでの膝蹴りを受け試合続行不可能となり、その時点までの判定で2-1の勝利を収め2度目の防衛を果たした。

2010年1月10日、WEC 46で暫定王者ベン・ヘンダーソンとWEC世界ライト級王座統一戦で対戦し、3ラウンドにタックルを仕掛けたところにカウンターのギロチンチョークで一本負けを喫し王座から陥落した[1]

2010年6月20日、WEC 49のメインイベントでカマル・シャロルスと対戦し、金的攻撃によるシャロルスの減点もあったが1-1の判定ドローとなった[2]

2010年12月16日、WEC最終興行となったWEC 53シェーン・ローラーと対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫した。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
17 5 10 2 0 1 2
5 0 3 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
タイラー・コブス 1R 1:30 ノースサウスチョーク Xtreme Fighting Organization 39 2011年5月13日
× シェーン・ローラー 1R 3:55 チョークスリーパー WEC 53: Henderson vs. Pettis 2010年12月16日
× ドナルド・セラーニ 5分3R終了 判定0-3 WEC 51: Aldo vs. Gamburyan 2010年9月30日
カマル・シャロルス 5分3R終了 判定1-1 WEC 49: Varner vs. Shalorus 2010年6月20日
× ベン・ヘンダーソン 3R 2:41 ギロチンチョーク WEC 46: Varner vs. Henderson
【WEC世界ライト級王座統一戦】
2010年1月10日
ドナルド・セラーニ 5R 1:58 テクニカル判定2-1 WEC 38: Varner vs. Cerrone
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2009年1月25日
マーカス・ヒックス 1R 2:08 TKO(パウンド) WEC 35: Condit vs. Miura
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2008年8月3日
ロブ・マックロー 3R 2:54 TKO(パウンド) WEC 32: Albuquerque
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2008年2月13日
シェロン・レゲット 1R 4:08 TKO(パウンド&肘打ち) WEC 29: Las Vegas 2007年8月5日
ジェイソン・ギリアム 1R 1:34 チョークスリーパー UFC 68: The Uprising 2007年3月3日
× エルメス・フランカ 3R 3:31 腕ひしぎ十字固め UFC 62: Liddell vs. Sobral 2006年8月26日
レオナルド・ウィルソン 2R 1:07 チョーク Rage in the Cage 78: Back with a Vengance 2006年1月14日
トニー・ラマス 無効試合 King of the Cage: Arizona 2005年7月9日
ポール・アローヨ 1R 2:03 ギブアップ(スタンドの打撃) Rage in the Cage 71 2005年6月30日
アダム・ローランド 1R 2:46 TKO Rage in the Cage 70 2005年6月11日
ジェシー・ボングフェルト 1R 4:12 TKO(パウンド) World Freestyle Fighting 7: Professional Shooto 2004年7月23日
カイル・ブラッドリー 2R 2:34 チョークスリーパー Fight Factory 2004年6月26日
カイル・スプルース 1R 1:47 チョーク Rage in the Cage 63: It's Time 2004年6月12日
ギャレット・デイヴィス 1R 3:52 三角絞め World Freestyle Fighting 6 2004年5月14日
ジェームス・アップシャー 2R 無効試合 Rage in the Cage 61: Relentless 2004年4月30日
ジャーヴィス・ブレナマン 1R 1:22 三角絞め Evolution Combat Sports: Evolution 2003年7月19日
デヴィッド・クライン 3R 1:56 チョーク Rage in the Cage 50: The Prelude 2003年7月12日
ジャスティン・ノーリング 2R 0:38 腕ひしぎ十字固め Rage in the Cage 49: Stare Down 2003年6月7日
× ジェシー・モレング 3分3R終了 判定0-3 Rage in the Cage 47: Unstoppable 2003年4月12日
カルロス・オルテガ 3分3R終了 判定3-0 Rage in the Cage 46: Launching Pad 2003年3月27日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
ロブ・マックロー
第5代WEC世界ライト級王者

2008年2月5日 - 2010年1月10日

次王者
ベン・ヘンダーソン

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はジェイミー・ヴァーナーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki