FANDOM


シアー・バハドゥルザダ
通称 戦人(WAR CHILD)
The Great
UNSTOPPABLE
性別 男性
国籍 アフガニスタン
誕生日 1984年4月17日(33歳)
出身地 カーブル
身長 180cm
体重 83kg
リーチ
階級 ライトヘビー級修斗
スタイル キックボクシング
所属 ゴールデン・グローリー
タツジン・ドージョー
テーマ曲 He's a Pirate
(クラウス・バデルト)

シアー・バハドゥルザダSiyar Bahadurzada1984年4月17日 - )は、アフガニスタン国籍、オランダ在住の総合格闘家。ゴールデン・グローリー/タツジン・ドージョー所属。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

戦時中のアフガニスタンに生まれ、15歳の時にオランダへ移住。

2005年3月、アブダビコンバット欧州予選に出場。88kg未満級の決勝でデビッド・ベルクヘーデンに敗退し、準優勝となった。

2007年7月15日、修斗世界ライトヘビー級王者山下志功に挑戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2008年3月5日、戦極旗揚げ戦「戦極 ~第一陣~」で三崎和雄と対戦し、フロントチョークで一本負けを喫した。

2008年9月28日、「戦極 ~第五陣~」のミドル級グランプリ1回戦でエヴァンゲリスタ・サイボーグと対戦。テイクダウンを仕掛けた際にサイボーグが左肘を脱臼したため、レフェリーストップ勝ちとなった。

2009年8月27日、修斗ブラジル大会で行なわれた世界ライトヘビー級チャンピオンシップでレアンドロ・"バタタ"・シウバと対戦し、パウンドによるTKO勝ちで初防衛に成功した[1]

2010年4月30日、Strikeforceと契約したことを発表(その後、出場は実現しなかった)。

2010年8月6日、修斗ブラジル大会で行なわれた世界ライトヘビー級チャンピオンシップでカーロス"インディオ"アレッシャンドリ・ペレイラと対戦し、KO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[2]

2010年10月16日、United GloryのMMA World Series1回戦でデリック・ノーブルと対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた[3]

2011年3月19日、準決勝でジョン・アレッシオにTKO勝ち。5月28日、決勝でトミー・デュプレにTKO勝ち。優勝を果たした。

2012年1月14日、ブラジル開催の「UFC 142」でエリック・シウバと対戦予定であったが、自身の負傷による欠場となった。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 10 6 4 0 1 0
4 0 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
トミー・デュプレ 2R 4:16 TKO(膝蹴り) United Glory 2010-2011 World Series Finals
【MMA World Series ウェルター級 決勝】
2011年5月28日
ジョン・アレッシオ 1R 1:55 TKO(パンチ連打) United Glory 2010-2011 World Series Semifinals
【MMA World Series ウェルター級 準決勝】
2011年3月19日
デリック・ノーブル 1R 1:54 TKO(パウンド) United Glory 2010-2011 World Series First Round
【MMA World Series ウェルター級 1回戦】
2010年10月16日
カーロス"インディオ"アレッシャンドリ・ペレイラ 1R 1:34 KO(パンチ) Shooto Brazil 17
【修斗世界ライトヘビー級チャンピオンシップ】
2010年8月6日
ロバート・ヨツ 5分3R終了 判定2-0 GLORY 11: A Decade of Fights 2009年10月17日
レアンドロ・"バタタ"・シウバ 1R 3:14 TKO(パウンド) Shooto Brazil 13
【修斗世界ライトヘビー級チャンピオンシップ】
2009年8月27日
× ジョルジ・サンチアゴ 1R 1:10 ヒールホールド 戦極 ~第六陣~
【ミドル級グランプリシリーズ2008 準決勝】
2008年11月1日
エヴァンゲリスタ・サイボーグ 1R 0:22 TKO(左肘脱臼) 戦極 ~第五陣~
【ミドル級グランプリシリーズ2008 1回戦】
2008年9月28日
× 三崎和雄 2R 2:02 フロントチョーク 戦極 ~第一陣~ 2008年3月5日
ネイサン・スカウタレン 1R 4:17 ギブアップ(パウンド) Ultimate Glory 6: Ede's Best against the Rest 2007年11月17日
山下志功 3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 04
【修斗世界ライトヘビー級チャンピオンシップ】
2007年7月15日
カート・ベルシュエレン 1R 0:45 TKO Ultimate Glory 3: Upside Down 2007年5月20日
ロディ・トロスト 2R TKO Staredown City 2007年4月22日
ローランド・アグラバ 1R 0:26 チョークスリーパー Ultimate Glory 2 2007年1月21日
Dennis de Rus 1R 判定 Kickboxing Gala Free Fight 2006年10月15日
アレッシャンドリ・ペナオン 2R 1:59 TKO Shooto Holland 2005年9月10日
× ステファン・クレバー 1R 1:40 KO(パウンド) リングス・オランダ Invincible 2004年12月12日
× ネイサン・スカウタレン 5分2R終了 判定0-3 Shooto Holland: Knock-Out Gala III 2004年3月28日
パトリック・ヴァレー 5分2R終了 ドロー Shooto Holland: Fight Night 2003年10月18日
アルスチャク・ダハバジャン 5分2R終了 判定 Shooto Holland: Shooto On Tour 2003年9月20日
Sebastiaan Rijtslag 1R チョークスリーパー Shooto Holland: 4-Man Tournament【決勝】 2003年4月20日
デニス・バン・アセルト 1R チョーク Shooto Holland: 4-Man Tournament【1回戦】 2003年4月20日
フベルト・フェーネンダール 1R 2:28 三角絞め Shooto Holland: Holland vs. the World 2003年4月12日
ミンゴエス・ペルペシー 1R 0:19 KO Shooto Holland: On Tour 2002年9月29日
マーク・ラング 1R KO(パンチ) Beast of the East 4 2002年3月8日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
山下志功
第5代修斗世界ライトヘビー級王者

2007年7月15日 - 現在

次王者
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はシアー・バハドゥルザダにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki